インタビュー
Fazerdaze/アメリア・マレー

Fazerdaze (宅録ギター女子ソロユニット)
インタビュー【2/2】

公式サイト 公式Facebook (取材:わたなべりんたろう )

Fazerdaze/アメリア・マレー2
――どういうバンドやアーティストに影響を受けてきましたか?

Amelia そうね、あえて1つにするとKing Kruleね。とても大きな影響を受けている。

――あまり聴いてきていないアーティストですがKing Kruleは10代でデビュー、弾き語りのSSW気質ながらグライムなどの影響の打ち込みを取り入れてロンドン訛りで心情を歌います。意外な言葉です。

Amelia 確かに音楽性は違うけどとても素晴らしい。彼の1人でやっている姿勢には影響を受けました。まずは1人で始めて外に発表していったのは同じです。

――アルバムを聴いて最後の曲がとても印象的でした。その前の2曲がダークだったので突き抜けた明るさのあるポップでした。あの曲をなぜ最後に置いたのですか?

Amelia 初めて作ったアルバムだから何も参考にしないで曲順は自由に好きな感じにしてみました。 ナチュラルに曲の気持ちに従った感じです。

――どういう時に曲作りをしますか?

Amelia 散歩している時とかだけど、曲を作るというか出来るのは突然だったりして説明しづらいかな。小さいときから音楽が好きで、好きだから音楽を作っているの。

――日本に今いるように、いろいろな国に行ってバンドでライブ演奏していますがどんな気持ちですか?

Amelia 友達や家族は『夢がかなったわね』って喜んでくれる。確かにそうなんだけど、単なるLucky Girlなのかも(笑)。

――この後のライブにはどんな気持ちで臨みますか?

Amelia わたしも楽しむから来ている皆さんも楽しんでほしい。

―― ニュージーランドの老舗で名門レーベルFlying Nun Records(The Clean、The Chillsなど)から1stアルバムを発売していますね。

Amelia とても光栄です。歴史のあるレーベルだし本当に嬉しい。

――最後に日本のファンにメッセージをお願いします。

Amelia わたしが出来たのだから、あなたにも出来るわ。好きなことに是非トライしてほしい。

音楽やミュージックビデオからエッジーな方かと思っていたら南半球出身らしいおおらかな方でした。そういえば、エドガー・ライトがFazerdazeのライブに行ったことを11/14にツイートしていた。 Fazerdazeがこれからもっと注目されて活躍を予感させるし、実際それだけのポテンシャルを持った才能です。

( 取材:わたなべりんたろう 通訳:Vikash “Vic” Paliwal 協力:縄田かのん )

1 2

モーニングサイド [歌詞・対訳・解説付き] モーニングサイド [歌詞・対訳・解説付き]
2017/12/17/16:52 | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO