インタビュー
『デンデラ』天願大介監督

天願 大介( 映画監督・脚本家 )

映画『デンデラ』について

公式 公式twitter

2011年6月25日(土)より、全国ロードショー中

映画「デンデラ」は個人的な今年上半期のベストである。いい意味で予想を裏切られたが、その吹っ切れかたが尋常でなく気持ちよかった。天願大介監督にインタビューをおこなったので紹介する。 ( 取材:わたなべりんたろう )
天願大介 ( 映画監督・脚本家 )
1959年生まれ。父の今村昌平が設立した日本映画学校は日本映画大学になったが、その学科学長を務める。主な監督作「妹と油揚」「アジアン・ビート(日本編)アイ・ラブ・ニッポン」「無敵のハンディキャップ」 「AIKI」「暗いところで待ち合わせ」「世界で一番美しい夜」、主な脚本/脚色作「我が人生最悪の時」「うなぎ」「カンゾー先生」「オーディション」「赤い橋の下のぬるい水」「インプリント 〜ぼっけえ、きょうてえ〜」「11'09''01/セプテンバー11 日本編」「泥の惑星」「十三人の刺客」
天願大介監督2――映画「デンデラ」、素晴らしかったです。雪山のシーンの外景が実際のロケ撮影で、しかも言葉が適当か分からないですがお年を召した女優さんばかりで並々ならぬ熱意をスクリーンから感じました。

天願 ありがとうございます。『日本には、こんなに素晴らしい女優さんたちが多くいるのにうまく使われていない』と思ったのも今作を作った動機のひとつなんです。確かに、女優さんたちを実際に雪山で撮るのは冒険でしたが、姥捨て山で生き残った女性を描く今作では欠かせないものですから。「十三人の刺客」も使っていた庄内映画村で撮影しました。

――ラストのセリフは主演の浅丘ルリ子さんからの提案もあってかなり話し合ったそうですね。

天願 納得の形で演技していただきたかったので、そこはきっちり話し合いました。幾分変わりましたが、良いセリフになったと思います。

――終盤での横異動のアクションシークエンスの撮影は素晴らしかったです。日本映画にあまり観られないダイナミックさでした。

天願 大変な撮影でしたけど、観た人にそう言ってもらえると撮った甲斐があります。

――草笛光子さんは、今作のミニチュアモデルを家に持ち帰って玄関に飾っているそうですね。「いつも目につくところに置いておいて忘れたくないから」との旨で。

天願 美術スタッフも喜んでいました。草笛さんもあの過酷な撮影に耐えてくれましたからね。

『デンデラ』1『デンデラ』2『デンデラ』3――撮影の古谷巧さんはどういう起用でしょうか?

天願 「暗いところで待ち合わせ」「世界で一番美しい夜」も古谷さんです。その前に新潮社のムック型写真集の「月刊」シリーズでDVDを撮るときに初めて組みました。ちなみに「月刊」シリーズのインタビューはほとんどぼくがやっています。

――そういえば確かにそうでした。あのインタビューはいつも読み応えがありまくりでした。

天願 古谷さんはアクション映画が多いけど、独特のセンスがあって、いいカメラマンですよ。

――話は「十三人の刺客」になりますが、先日、アメリカやイギリスで公開され、大絶賛されています( http://www.imdb.com/title/tt1436045/ )。多くは『「七人の侍」以来のアクション時代劇の傑作!』の内容です。「十三人の刺客」は去年の個人的なベストなので嬉しいですが、どうも日本ではオリジナルと比べたりして、奥歯に何か挟まったような評価なのが残念でした。あれだけのアクション映画を作り上げたことは素直に素晴らしいと思います。

天願 脚本は菊島隆三賞をいただきました。海外での評価の高さは嬉しい限りです。本格的なアクションのある時代劇がずっと無かったので、日本でも海外でも求められていたのだと思います。

――三池監督と天願さんは海外でカルト化されている「オーディション」で組んでいます。プロデューサーのジェレミー・トーマスと組んだ手応えはあったのでしょうか? 彼はまた「一命」で三池監督と組んでいますし、スコリモフスキの「エッセンシャル・キリング」やクローネンバーグの「A Dangerous Method」(ユングとフロイトの関係性を描く)と意欲作をどんどん手掛けています。

