インタビュー
こっぴどい猫/今泉力哉監督

今泉 力哉 (映画監督)

映画「こっぴどい猫」について

公式

2012年7月28日(土)より、新宿K’s cinemaにてレイトショー!

若者たちの微妙な恋愛模様を描く自主作品で数々の映画賞を受賞し、2010年に伝説のバンドのドキュメンタリー『たまの映画』で商業デビューを果たした新鋭・今泉力哉監督。60歳を迎えたモト冬樹を主演に据えた『こっぴどい猫』では、総勢15人による複雑怪奇な恋愛群像劇を昭和的なやさしさといかがわしさの中に描き、またも新境地を見せてくれた。なんと取材に赤ちゃん連れでいらした人間味たっぷりの今泉監督に、絶妙なキャスティングや脚本作りでの試行錯誤、取材前日に撮ったという本作のスピンオフ作品についても語っていただいた。(取材:深谷直子

page1 page2 page3 page4

今泉力哉監督3――スタッフは学校の知り合いが多いんですか?

今泉 そうですね、あとは映画祭で知り合ったとか、そういう繋がりですかね。今よく一緒にやっている撮影の岩永(洋)さんは映画祭で知り合った方で、あと録音の宋(晋瑞)さんは自主のときから長くやってもらっているんですが、自分が通っていた映画学校の先輩で、商業映画もよくやっていて最近は若松孝二組などもやられている方ですね。

――脚本に新しく入れたシーンというのは例えばどのシーンですか?

今泉 例えば自分がカメラに向かってるあのシーンとかは、その日撮影に関わっていなかった人は一切知らなかっただろうし。モトさんとか初めて観てびっくりしたと思いますね。「何だこれは!?」って。そういうのはいっぱいありましたね。

――カメラ目線のところは不思議なシーンでしたが、どういう効果を狙ったんですか?

今泉 あれはいろいろあって。ウディ・アレンとかの映画みたいに劇からはみ出るっていうこともやってみたかったし、その前に女性が3人無言でカメラを見ているみたいなことも今回やっているんですけど、なんかカメラ目線って基本的にNGと言うか、普通のセオリーだと出ないようにするものであるのを、それを入れることで別の効果が生まれるなと思ってて。たまたまなんですけど1コ前に作った作品で役者さんが「用意スタート」と言う前の準備のときにカメラをボーッと見ているのが撮れてたことがあって、その素材を見たときにすごく印象的で、やっぱりカメラを見るというのはびっくりするし、想像していないところでそれをやられるのは効果的だと思ったし。自分がカメラに向かう部分はなくても繋がるのかもしれないけど、自分の中ではあそこがないとそのあとのスローモーションとかが初めての異物になってしまうので、その前から異物を挿入しておいたほうが見やすいんだろうな、とか編集で試しながらやりましたね。

――監督が自分で出るというのはよくされるんですか?

今泉 前の作品にも出ていましたけど、今回は病人の役ができる人を考えていたら自分がいちばんできそうだと思って(笑)。出たがりっていうのもあったんですけど、あと坊主にできる人は、とかいろいろ考えて。

――坊主は役のためにわざわざしたんですね。

今泉 そうですね、過去の日本映画とかへの変な憧れもあって。内田裕也さんがいきなり頭を切って始まる『コミック雑誌なんかいらない!』(86)とか、全然誰も気付かないけどそういうのをやりたいだけ、みたいなのがあって。

――モトさんと監督以外の俳優さんは今回新しく組まれた方が多いということですが。

今泉 そうですね、製作はDUDESというモトさんの事務所と1gramix.という団体なんですけど、1gramix.は若手監督に映画を撮らせるというワークショップ兼オーディションというイベントを組んでいる団体で、モトさんの主演映画の出演者募集ということをして、俺が俳優ワークショップをしてそこからキャスティングするというやり方でした。別にそこから何人かを選んであとは自分の知り合いの役者を呼んでもよかったんですけど、そこに集まってくれた人がすごいみんな面白くて。合計40人ぐらいの人の芝居を3日間のワークショップを2回、計6日を組んで見させてもらったんですけど、結局その中からしか選んでいないです。それぐらい魅力的な人が集まって、その後に当て書きしていきました。

『こっぴどい猫』3――やっぱり当て書きなんですね。みんなとてもハマっているなと思いました。セリフ回しとかも本当に自然ですよね。

今泉 それに関してはこだわりがあって、毎回そうしようとしていて。普段言わないセリフをなるべく書かないようにしたりとか、やっぱり台本があって芝居をしているときっていかにも芝居をしている感じになりがちなので、そうなったら「普段喋ってる感じで」と注文を付けたりはしていますね。

――そういうのは初めての俳優さんもすぐ理解してくれたんですか?

今泉 そうですね、過去の自分の映画を観てくれている人が多かったですし。俳優さんがよかったので本当に助けられましたね。生き生きしていたし。みんなどっかおかしいですからね(笑)。こんな人たちダメだろって人たちが恋愛にハマって壊れていきますから。

――恋愛を相関図にすると、男性からの矢印も女性からの矢印もある人物に集中して、最終的には……、というすごいものですね。

今泉 当初は小夜がモトさん演じる高田を好きというのもアイディアとしてあって、男性が全員小夜に向かっていてその先が高田というのだとモトさんも立つな、とかいう話もしてたんですけど、それがちょっと違ったという構造で。そうですね、今回は相関図から作りましたね。最初から脚本をシナリオで書いていくとか、プロットとかハコ書きとかそういうものではなくて、ホワイトボードに人物相関図を描いて、誰と誰が付き合っているとか浮気しているとかを矢印で表していきました。

――すごく複雑で整理が大変そうですよね。

今泉 自分でもよく分からなくなって(笑)。その矢印を使った関係性と、あとは誰がその情報を知っているかだとか、お客さんがどのタイミングで知ったほうがいいのかとか、そういうことを整理して。関係性を並べていって最後にみんな集まれば映画になるんじゃないかという強引な流れを作っておいて脚本を書いていくというやり方でした。

page1 page2 page3 page4

こっぴどい猫 2012|日本|カラー|ステレオ|130min
監督・脚本・編集:今泉力哉|撮影:岩永洋|照明:長田青海|録音:宋晋瑞
助監督:平波亘|衣装:山本屋歩|ヘアメイク:寺沢ルミ|制作:手島昭一
アソシエイト・プロデューサー:一ノ瀬優太朗|エグゼクティブ・プロデューサー:小西亮一
出演:モト冬樹,小宮一葉,内村遥,三浦英,小石川祐子,平井正吾,後藤ユウミ,高木珠里,結,工藤響,今泉力哉,木村知貴,前彩子,泉光典,青山花織
企画・製作:DUDES/1gramix.|配給・宣伝:SPOTTED PRODUCTIONS ©2012 DUDES
公式

2012年7月28日(土)より、新宿K’s cinemaにてレイトショー!

青春H 終わってる [DVD] 青春H 終わってる [DVD]
2012/07/25/18:07 | BBS | トラックバック (0)
深谷直子 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO