特集上映案内
特集上映情報 PickUp
特集上映PickUp情報トップページ

東京東エリア唯一のミニシアター
Stranger
6月~7月の特集上映決定
最新作『WALK UP』公開記念 ホン・サンス監督特集、
ジョン・ヒューストン監督特集

公式サイト 公式 𝕏  公式Instagram

2024年6月28日(金)~7月18日(木)ホン・サンス監督特集、
7月19日(金)~8月8日(木)ジョン・ヒューストン監督特集

「Stranger/外観」画像 「Stranger/カフェ・ロビー」画像 「Stranger/劇場内」画像 東京の東エリア唯一のミニシアターとして2022年9月に開業した映画館「Stranger(ストレンジャー)」は、今年2月より運営組織を一新、映画館とカフェを通して地域に寄り添った役割を担うべく発信を続けている。

新宿駅から18分、都営新宿線菊川駅徒歩25秒という利便性抜群の場所にある映画館「Stranger」 では、新潟・十日町シネマパラダイスから譲渡された椅子49席と、山形・鶴岡まちなかキネマから譲渡された劇場スピーカーを設置、カフェやギャラリー、アートスペースとしての空間設計されたアットホームな空間の中で映画を楽しむことができる。また、SHIKISHIMA COFFEE がオリジナルで Stranger ブレンドを開発。2時間の映画鑑賞でも美味しいコーヒーが楽しめるほか、充実したカフェメニューでカフェ利用のお客様も多いそう。

注目の上映作品のラインナップは、「Stranger」 セレクトの特集上映と新作の劇場作品が上映され、1日中、映画館で様々なジャンルの映画を楽しむことができる。
今回決定した6月の特集上映では、日本劇場公開最新作の『WALKUP』が6月28日(金)より「Stranger」ほか全国で公開される韓国の名匠ホン・サンス監督を特集。また、7月は『マルタの鷹』(1941)、『黄金』(1948)、『アフリカの女王』(1951)などで知られるアメリカの巨匠ジョン・ヒューストン監督の初期1940年代~晩年1980年代までの監督作の中から、貴重な日本未公開作品を含む年代別5作品をセレクト上映する。気になる方は、是非この機会に映画館「Stranger」に足を運んでみて欲しい。

6月 特集上映 JAIHO collaborations ホン・サンス特集
6月28日(金)~7月18日(木) ※上映の詳細(各作品上映回数)については調整中
料金:一律\1,500(各種割引適用不可)※同時上映『リスト』『草の葉』は2作品で\1,500

第74回ベルリン国際映画祭にて2年ぶり5度目となる銀熊賞(審査員大賞)を獲得したホン・サンス監督。韓国映画を世界に向けて発信し続ける名匠ホン・サンス監督の日本劇場公開最新作『WALKUP』公開を記念し、日本未公開の作品を含む珠玉の5作品をセレクト。ユニークな会話劇に酔いしれる体験をお届けします。『WALKUP』は6月28日(金)よりStranger他にて全国公開。

「映画館の恋」画像『映画館の恋』 「リスト」画像『リスト』
  • 映画館の恋』(2005) 2005年「カイエ・デュ・シネマ」ベストテン8位。ホン・サンス監督が映画内映画とそれを観終えた男女の恋の行方を2部構成で綴る異色ラブ・ストーリー。日本ではソフト化されていない幻の人気作。
  • リスト』(2011) 2011年に発表した日本未公開の短編。『82年生まれ、キム・ジョン』のチョン・ユミとアカデミー賞助演女優賞受賞歴のあるユン・ヨジョンが母娘を演じる。
  • 草の葉』(2018) キム・ミニ主演、ホン・サンス監督第22作となる中編。ある路地裏の喫茶店で繰り広げる男女の会話劇。
  • あなた自身とあなたのこと』(2016) キム・ジュヒョク × イ・ユョン主演。不条理でスリリングな恋の駆け引きを描いた辛口恋愛喜劇。
  • 川沿いのホテル』(2018) 2020年「カイエ・デュ・シネマ」ベストテン6位。延南洞沿いにある静かなホテルで巻き起こるノスタルジックなヒューマンドラマ。

7月 特集上映 ジョン・ヒューストン特集
7月19日(金)〜8月8日(木)
料金:一律¥1,500※5作品セット前売券作成検討中(前売価格¥6,000)

「ゴングなき戦い」画像『ゴングなき戦い』1941年に『マルタの鷹』で監督デヒューを果たし、1948年『黄金』でアカデミー血督賞・脚本賞を受賞。1951年『アフリ力の女王』ではハンフリ-・ボガートに初のアカデミー主演男優賞をもたらした。人間が持つ野望とその挫折をテーマにした作品や、名だたる作家の原作を映画化するなど多彩なジャンルの映画を数多く手がける。初期1940年代~晩年1980年代までの監督作の中から、貴重な日本未公開作品を含む年代別5作品をセレクトした特集上映。(以下の他1作品上映予定)

  • 光あれ』(アメリカ/1946年/58分) 第ニ次大戦での体験からPTSDに陥った兵士とその治療の様子を収めたドキュメンタリー映画。米軍の依頼で制作されたにもかかわらず、その内容から30年以上にわたり封印されていた。
  • 勇者の赤いバッヂ』(アメリカ/1951年/69分) 南北戦争を背景に、若き兵士たちの葛藤や恐怖を露にした戦争映画の傑作。スティーヴン・クレインの同盟小説の映画化であり、第ニ次大戦の実際の英雄オーディ・マーフィが主演を務めた。
  • ゴングなき戦い』(アメリカ/1972年/100分) 元プロボクサーと新人ボクサーの交流と反撥を描いたレナード・ガードナーの原作小説を、自身ボクサーであったヒューストン監督が映画化。男たちの孤独で泥臭い闘いが映し出される。
  • ザ・デッド/「ダブリン市民」より』(イギリス・アイルランド・アメリカ/1987年/83分) ジェイムズ・ジョイスの短編集『ダブリン市民』の一篇「死者たち」を原作に、舞踏会に集う人々の一夜の出来事を描いたヒューストン監督の遺作。娘で女優のアンジェリカが主演を務めた。

公式サイト 公式 𝕏  公式Instagram

2024年6月28日(金)~7月18日(木)ホン・サンス監督特集、
7月19日(金)~8月8日(木)ジョン・ヒューストン監督特集

2024/05/19/15:38 | トラックバック (0)
特集上映PickUp ,NEWs
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2024 INTRO