NEWs

SKIP シティ国際 D シネマ映画祭 2022 国際長編部門に唯一選ばれた日本映画

『とおいらいめい』
初日舞台挨拶 事後レポート
『ベイビーわるきゅーれ』が大ヒットの
髙石あかりら三姉妹らが登壇!

『とおいらいめい』初日舞台挨拶画像

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2022年9月23日(金)まで池袋シネマ・ロサ にてレイトショー公開中

東京で半年以上のロングランヒットとなった『ベイビーわるきゅーれ amazonリンク:『【メーカー特典あり】『ベイビーわるきゅーれ 』Blu-ray初回限定生産版 オリジナルデザインTシャツ(ブラック)付(Blu-ray+DVD) 』』で初主演し、舞台「鬼滅の刃」の竈門禰豆子役でも注目されている髙石あかり、ドラマ「半沢直樹」の吹越ともみ、日仏合作『 MINORI 』でフランスで話題になった田中美晴がトリプル主演を務め、人類の滅亡を前にゆっくりと家族になっていく姉 2 人と腹違いの妹を描いた映画『とおいらいめい』。
7 月に開催されたSKIP シティ国際 D シネマ映画祭での上映を経て、東京での 4 週間に渡るレイトショー公開が始まった。8 月 27 日(土)に池袋シネマ・ロサで開催された初日舞台挨拶で、トリプル主演の 3 人と、本作原作・撮影監督の長谷川朋史、および本作監督の大橋隆行が登壇し、3 姉妹の「あるある」や、日が没むまでの一発勝負の 12 分もの長回しの裏話などを語った模様をお届けする。
STORY 彗星の衝突により人類の滅亡が数ヶ月後に迫った 2020年。小学生だった 1999 年にノストラダムスの予言を信じ、家出をした長女・絢音と次女・花音と、その後生まれた腹違いの妹・音が、初めて一緒に生活することになる。
絢音は、彗星の衝突を前にシェルターの個室の設計を担当しており、暴力によるシェルター強奪の危険と隣り合わせの日々。花音は、帰郷を機に、妻とうまくいっていない妻子持ちの小学校の同級生・良平と再会。音は、未成年ながらひょんなことから飲み会サークルと出会い、飲んだ帰りに花音が良平にキスするのを目撃。
互いに踏み込めず、すれ違う三姉妹は、世界の終わりを前に、本当の家族になれるのか。

髙石あかり画像髙石あかり 大橋隆行監督画像大橋隆行監督冒頭髙石が、「とてもたくさんの方に来ていただいて、初日に観ていただけることが嬉しいです。」と挨拶した舞台挨拶。

本作の原作の舞台では、双子姉妹が主人公。3 姉妹の話にした理由について監督は、「高石さんと出会ったからということが大きいです。長谷川さんから台本を頂いて、映画用にアレンジしていくところで、どう進めていいか悩んでいたんですけれど、前作の試写に髙石さんが見に来てくれた時の印象が残っていて、3 番目の腹違いの妹を置いて書いていったら、いい感じになりました。具体的な人物がはまったことで、他の要素がはまっていきました。」と高石の存在のお蔭で本作ができた経緯を説明。

髙石にオファーしたらすぐ快諾していただけたとのこと。髙石は音を演じる上で難しかったところを聞かれ、「今までに音のような役をすることがなかったので、自分が音を演じられるか少し不安というか、ワクワクやドキドキに近い感情でした。台本を読み進めていくうちに、この宮田音を愛していけるなと思いました。自分とは違う役だったので、お芝居を作りたいところだったんですけれど、当時は役作りなどできなかったので、岡山に行って、その時の空気や現場の雰囲気を見ながら作っていきました。自分はそれでよかったなと今思っています。」と述懐。

監督は長女・絢音と次女・花音のオーディションの際にどのようなタイプの人を探していたのかなど特定の人物像があったか聞かれ、「なかったです。オーディションのタイミングで台本がなくて、仮で書いたワンシーンでオーディションをしました。たまたまお二人が同じ組で並んでいるのを見て、姉妹っぽい雰囲気をしていると思って組んでお芝居をしてもらったんです。吹越さんがセリフが飛ぶということがありまして、ワタワタとしている姿を見て、『このお姉ちゃん頼れないな』という感じが、この 3 姉妹にとってものすごく大事な要素だなとオーディション会場で気付きました。3 人とお会いした時の印象がそのまま台本になっていって、現場で 3 人の個性が乗っかっていきました。」と話した。

絢音役の吹越は、実生活でも長女だそう。「一人で抱えこんでいるように見えて、全然隠しきれていないところだとか、外面だけいいところだとか、絢音の性格に共感できる部分は沢山ありました。」と暴露し、会場からは笑いが。
花音役の田中は、実生活でも三姉妹の真ん中。「3 姉妹の真ん中だと上と下のバランサーじゃないですけれど、頼まれていないのに気にしてどっちともやりとりを一生懸命してしまう感じは似ていると思いました。ごろごろしているところも似ていると思います。」と共通点を挙げた。

