新作情報

アカデミー賞®2018 国際映画賞ペルー代表
第 33 回ゴヤ賞イベロアメリカ映画賞ペルー代表
グアダラハラ国際映画祭 2018 最優秀初監督賞&撮影賞

アンデス、ふたりぼっち

  • 母なる大地で、たっぷりの愛情で生きる二人。
    なんにもないけど、静かで豊か。小津映画のようなさわやかな後味。
    久々に心が満腹!――鎌田實(医師・作家)
『アンデス、ふたりぼっち』画像 『アンデス、ふたりぼっち』場面画像1

公式サイト 公式twitter

2022年7月30日(土)より新宿 K’s cinema ほか全国順次公開

INTRODUCTION

新しいポンチョを編んでくれないか
老夫婦の厳しくも逞しく生きる愛の物語。その行き着く先は――
観客の心を震わせるラストシーンを目撃する

南米・アンデス山脈。標高 5,000mを越える社会から遠く離れた場所に暮らすパクシとウィルカ。アイマラ文化の伝統的な生活の中で、リャマと羊と暮らしていた。コカの葉を噛み、日々の糧を母なる大地のパチャママに祈る。ある日、飼っていた羊が狐に襲われてしまう。さらに、マッチを買いにいった夫・ウィルカはその途中に倒れてしまう……。
そして都会に出た息子の帰りを待つふたりにやがて訪れる、心を震わせる衝撃のラストシーンを我々は目に焼き付けるだろう。

小津安二郎や黒澤明の日本映画に大きな影響を受けた――
惜しくも夭折した期待の新星、オスカル・カタコラ監督初長編にして遺作

本作は、ペルー映画史上初の全編アイマラ語長編作品として注目され、ペルー本国で異例の大ヒットとなった。ウィルカ役は監督の実の祖父が、パクシ役は映画もみたことのない素人が演じている。監督は、ペルー南部プーノ県出身のオスカル・カタコラ監督。小津や黒澤などの日本映画から大きな影響を受け、本作で、アイマラの文化・風習の中に、私たちが存在を知りながらも目を背けていた現実を、悠大なアンデスの自然と共に痛烈に描いた。ペルーのシネ・レヒオナル(地域映画)の旗手として今後の活躍を期待されていたなか、2021 年 11 月、2作目の撮影中に 34 歳の若さでこの世を去ってしまう。本作が長編初作品であると同時に遺作となった。

ペルーのシネ・レヒオナル(地域映画)とは……
ペルーの首都リマ以外の地域で、その地域を拠点とする映画作家やプロダクションによって制作される映画を指す。娯楽的なジャンル映画から作家性の強いアート映画までタイプは様々だが、いずれの作品もその地域独自の文化や習慣を織り込んでおり、都市圏一極集中ではない多元的なペルー映画を構成している。

『アンデス、ふたりぼっち』場面画像2 『アンデス、ふたりぼっち』場面画像3 『アンデス、ふたりぼっち』場面画像4 『アンデス、ふたりぼっち』場面画像5
CREDIT
監督・脚本・撮影:オスカル・カタコラ
編集:イレーネ・カヒアス
出演:ローサ・ニーナ、ビセンテ・カタコラ
後援:在日ペルー大使館 協力:日本ペルー協会
ペルー/2017 年/アイマラ語/86 分/原題:WIÑAYPACHA 英題:ETERNITY
©2017 CINE AYMARA STUDIOS

公式サイト 公式twitter

2022年7月30日(土)より新宿 K’s cinema ほか全国順次公開

ブータン 山の教室 [Blu-ray] ブータン 山の教室 [Blu-ray]
  • 監督:パオ・チョニン・ドルジ
  • 出演:シェラップ・ドルジ, ウゲン・ノルブ・へンドゥップ,
    ケルドン・ハモ・グルン, ペム・ザム
  • 発売日:2021/12/3
  • おすすめ度:おすすめ度4.5
  • Amazon で詳細を見る
  • Amazonビデオで観る
2022/07/27/19:16 | トラックバック (0)
新作情報 ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2021 INTRO