新作情報

主演 石原さとみ × 監督・脚本 𠮷田恵輔

ミッシング

『ミッシング』画像 『ミッシング』場面画像1

公式サイト 公式 𝕏  公式Instagram

2024年5月17日(金)全国公開

INTRODUCTION

愛する娘が失踪した。
これは今を生きる<わたしたち>が、光を見つける物語。

とある街で起きた幼女の失踪事件。あらゆる手を尽くすも、見つからないまま3ヶ月が過ぎていた。
娘・美羽の帰りを待ち続けるも少しずつ世間の関心が薄れていくことに焦る母・沙織里は、夫・豊との温度差から、夫婦喧嘩が絶えない。唯一取材を続けてくれる地元テレビ局の記者・砂田を頼る日々だった。そんな中、娘の失踪時、沙織里が推しのアイドルのライブに足を運んでいたことが知られると、ネット上で“育児放棄の母”と誹謗中傷の標的となってしまう。
世の中に溢れる欺瞞や好奇の目に晒され続けたことで沙織里の言動は次第に過剰になり、いつしかメディアが求める“悲劇の母”を演じてしまうほど、心を失くしていく。一方、砂田には局上層部の意向で視聴率獲得の為に、沙織里や、沙織里の弟・圭吾に対する世間の関心を煽るような取材の指示が下ってしまう。それでも沙織里は「ただただ、娘に会いたい」という一心で、世の中にすがり続ける。その先にある、光に――。

本作は、常に観客に衝撃を与え、想像力を刺激する作品を発表し続ける𠮷田恵輔が、雑音溢れる世の中で生きるわたしたちが抱える問題をえぐり出し、失ってしまった大切なものを取り戻していく人々の姿を、リアルにかつ繊細に描いた感動作。
出口のない迷路を彷徨い続ける母親・沙織里を演じるのは、出産を経て母となった石原さとみ。「今だからできる」と語る彼女が、これまでのイメージを一新させる新境地に体当たりで挑んだ。さらに、娘の行方を探し続ける家族の取材を真摯に続ける地元テレビ局の記者・砂田役に中村倫也、妻・沙織里との温度差から夫婦喧嘩が絶えなくなる夫・豊役に青木崇高、美羽が失踪した日、最後の目撃者となった沙織里の弟・圭吾役に森 優作。その他、小野花梨、細川 岳、有田麗未(ありたつぐみ)、小松和重、カトウシンスケ、山本直寛、柳 憂怜、美保 純ら、豪華キャスト陣が集結した。

“人間描写の鬼”𠮷田監督が「自分のキャリアの中で最も覚悟のいる作品」と語る本作。あらゆる好奇心と無関心、名前のない善意と悪意にあふれる世の中でも、私たちが自分以外の誰かに手を差し伸べれば、“光”は必ずそこにある。異色のケミストリーが肉迫する、限りなく“哀しくて、愛しくて、優しい”魂の行方を描く物語。

『ミッシング』場面画像2 『ミッシング』場面画像3
COMMENTARY
  • 松山ケンイチ/俳優
    寿命が縮まってしまうような、命を削る演技をしていた石原さん、青木さん、森さん、そして中村さんたち俳優の皆さんに心が震えっぱなしでした。
    石原さんの人という枠を超えた生き物の慟哭の表現は一生忘れられないモノになりました。
    𠮷田監督の言語化できない映像表現はいつも僕自身が試される感覚があります。
    僕はこの物語、登場人物をどの立場で、どの角度から眺めたらいいんだろうか?と。
    どこかに置いてきた、忘れてしまったモノ、自分に無かった考えや価値観を物語や登場人物を通して教えてくれます。
    間違いなく僕にとって、
    言葉ではなく映画独特の言語で、
    とても大事な事を教えてくれる監督の 1 人です。
    この作品の
    どの人物にも、物事にも、
    良い悪いで片付けられない事情や感情がありました。
    暗い場所から見える微かな、いつ消えるかわからない光は暖かさを感じさせる一方で、結局暗さを際立たせるモノでもある。
    それでもその光を求め続けるのが生き物の特性なのだと、感じました。
  • 見城徹/編集者
    人は不意に納得の出来ない現実を背負わされた時、自分とどう折り合いを付けようとするのか?突然世界から消えた 6 歳の娘。
    両親の不幸に追い討ちをかける匿名の SNS の悪意。両親が唯一頼りにする事件を追う地方テレビ局のエゴイズム。事件を前に簡単に崩壊する人間関係。
    娘の生存に縋る狂気の母親を石原さとみが野性動物のような演技で挑み、
    中村倫也が微妙で複雑な心情に揺れるテレビ局報道記者をクールに演じ切る。
    明日、誰にでも来るかも知れない不条理をこれほどまでの自然体と密度で描いた映画がかつてあっただろうか?
    「ミッシング=行方不明」。観客は自分の「ミッシング」と向き合いながら映画のラストと向き合うことになる。
    そうだ。生きるということは説明不能なミッシングに満ちている。
    石原さとみはあの演技をもう一度やれと言われても多分、出来ない。瞬間、瞬間の奇跡。それほどに神がかった演技だった。
    企画はスターサンズ。スターサンズはやっぱり凄い。
  • 名越康文/精神科医
    2つのことを思った。
    石原さとみの演技は何かに捧げられている。
    この映画には、日本の精神世界の現実の 100 パーセント+α が描かれている。
    今なら引き返せる、という祈りの+α である。
  • 大木伸夫(ACIDMAN)/ミュージシャン
    何度も何度も泣いてしまいました。
    愛する我が子を失ってしまうという究極の悲しみに、僕らはどこまで寄り添う事が出来るのだろう。
    人間が辛くなり、人間が嫌になり、それでもやっぱり人間でありたい、と思える凄い映画でした
『ミッシング』場面画像4 『ミッシング』場面画像5
CREDIT
出演:石原さとみ,
青木崇高,森優作,有田麗未,小野花梨,小松和重,細川岳,カトウシンスケ,山本直寛,柳憂怜,美保純 / 中村倫也
監督・脚本:𠮷田恵輔 音楽:世武裕子
製作:井原多美 菅井敦 小林敏之 高橋雅美 古賀奏一郎
企画:河村光庸 プロデューサー:大瀧亮,長井龍,古賀奏一郎 アソシエイトプロデューサー:行実良,小楠雄士
撮影:志田貴之 照明:疋田淳 録音:田中博信 装飾:吉村昌悟 衣装:篠塚奈美 ヘアメイク:有路涼子
スクリプター:増子さおり 助監督:松倉大夏 制作担当:本田幸宏 編集:下田悠 音響効果:松浦大樹
VFXスーパーバイザー:白石哲也 キャスティング:田端利江 題字:赤松陽構造
製作幹事:WOWOW 企画:スターサンズ 制作プロダクション:SS工房 配給:ワーナー・ブラザース映画
©2024「missing」Film Partners

公式サイト 公式 𝕏  公式Instagram

2024年5月17日(金)全国公開

2024/05/14/20:30 | トラックバック (0)
新作情報 ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2024 INTRO