インタビュー
川口 潤監督&伊藤雄和(ミュージシャン)/『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』

川口 潤 (監督) & 伊藤雄和 (ミュージシャン)
映画『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』について【6/7】

2016年8月11日(木・祝)よりシネマート新宿、8月20日(土)・21日(日)鹿児島ガーデンズシネマ、8月27日(土)より第七藝術劇場、名古屋シネマテーク、9月24日(土)ジョイランドシネマ沼津 以降、広島・横川シネマ他、全国順次公開!

公式サイト 公式twitter (取材:深谷直子)

『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』渋川清彦出演場面渋川清彦 『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』仲野茂(アナーキー)・中尊寺まい(ベッド・イン)出演場面仲野茂(アナーキー)・中尊寺まい(ベッド・イン) 『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』増子直純(怒髪天)・NAOKI(SA)出演場面増子直純(怒髪天)・NAOKI(SA) 『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』Tezuka Takehito(LINK 13)出演場面Tezuka Takehito(LINK 13) 『オールディックフォギー/歯車にまどわされて』HAYATO(CROCODILE COX AND THE DISASTER)出演場面HAYATO(CROCODILE COX AND THE DISASTER)――あと、音楽ドキュメンタリーだと関係者へのインタビューを入れるのが普通のことという感じになっていますが、この作品ではそれがなく、多分その代わりのような意味合いでドラマを入れていますよね。

伊藤 そういうインタビューだけはやりたくなかったです、絶対に。

――「こんなバンドなんです、素晴らしいです」みたいに語られるのが嫌だったと?

伊藤 そうです、それだけはやりたくなかった。

川口 そういう話はあとから聞いたんですけど、僕もインタビューでの説明はどうか?と思っていて。必然があればやっていたけど、なんかそんな感じがしなかったんですよね。せいぜい昔から彼らを知っている地元の仲間の話ぐらいは聞いてみたい気もしたんですけど、それすらも説明的になる可能性があるなと思って。とりあえず今ある素材だけでどこまでやれるかやってみよう、って編集をして、説明を入れなくてもこれで十分だなって思えたので。先輩のミュージシャンが「オールディックは~」とか言うことって簡単にできちゃうので、それは最後のギリギリになって「必要かも」っていう状況になったらやればいいと思って。ドラマに(怒髪天の)増子直純さんとか(SAの)NAOKIさんとか(アナーキーの)仲野茂さんたちが出れば、それだけでオールディックを認めていることが分かるだろう、という表現の仕方を今回はしてみました。

――確かに説明なしでオールディック像が浮かび上がってくるのがこの映画の面白さですね。ドラマにもそういう効果がありました。ドラマの出演者はどなたが選ばれたんですか?

伊藤 僕です。みんな一発OKでした。

川口 そこにオールディックの人望を感じますよね。

――みなさんノリノリで楽しかったです。伊藤さんのタクシーの運転手役もすごくよかったです。俳優になれますね(笑)。

伊藤 あんなの楽勝でしたけどね。

川口 そんな簡単なものじゃねえぞ(笑)。主役であの位置だからいいんじゃない?

伊藤 ああ、そうですね。俺後ろの席だったらダメでしたね。

川口 はははは。ウケるねそれ!

――(笑)。これだけいろいろなことをやって90分強の尺にまとまっているのがすごいですよね。ドキュメンタリーの素材はどれぐらいになったんですか?

川口 もう本当に信じられないぐらいありましたね。たった半年なんですけど、ライブをすごい数やっているので。ほぼ毎週だから2、30回ライブがあって、それ以外も撮っているから相当な素材の量でした。時間にしたらどれぐらいか分からないけど。

――しかもバンドとは関係のないデモだとかハロウィンとかの街の風景も挟まれているじゃないですか。こうやって川口監督の解釈を加えながらまとめるのがすごく上手いなあと思いました。

川口 ありがとうございます。逆に訊きたいんですけど、ああいう風景を入れるのってどう見えました?

――やっぱり生活している人たちの生き生きしたエネルギーを感じましたね。みんな普通の人でそれぞれの日常もありつつ、政治について抗議したり羽目を外したり、また別の世界も大事に持って生きているんだなあと。

川口 ああ、なるほどね。

伊藤 風景映像を入れるとサボってるふうに見られる可能性もありますけどね。

川口 え、俺が? テレビで流れる風景映像みたいな? しないよそんなこと(苦笑)。ちゃんと意味を持ってやってるよ!

――(笑)。オールディックの音楽が街を包み込んでいるみたいな、素敵な映像でした。

川口 そうですね。なんかいろんな意味に取れればいいなと思って。こういう映像を入れたらいろんな意味合いが出てきそうなバンドのたたずまいだったし、物語もそうなってきていたからこれは入れても不自然じゃないなと思って入れましたね。……サボってねえよ(苦笑)。

12345 6 7

オールディックフォギー/歯車にまどわされて
監督・撮影・編集:川口潤
主演:OLEDICKFOGGY<伊藤雄和、スージー、TAKE、四條未来、yossuxi、大川順堂>
出演:渋川清彦、仲野茂(アナーキー)、増子直純(怒髪天)、NAOKI(SA)、Tezuka Takehito(LINK 13)、HAYATO(CROCODILE COX AND THE DISASTER)、中尊寺まい(ベッド・イン) 他
製作:「OLEDICKFOGGY」映画製作委員会(ディスクユニオン+日本出版販売)制作:アイランドフィルムズ
エグゼクティブプロデューサー:廣畑雅彦、小松賢志 プロデューサー:広中利彦、近藤順也
ビスタ|ステレオ|カラー|デジタル|99分|2016年|日本映画 宣伝:VALERIA 配給:日本出版販売
©2016 OLEDICKFOGGY Film Partners
公式サイト 公式twitter

2016年8月11日(木・祝)より、シネマート新宿
8月20日(土)・21日(日)鹿児島ガーデンズシネマ
8月27日(土)より第七藝術劇場、名古屋シネマテーク
9月24日(土)ジョイランドシネマ沼津
以降、広島・横川シネマ他、全国順次公開!

2016/08/11/15:46 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO