特集上映案内
アテネ・フランセ文化センター
今月の特集上映 公式サイト 公式twitter 公式Facebook
  • 3/9~13 ストローブ=ユイレの軌跡 1962-2020 第五期 公式ページ トークショー 3/13 赤坂太輔さん
    ジャン・マリー・ストローブとダニエル・ユイレの処女作から最新作まで48作品を一挙上映する特集企画の第五期。
  • 3/20~27 アレクサンダー・クルーゲ特集2021 公式ページ トークショー 3/27 渋谷哲也さん
    ニュー・ジャーマン・シネマの旗手、アレクサンダー・クルーゲの特集上映。
過去記事一覧

クリス・フジワラによる映画表現論14~15

映画批評家クリス・フジワラ氏による連続講義です。5月16日(金)第13回「ジョン・フォード John Ford」6月5日(木) - 第14回「ジャック・ターナー Jacques Tourneur」6月6日(金) - 第15回「オーソン・ウェルズ Orson Welles」@アテネ・フランセ文化センター 各回、アメリカ映画の作家を一人とりあげ、複数の作品からの抜粋上映を交えつつ作家論を展開していきます。講義の前に、当日の講義に関連した作品の参考上映も予定していますので、ご都合のおつきになる方はその時間帯からご参加下さい。 続きを読む

2008/05/22/17:20 | トラックバック (0) | アテネ・フランセ文化センター

カール・ドライヤー監督特集 日本最終上映

2003年秋、カール・ドライヤーの全作品(長編14本、短編7本)を上映するという画期的な企画「聖なる映画作家、カール・ドライヤー」が実現しました。現存する最も美しく完全なプリントで上映されたドライヤーの映画は、見るものに圧倒的な感動を与えました。あれから5年、『裁かるるジャンヌ』『吸血鬼』『怒りの日』『奇跡』『ゲアトルーズ』の5作品は、全国25を越える会場で上映されました。 2008年4月末日をもって、これら5作品の日本における上映の権利が終了します。当分の間、スクリーンでドライヤーの作品をみることはできなくなる可能性があります。多くの皆様のご来場をお待ちしております。2008年4月19日(土)~4月26日(土)(日曜・月曜休館)@アテネ・フランセ文化センター 続きを読む

2008/04/18/20:53 | トラックバック (0) | アテネ・フランセ文化センター

ペドロ・コスタ監督特集2008

新作『コロッサル・ユース』の劇場公開を記念して、ペドロ・コスタ監督作品を特集します。ペドロ・コスタ監督の来日も決定!期間中にトーク・プログラムも実施。2008年3月20日(木)~3月28日(金)(日曜・月曜休館)@アテネ・フランセ文化センター 続きを読む

2008/03/19/11:33 | トラックバック (0) | アテネ・フランセ文化センター

フレデリック・ワイズマン映画祭2008

“現代社会の観察者”として独自の映像表現を展開しているドキュメンタリー映画作家フレデリック・ワイズマン。日本初上映となる最新作『州議会』を含む26作品を一挙上映!2008年2月19日(火)~3月15日(土)まで(日曜・月曜休館)@アテネ・フランセ文化センター 続きを読む

2008/02/19/18:33 | トラックバック (0) | アテネ・フランセ文化センター

特集『溝口健二と成瀬巳喜男』

日本映画が誇るふたりの巨匠、溝口健二(1898-1956)と成瀬巳喜男(1905-1969)。成瀬の生誕100年(2005年)と溝口の没後50年(2006年)を記念した巡回上映が、コミュニティシネマ支援センターと日本各地の上映団体によって行われてきました。本特集はその上映活動の一環として、彼らのトーキー以降の作品をほぼ製作年代順に平行して上映する試みです。2008年1月22日(火)~2月16日(土)(日曜・月曜休館)@アテネ・フランセ文化センター 続きを読む

2008/01/22/13:49 | トラックバック (0) | アテネ・フランセ文化センター

クリス・フジワラによる映画表現論・連続講義「アメリカ映画における時間とパフォーマンス」10~12回

映画批評家クリス・フジワラ氏による連続講義。各回、アメリカ映画の作家を一人とりあげ、複数の作品からの抜粋上映を交えつつ作家論を展開していきます。講義の前に、当日の講義に関連した作品の参考上映も予定していますので、ご都合のおつきになる方はその時間帯からご参加下さい。2008年1月17日(木)・1月18日(金)・3月29日(土)@アテネ・フランセ文化センター 続きを読む

2008/01/17/05:06 | トラックバック (0) | アテネ・フランセ文化センター

王兵(ワン・ビン)監督『鉄西区』特別上映会

今年10月の山形国際ドキュメンタリー映画祭において、最新作『鳳鳴(フォンミン) — 中国の記憶』がロバート&フランシス・フラハティ賞(大賞)を受賞した中国陝西省出身の映画作家王兵(ワン・ビン)。この受賞を記念して、前々回の同映画祭で大賞を受賞した上映時間9時間を越える王兵監督の大作『鉄西区』を特別上映します。12月15日(土)には蓮實重彦氏による記念講演も。12月1日(土)~12月15日(土)@アテネ・フランセ文化センター 続きを読む

2007/11/28/20:10 | トラックバック (0) | アテネ・フランセ文化センター

ボリス・バルネット監督作品特集

映画を面白くした男、ボリス・バルネット監督が手がけた3作品を上映。2007年11月8日(木)~11月10日(土)(3日間)@アテネ・フランセ文化センター 続きを読む

2007/11/08/13:44 | トラックバック (0) | アテネ・フランセ文化センター

映画の授業 Lecon de Cinema ロシア古典映画篇

ロシア映画史に名を残す必見の重要作23本を一挙上映。 2007年9月26日(水)~10月10日(水)(11日間/※日曜・月曜休館) 続きを読む

2007/09/19/12:08 | トラックバック (0) | アテネ・フランセ文化センター

クリス・フジワラによる映画表現論・連続講義「アメリカ映画における時間とパフォーマンス」

映画批評家クリス・フジワラ氏による連続講義。各回、アメリカ映画の作家を一人とりあげ、複数の作品からの抜粋上映を交えつつ作家論を展開していきます。講義の前に、当日の講義に関連した作品の参考上映も予定していますので、ご都合のおつきになる方はその時間帯からご参加下さい。2007年9月21日(金)・9月22日(土)・10月13日(土) 続きを読む

2007/09/13/18:10 | トラックバック (0) | アテネ・フランセ文化センター

前の10件 1 2 INTRO TOP

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2020 INTRO