天願 ジェレミーは、いいプロデューサーですね。でも僕は監督に向けて脚本を書くだけですから。日本にだって勇気あるプロデューサーはいますよ。だって「デンデラ」を撮らせてくれるんですから。撮影所システムが崩壊して以降、日本映画は多種多様な作品が出てきていて、本当に面白い。ここ何十年か日本映画はずっと面白いと思います。

――井土紀州監督の「泥の惑星」の脚本を井土さんと書いてもいますね。

天願 面白い人、面白い題材があったら、いつでも組めばいい。一番大切なのは、みんなが勝手に撮りたい作品を撮ること。そうすれば日本映画の面白い状況は続いていくはずです。

( 取材:わたなべりんたろう )

デンデラ 2011年 日本
出演:浅丘ルリ子,倍賞美津子,山本陽子,草笛光子,山口果林,白川和子,山口美也子,角替和枝,田根楽子,赤座美代子
監督・脚本:天願大介 原作:佐藤友哉『デンデラ』(新潮社刊) 配給:東映 (C)2011「デンデラ」製作委員会
公式 公式twitter

2011年6月25日(土)より、全国ロードショー中

十三人の刺客<Blu-ray>豪華版(特典DVD付2枚組)
十三人の刺客<Blu-ray>豪華版(特典DVD付2枚組)
  • 監督:三池崇史
  • 出演:役所広司, 山田孝之, 伊勢谷友介, 伊原剛志, 松方弘樹
  • 発売日:2011-05-27
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • Amazon で詳細を見る
暗いところで待ち合わせ プレミアム・エディション [DVD]
暗いところで待ち合わせ
プレミアム・エディション [DVD]
  • 監督:天願大介
  • 出演:田中麗奈.チェン・ボーリン.井川遥.宮地真緒
  • 発売日:2007-06-08
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • Amazon で詳細を見る

2011/07/08/11:41 | BBS | トラックバック (5)
わたなべりんたろう ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

TRACKBACK URL:

映画:「デンデラ」♪。 A ☆みぃみの日々徒然日記☆

平成23年6月29日(水)。 映画:「デンデラ」。 【監督・脚本】天願大介 【原   作】佐藤友哉 【 キャスト 】        浅丘ルリ子...

Tracked on 2011/07/08(金)13:19:26

映画:「デンデラ」♪。 A ☆みぃみの日々徒然日記☆

平成23年6月29日(水)。 映画:「デンデラ」。 【監督・脚本】天願大介 【原   作】佐藤友哉 【 キャスト 】        浅丘ルリ子...

Tracked on 2011/07/08(金)13:19:26

デンデラ A 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

デンデラ (新潮文庫)「楢山節考」のアフター・ストーリーは、パワフルな老女たちの活劇。生きる執念に圧倒されるが、終盤はスプラッタ映画のようで驚く。村の掟に...

Tracked on 2011/07/08(金)21:26:56

デンデラ・・・・・評価額1550円 A ノラネコの呑んで観るシネマ

姥捨山に消えた婆たちは、実は女だけの秘密郷「デンデラ」を作って生き延びていた! 食い扶持を減らすために、一定の年齢になった老人を山に捨てたという姥捨伝説...

Tracked on 2011/07/09(土)13:47:14

■映画『デンデラ』 A Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>

70オーバーの超熟女たちが50人集合し、自分たちを捨てた村人や、野生の熊に戦いを挑むという映画『デンデラ』。 若い女性はほとんど出演しておらず、迫力...

Tracked on 2011/07/22(金)21:35:39

デンデラ : これって、「熊 VS 老婆」的なやつでしょうか A こんな映画観たよ!-あらすじと感想-

 何とも暑い日が続いております。早く冬になればよいですなぁ。本日紹介する作品は、冬の山が舞台になっているこの作品になります。 【題名】 デンデラ ...

Tracked on 2012/08/03(金)19:35:59

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO