新作情報

2019 年サンパウロ国際映画祭批評家賞
2019 プンタデルエステ国際映画祭 観客賞&最優秀男優賞

ぶあいそうな手紙

『ぶあいそうな手紙』画像 『ぶあいそうな手紙』場面画像1

公式サイト 公式twitter

2020年7月18日(土)よりシネスイッチ銀座、
7月31日(金)よりシネ・リーブル梅田ほか全国順次ロードショー

INTRODUCTION

ブラジル発、「手紙の代読と代筆」からストーリーが動きだす、ユーモアが思いもかけない感動の涙に変わる可笑しくて温かい愛のお話。

ブラジル南部、ポルトアレグレの街。エルネストは 78 歳の独居老人。隣国ウルグアイからやって来て46 年。頑固で融通がきかず、本が好きでうんちく好き。老境を迎え、ほとんど目が見えなくなった。もうこのまま人生は終わるだけ。そう思っていたある日、一通の手紙が届く。差出人はウルグアイ時代の友人の妻。エルネストは、偶然知り合ったブラジル娘のビアに手紙を読んでくれるように頼む。「手紙の読み書き」のため、一人暮らしのエルネストの部屋にビアが出入りするようになるが……それは、彼の人生を変える始まりだった。
ワケありのビア、唯一心を許せる隣人ハビエル、昔の友人の妻ルシア、折り合いの悪い息子のラミロ……。心を正直に伝えられないエルネストが最後に宛てた手紙の相手とは?

“素晴らしい脚本は映画をこんなに面白くする”

ブラジル・サンパウロ国際映画祭では批評家賞、ウルグアイ・プンタデルエステ国際映画祭では観客賞と最優秀男優賞を受賞し、伝統あるハバナ映画祭、リオデジャネイロ映画祭にも特別招待されたブラジル映画『ぶあいそうな手紙』。“素晴らしい脚本は映画をこんなに面白くする”という、映画の原点を思い出させる魅力で、ラテンアメリカの各映画祭で批評家の大絶賛と観客の大喝采を呼んだ話題作だ。
大絶賛されている脚本を担当したのは、繊細な演出も素晴らしい監督のアナ・ルイーザ・アゼヴェードとそのパートナーであるジョルジ・フルタード。ラテンアメリカ映画史に残るキューバの名作『苺とチョコレート』(93)の原作者セネル・パスが脚本に協力していることも大きな話題になった。主人公エルネストには、東京国際映画祭グランプリで日本公開されたウルグアイ映画『ウィスキー』(04)に主演した名優ホルヘ・ボラーニ。映画を彩るのは、ブラジル音楽のレジェンド、カエターノ・ヴェローゾがアルバム『粋な男』に収録した名曲「ドレス一枚と愛ひとつ」だ。

『ぶあいそうな手紙』場面画像2 『ぶあいそうな手紙』場面画像3

オンライン無料トークイベント開催!

本作の公開を記念して、オンライン無料トークイベントの開催が決定。トークゲストはラテン映画のスペシャリストで本作の字幕翻訳も手がけた比嘉世津子さん。脚本が大絶賛されている『ぶあいそうな手紙』を字幕翻訳者ならではの視点で解説、また比嘉さんがこれまで配給してきたラテン映画や、ラテン映画史名作選などもたっぷりお話しいただく予定だ。メキシコ映画『グッド・ワイフ』(7/10 公開)やグアテマラ発のホラー映画『ラ・ヨローナ~彷徨う女~』(7/10 公開)、ウルグアイの元大統領を描いた『ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領から日本人へ』(近日公開)など多彩なラテン映画がつづく今夏。これを聞けばラテン映画がもっと面白くなること間違いなし!

日時:7月21日(火) 20:00~21:00 ※終了時刻は多少前後する可能性あり。
トークゲスト:比嘉世津子さん(通訳・翻訳家)
関西外国語大学外国語学部スペイン語学科卒。 JICAコーディネーター、イベント制作会社を経て、 Action.Incを設立。通訳、翻訳、イベント制作をしながら、 キューバ映画『永遠のハバナ』 (03)を初めて買付け、 2005年に日本公開。その後の配給作に、 アルゼンチン映画『今夜、列車は走る』 (04)、キューバ映画『低開発の記憶』 (68)、 ウルグアイ 映画『映画よ、さようなら』 (10)、『ハッパGoGo 大統領極秘司令』 (17)など。 自社配給作以外の字幕翻訳作に『チリの闘い』『ディヴァイン・ ディーバ』『ぶあいそうな手紙』 など。
■MC:武井みゆき(ムヴィオラ代表)
■参加方法:こちらのページより お申し込みください。参加費は無料です。

『ぶあいそうな手紙』場面画像4 『ぶあいそうな手紙』場面画像5
CREDIT
原題:Aos Olhos de Ernesto 英語題:Through Ernesto's Eyes
監督:アナ・ルイーザ・アゼヴェード
脚本:アナ・ルイーザ・アゼヴェード、ジョルジ・フルタード
脚本協力:セネル・パス(『苺とチョコレート』)
出演:ホルヘ・ボラーニ(『ウィスキー』)、ガブリエラ・ポエステル、
ホルヘ・デリア(『僕と未来とブエノスアイレス』)、ジュリオ・アンドラーヂ(『ゴンザーガ〜父から子へ〜』)
ブラジル|2019|123分|字幕翻訳:比嘉世津子|配給:ムヴィオラ
©CASA DE CINEMA DE PORTO ALEGRE 2019

公式サイト 公式twitter

2020年7月18日(土)よりシネスイッチ銀座、
7月31日(金)よりシネ・リーブル梅田ほか全国順次ロードショー

2020/07/06/19:19 | トラックバック (0)
NEWs ,新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2020 INTRO