吹越ともみ画像吹越ともみ 田中美晴画像田中美晴 長谷川朋史画像長谷川朋史吹越演じる絢音は、彗星の衝突を前にシェルターの個室の設計を担当しており、暴力によるシェルター強奪の危険と隣り合わせの日々。「シェルターのシーンをどこで撮影するんだろうと思っていて、行ってみたら、殺伐とした怖い場所がたくさんありました。よくこんなロケ地を見つけて下さったなと思うくらい映画にいいスパイスを与えているんじゃないかと思います。」と絶賛し、監督は、「必死に探しました。」と苦労を滲ませた。

田中演じる花音は、妻とうまくいっていない妻子持ちの小学校の同級生・良平と再会するという設定。「私的には良平は、たまたま大変な状況の中で故郷に戻ってきたらただいた存在でした。特別好きだったとかそういうわけではなく、大変な状況で出会った人って大事だったり、普段ならそんなに一緒にいない人と一緒にいちゃったりするので、そんな感覚で演じていましたが、観ていただいてどう思うかを聞きたいです。」とお茶目に話し、会場の笑いを誘った。

本作は、ポスターにもなっている日没の長回しシーンが話題。監督は、「このシーンはリアルに日没の時間帯に、都合 2 回挑戦させていただきました。1 日目でダメだったら全部脚本を書こうと思っていたら、1 日目に 3 人がすごくいいお芝居をしてくれたので、翌日『もう 1 回やってみましょう」という感じで、やりました』と裏話を披露した。

最後に、2020 年の 3 月から 12 月まで 17 歳の年に 3 回に分けて音として撮影に参加した髙石が、「17 歳、セブンティーンの 1 年だったので、すごく思い入れのある作品で、自分にとってもすごく大切ですし、この長回しのシーンも、すごく思い入れのある、これからずっと覚えているだろうなと思う大切なシーンです。コロナ禍で大変な時期を過ごして、自分にとって大切なものが私は家族やコミュニケーションだと思ったので、絆だったり家族だったりこの映画のテーマが皆さんに届けばいいなと思います。いろんなお芝居や景色が楽しめる映画なので、観ていただければと思います」と熱いメッセージを送った。

とおいらいめい (2022 年/日本/シネマスコープ/ステレオ/ 150 分) ©ルネシネマ
出演:髙石あかり,吹越ともみ,田中美晴,
ミネオショウ,大須みづほ,森徠夢,武井美優,古矢航之介,三原哲郎,川辺純子,石橋征太郎,大田恵里圭,園山敬介,
タカ海馬,荒井啓仁,舞木ひと美,藤田健彦,しゅはまはるみ
企画・製作・配給:ルネシネマ
監督・脚本:大橋隆行 原作:とおいらいめい( 2004 年上演舞台)
撮影監督:長谷川朋史 音楽:上久保汐李 助監督:原啓仙,渡辺喜子 録音:長沼優可,小牧将人,寒川聖美
ヘアメイク:大貫茉央,早川葵 制作:藤田健彦,大原昌典 フードコ ーディネーター:荒井啓仁
アクションコーディネーター:タカ海馬 ガンエフェクト:小暮法大
協力:岡山県フィルムコミッション協議会/せとうちフィルムコミッション/瀬戸内市商工観光課/備前市役所産業観光課/厚木土木事務所/相模原水系広域ダム管理事務所

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2022年9月23日(金)まで池袋シネマ・ロサ にてレイトショー公開中

【メーカー特典あり】『ベイビーわるきゅーれ 』Blu-ray初回限定生産版 オリジナルデザインTシャツ(ブラック)付(Blu-ray+DVD) 【メーカー特典あり】『ベイビーわるきゅーれ 』Blu-ray初回限定生産版 オリジナルデザインTシャツ(ブラック)付(Blu-ray+DVD)
  • 監督:阪元裕吾
  • 出演:髙石あかり, 伊澤彩織, 三元雅芸, 秋谷百音, 本宮泰風
  • 発売日:2022/6/25
  • おすすめ度:おすすめ度5.0 Amazon で詳細を見る
あらののはて [DVD] あらののはて [DVD]
  • 監督:長谷川朋史
  • 出演:舞木ひと美, 髙橋雄祐, 眞嶋優, 成瀬美希, 藤田健彦
  • 発売日:2022/3/2
  • おすすめ度:おすすめ度3.5
  • Amazon で詳細を見る

2022/08/29/12:08 | トラックバック (0)
NEWs ,新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2021 INTRO