インタビュー
吉倉あおい/『ゆるせない、逢いたい』

吉倉 あおい (女優)
映画『ゆるせない、逢いたい』について

公式

2013年11月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館 にて全国ロードショー

10代の男女の生まれたばかりの恋愛が、ふとしたすれ違いから“デートレイプ”という忌まわしい事件を招いて引き裂かれる。新鋭・金井純一監督の『ゆるせない、逢いたい』は、タイトルのとおりその被害者の少女の葛藤を描いていく作品であり、また日本では法律上できない被害者と加害者の「対話」への取り組みについて描こうということから発した作品ではあるが、感傷的な悲恋の物語でも、あまり語られないデリケートな事件そのものを取り上げる社会派映画でもなく、揺れ動く感情の綾と人と人とが向き合う姿をじっくりと追う、繊細で強靭なドラマとなった。混乱する心を抱えながら、自分を傷付けた男性への想いや娘を守ろうとする本能の塊のような母親とまっすぐ向き合うヒロインを演じたのは吉倉あおいさん。雑誌モデルや新進女優としてすでに同世代から高い人気を得ている吉倉さんにとって本作が初主演映画となるが、切望していた困難に立ち向かう女性の役を得て、完全にはつ実に同化し演じ切った見事な女優魂はお話からも感じられた。撮影時は役と同じ17歳ながら愛情の豊かさと毅然とした意志の強さを備えた吉倉さんの人間的魅力も映し出す本作を、ぜひスクリーンでご覧になってほしい。(取材:深谷直子

12 3 45

吉倉あおい3――そんな二人の関係が、一人娘の身を心配するお母さんに認めてもらえないことから事件が起こってしまうのですが、朝加さんが演じるお母さんとの関係も苦しいものだったと思います。観ていてもどうしてこんなにすれ違ってしまうんだろうとずっと考えていました。はつ実に対して厳しいお母さんでしたが、気持ちは理解できましたか?

吉倉 実際の母との関係がいろんなことを伝え合えるもので、普段すごく母の愛情というのを感じているので、はつ実母子の関係を客観的に見ることができて冷静に演じられたんですね。お母さんもお母さんですごく不器用だしはつ実もはつ実もすごく不器用で、だからああいうふうにすれ違ったり上手く感情を伝えられなかったりすると思うんですけど、お母さんにとってはつ実はかけがえのない存在だと思うし、愛情があるのは確かなことだと思うので。ショッキングな事件があってお互い苦しむ中で、親子の絆が愛に溢れているものなんだということもすごく表現している映画だと思うので、同世代の方には親の気持ちを知ってもらえる映画になったかなと思うんです。母が子に対して抱く愛情というのは何よりも大きいし無条件なものだということを、朝加さんが演じるお母さんを通してものすごく感じたので、完成して第1回目の試写を見たときは、はつ実よりもお母さんの思いが胸に迫ってきましたね。

――そうですね。娘に対して一見理解がないように思えてしまいますが、お母さんはお母さんで夫を亡くして張り詰めて生きていて、娘を守れなかったという後悔に苦しんで、お母さんの辛さというのもじわじわと感じられてくるんですよね。

吉倉 事件後に隆太郎と「対面」するシーンで、はつ実が途中で耐えられなくなって外に出てしまうんですけど、次の廊下でのシーンを撮るときに立っていられなくて倒れ込んでしまったんです。そのとき朝加さんが隣に座って扇子で扇いで背中をさすってくださって、言葉もなくそうしてくださったことにいろんな思いが感じられて。対面するという決断をしたものの状況を目の前にするとやっぱり心が折れてしまうはつ実に、「ここまでがんばったんだからもう十分だよ」って応援してくれる気持ちがこもっている行動だったので、カメラは回っていなかったんですけど、そこすらもはつ実とお母さんだったのかなあと。そのあとはつ実はまた対面に戻るんですけど、背中を押してもらって強くなって戻っていけるという気持ちになれました。すごくそこで込み上げてきましたね。

――お母さんの辛い思いが吉倉さん自身に伝わって。

『ゆるせない、逢いたい』場面3吉倉 はい、母の立場からしたらどんな思いなんだろうって。娘を傷付けた人を目の前に、また娘が傷付くかもしれないという状況を隣で見ているというのは、母として酷な状況だなとは思うので、いろんな思いがぐちゃぐちゃに混じり合う感じでした。……この映画をやる前、母に「こういう映画に出ることになった」という報告をしたときに、母から「女の子の親になることになったときに、絶対にこの子の身体を傷付けることがないようにしっかり守ってあげなくちゃと思った」ということを言われたんです。「どんな形で生まれても、どんな子であっても、傷付けることがないように一生懸命大事に育てようと、どのお母さんもそう思うはずだよ」って。朝加さんが演じるお母さんを通してもそういう思いを感じられたというのは、演技を超えていたなと思いますね。

――吉倉さんのお母さんも素晴らしい方ですね。そういう気持ちを受け止めてきたから吉倉さんもこんなに真っ直ぐな人に育って、朝加さんからも演技以上のものを感じ取って。さっきの隆太郎を抱きしめるという演技も、吉倉さんの中の愛情が溢れてきたものなのかなというふうに思えてきます。

吉倉 いえいえ……。相手が男性でも女性でも人と接するときは愛情を持って接していると思うので、そこが私も演技をするときに大事にしているところですね。人と接するとき冷たく見えてほしくないなあと。どの役を演じる上でも人に対しての愛情を大事に表現したいなあと思います。

12 3 45

ゆるせない、逢いたい 2012年/日本/カラー/107分/
監督・脚本・編集:金井純一
出演:吉倉あおい、柳楽優弥、新木優子、原扶貴子、中野圭、ダンカン、朝加真由美
製作:細野義朗 共同プロデューサー:坂本雅司 プロデューサー:加藤伸崇、古賀奏一郎
撮影:清村俊幸  照明:石川欣男 録音:間野 翼 助監督:ジョン ヒジリ
音楽:吉田トオル 主題歌:「ライン」 Salyu 作詞・作曲・編曲:小林武史
制作プロダクション:シネグリーオ 宣伝:ブラウニー デザイン:秋山京子 製作・配給:S・D・P
© S・D・P/2013「ゆるせない、逢いたい」
公式

2013年11月16日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、
新宿武蔵野館 にて全国ロードショー

2013/11/15/18:43 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO