新作情報

映画監督デビュー作にして、サンダンス映画祭脚本賞受賞の快挙!
ハリウッドの名匠を父に持つ弱冠27歳、驚異の新星が描く、
可笑しみと皮肉にまみれた“問題児家族”の姿

アナザー・ハッピー・デイ
ふぞろいな家族たち

http://ahd.ayapro.ne.jp/

2012年12月1日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開!

INTRODUCTION

新鋭映画作家の登竜門サンダンス映画祭にて脚本賞受賞の快挙!

『アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち』オスカー監督を父に持つ弱冠27歳の新星サム・レヴィンソン、デビュー作にしてその才能を開花!数多の優れた映画作家たちを輩出してきたサンダンス映画祭にて、また1人、今後の映画界を牽引する逸材が誕生した。サム・レヴィンソン――当時、26歳という若さだったその青年が、初監督&脚本を務めた本作で第27回サンダンス映画祭においていきなりの脚本賞を受賞したのだ。

彼の父親は『レインマン』(89)でオスカー監督となったハリウッドの名匠バリー・レヴィンソン。いわば映画界のサラブレットと形容するにふさわしい環境に生まれ育った彼が、やがて自らの手で映画製作を実現したいと考えるのは必然だったと言えるだろう。本作の脚本をわずか24歳で書き始めたサム・レヴィンソンは、その若くみずみずしい感性で、"家族の絆"というあくまで普遍的かつ難解なテーマに挑み、単なるホームドラマの枠を越えた、実に秀逸な"家族の群像劇"を描き出すことに成功した。偉大な父親を模倣することなく、それどころか、映画作家として全く異なるテイストを探求し、決して父親の名声に浴することのない天性のストーリーテリングの才能を、本作にて開花させたのだ。

『アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち』場面1 『アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち』場面2

みんながみんな、愛してほしくて、かまってほしくて、理解して欲しい

問題だらけの一家が過ごすある特別な週末――可笑しみと皮肉にまみれた"家族"の姿。長男の結婚式のため、久しぶりに実家に戻ったリン。"家族"に対するわだかまりを、おめでたい席でなら忘れられるのではないかと期待して行ったのだが、長男の父親である彼女の元夫やその新しい妻、また実の家族でさえも、そんなリンの気持ちを逆なでする。さらにリンだけではなく、集まった親戚一同もそれぞれに悩みを抱えており、それらの鬱屈した不満や苦悩は結婚式当日、いよいよ頂点に達してしまう――。

神経衰弱な母親、ド派手な継母、自分本位な父親、自傷行為がやめられない娘、ドラッグ中毒の息子・・・この家族には"問題児"しかいない。そんな彼らが、結婚式という祝いの日をきっかけに久々に一堂に会することになったら?――これまでに"家族"をテーマにした映画は数多あれども、ここまで個性派ぞろいの複雑な家族もそうはない。この物語は、そんな彼らが一つ屋根の下、顔を突き合わせて過ごす特別な週末をユーモラスかつシニカルに描いたドメスティック・ドラマ。家族だから面倒くさい、家族だから憎らしい、家族だから放っておけない、いがみ合ってもわずらわしくても、その繋がりを決して断つことはできない奇妙な集合体"家族"。誰もが一度は疑問を抱き、そして誰もがいつか理解したいと願う、もっとも脆くて、もっとも強い絆のあり方についてヒントをくれる物語。

『アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち』場面3 『アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち』場面4

ハリウッドを代表するベテランからアップカミングな若手まで
豪華キャスト陣の競演!

エレン・バーキンが主演とプロデュースを買って出た意欲作! 80年代セクシー女優の代名詞として名を馳せたエレン・バーキンが、久々の主演に挑戦したことでも話題となっているこの作品。なんといっても、本作完成のために彼女の存在はなくてはならないものだった。監督・脚本を務めたサム・レヴィンソンから本作の構想を聞くなり、いち早く彼の才能を見抜き、自らプロデューサーを買って出たのだ。辛抱強い援助と情熱でもってこの作品を成功へと導いた彼女はまさにミューズ。そんな彼女の想いに同調し、本作に参加した役者陣は実に豪華絢爛な顔ぶれだ。エレン・バーキン演じる主人公リンと犬猿の仲であるド派手な継母パティには、『ゴースト/ニューヨークの幻』(90)をはじめ多くの作品で広くその名が知られるデミ・ムーア。リンの母親で認知症の夫との生活に疲弊するドリスには、オスカー女優エレン・バースティン。自傷行為がやめられない繊細な娘アリスには、若手実力派として高い評価を得ているケイト・ボスワース。ドラッグ中毒の息子エリオットには、その美貌と異彩を放つ演技で話題作に引っ張りだこの新星エズラ・ミラー。最近では『少年は残酷な弓を射る』(11)のケヴィン役で鮮烈な印象を残している。そのほか、ジェフリー・デマン、トーマス・ヘイデン・チャーチら、今ハリウッドで最も勢いのある役者陣の見事なアンサンブル・プレイが実現した。

『アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち』場面5
C R E D I T

監督・脚本:サム・レヴィンソン
製作:エレン・バーキン 撮影:アイヴァン・ストラスバーグ 衣装:ステイシー・バタット 音楽: オラファー・アーナルズ
出演:エレン・バーキン『オーシャンズ13』、エズラ・ミラー『少年は残酷な弓を射る』、エレン・バースティン『優しい嘘と贈り物』、
デミ・ムーア『ゴースト/ニューヨークの幻』、トーマス・ヘイデン・チャーチ『幸せへのキセキ』、ケイト・ボスワース『スーパーマン リターンズ
2011年/カラー/DCP/スコープサイズ/119 分/英語/アメリカ/R-15/原題「Another Happy Day」
字幕翻訳:小寺陽子/提供・配給:彩プロ/宣伝:エスパース・サロウ ©2011 DIMS Film, LLC. All Rights Reserved.
http://ahd.ayapro.ne.jp/

2012年12月1日(土)、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国順次公開!

レインマン [Blu-ray]
レインマン [Blu-ray]
  • 監督:バリー・レヴィンソン
  • 出演:ダスティン・ホフマン, トム・クルーズ, バレリア・ゴリノ
  • 発売日:2011/03/18
  • おすすめ度:おすすめ度2.0
  • Amazon で詳細を見る
幸せへのキセキ 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
幸せへのキセキ 2枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー〔初回生産限定〕 [Blu-ray]
  • 監督:キャメロン・クロウ
  • 出演:マット・デイモン, スカーレット・ヨハンソン, トーマス・ヘイデン・チャーチ, パトリック・フュジット, エル・ファニング
  • 発売日:2012/11/02
  • おすすめ度:おすすめ度4.5
  • Amazon で詳細を見る

2012/11/18/17:49 | BBS | トラックバック (0)
新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO