インタビュー
「ガンズ&ゴールド」ユアン・マクレガー

ユアン・マクレガー
公式インタビュー
映画「ガンズ&ゴールド」について

公式サイト

2014年11月1日(土)より、シネマサンシャイン池袋ほか全国公開

ユアン・マクレガーがこれまでのイメージを払拭し、犯罪をチェスにたとえて語り、必要に応じて人の心理を操る伝説の強盗犯を演じた映画『ガンズ&ゴールド』。今作で初の悪役に挑んだユアン・マクレガーの公式インタビューをお届けする。

STORY/450万ドルの金塊――ゲームの支配者になるのは誰だ?
犯罪にまみれた闇社会において、危険なゲームを制するのは、常に状況を支配した者。冷静沈着で判断力に長け、精神的にも肉体的にもタフな者だけが生き残る。常に数歩先を読み、相手の心理を巧みに操る切れ者の強盗犯ブレンダン(ユアン・マクレガー)。仲間の面倒見もよく、軽罪で刑務所に収容された若者JR(ブレントン・スウェイツ)に暴力やレイプがはびこる獄中生活において救いの手を差し伸べ、まるで父の様に裏社会で生きるノウハウを教えていく。やがてブレンダンは、刑期を経て出所したJRの協力によって脱獄し、金鉱の精錬所を遅い、金塊を奪取することに成功する。だが、組織のボスはブレンダン一味を裏切り、分け前を独り占めしようと画策していたのだった――。裏社会を牛耳るロシアン・マフィアと、その犯罪組織で働く若い娘ターシャ(アリシア・ヴィキャンデル)、そんな彼女と恋に落ちたJR、そしてあまりにも危険な男ブレンダン。ブレンダンは本当に信じていいのか?ターシャは?誰もが欲にまみれ、金塊の独り占めを企む、究極の駆け引きが始まる。誰もが無傷ではいられない壮絶なサバイバル・ゲームの果てに、金塊と未来を手にする一手を打つのは誰だ!?

――役柄について

「ガンズ&ゴールド」ユアン ブレンダンは、これまでと違った役柄を演じたいという僕の望みにうってつけの役だったよ。彼の頑なさ、賢さ、他人を操作する手管などは非常に興味深いものだった。その男になりきることを楽しんだんだよ。この映画はそのテーマをさらに追求するチャンスだった。また、ブレンダンには絶対的な指導者という側面もあって、誰もブレンダンには文句が言えないんだ。これはなかなか深くて、犯罪者ではあるが尊敬せずにいられない人物――決して自らの信念を曲げず、誇り高い性質で、自らの邪魔をする人間には相応の代償を払わせるが、そのやり口は愛すべきものなんだ。彼のようなマキャベリ的人物を是非演じてみたかったんだ。

――ストーリーについて

ユアン  ストーリーがどう展開していくのか見当もつかなかったよ!今まで、たくさんの脚本を読んだが、たいていは既存の映画の焼き直しだ。だけど、この作品には本質的に新しい何かがあったんだ。それは、新たな時代の到来を告げるような、複雑なストーリーだ。最初、ジュリアス・エイヴァリー監督は僕に手紙をくれて、そこには自分自身の生い立ちに関することが書いてあったんだ。脚本には、その複雑かつ個人的な要素が含まれていて、この映画はただの犯罪アクションと一線を画していると思った。ストーリーの中心には、父親探しというテーマがあり、監督の深い想いのようなものが、映画全体に伏流しているんだ。そのことについて彼と多くを話し合ったわけではないが、それこそが中心的テーマだとお互いに理解していたよ。

――ブレンダンとJRの関係について

ユアン 父親的側面はもちろんあるだろう。ブレンダンはJRに人生の生き方を教えるが、それはそのまま彼の生き方なんだ。JRは確かに罪を犯して刑務所に入ることになったが、それは恐らく取るに足らない軽犯罪だ。そして、ブレンダンとスターロに出会ったJRは、彼らがいともたやすく日常的に暴力をふるう様を目の当たりにする。やがてJRを不慣れな犯罪と暴力の世界へと引きこみ、まるで父親が息子に自転車の乗り方を教えるかのように、JRに犯罪のコツを指南するんだ。

――ブレントン・スウェイツについて

「ガンズ&ゴールド」場面ユアン すごく気に入ったよ。彼は好青年なんだ。それに、良い俳優だと思うよ。彼は優れた才能を持っていて、飾ることなくさらっと演技をこなしてしまうんだ。でも、頭をよく使っているのが分かるよ。稀有な才能だと思うし、これからがとても楽しみだね。

――ジュリアス・エイヴァリー監督について

ユアン エイヴァリー監督には様々な側面があるが、まず彼は大の映画ファンなんだ。だからある意味、彼は自分が映画館で観たいと思う作品を書いたんだろう。画家だって自分が見たいと思う絵を描くだろう?この作品は彼のテイストを反映しているんだ。彼が撮ったアクションシーンやカークラッシュ、銃撃戦などのシーンから、彼が目を輝かせ、興奮している様子が伝わってくるよ。

――アクション映画というジャンルに出演したことについて

ユアン そもそも僕はあまりアクションに興味がなかったんだ。経験から言って、撮影にとても時間がかかるし、スタントマンが代わりに演じるカットも多くある。しかしこの映画では違っていたよ。今回、僕らは多くのカットで実際に演じているんだ。だから撮影も楽しかったよ。最初にヘリコプターに乗った時、僕は後ろの席に座ったのだが、見るとマシンガンが椅子にくくりつけてあるんだ。おかしいな、と思ったよ。なぜマシンガンをくくりつける必要があるんだ、と。それからスタッフが「じゃあ行くぞ」、と言い、僕が「ドアが開いてるよ」と言うと彼らは「ああ、ドアは開けっ放しだよ」、僕は「はい?」、それからパイロットが「シートベルトをしてりゃ、大丈夫さ!」だってさ。そしてあっという間に上空500メールの高さに飛ぶんだ。もちろんドアは開けっ放しでね。他にもいくつかのアクション撮影には驚かされたね!でも楽しい経験だったよ。

――役作りについて

ユアン 撮影の2、3ヶ月前から自宅でトレーニングを始めたんだ。自立したタフな男という役柄だと思ったからね。ロサンゼルスとパースでもトレーナーをつけてジムで鍛えたよ。しかし実際に刑務所に着くと、そこにいるのは見上げるような巨漢ばかりだ。「エイヴァリー監督、どうもありがとう。彼らのおかげで僕はこんなに小さく見えるよ!」という感じさ。

ガンズ&ゴールド 2013年/オーストラリア/英語/109分 配給:KADOKAWA PG-12
監督・脚本:ジュリアス・エイヴァリー
出演:ユアン・マクレガー、ブレントン・スウェイツ、アリシア・ヴィキャンデル
©2013 SOAG Holdings Pty Ltd, Screen Australia, ScreenWest Inc. and Screen NSW
公式サイト

2014年11月1日(土)より、シネマサンシャイン池袋ほか全国公開

猟人日記 [DVD] 猟人日記 [DVD]
  • 監督:デヴィッド・マッケンジー
  • 出演:ユアン・マクレガー, ティルダ・スウィントン, ピーター・ミュラン
  • 発売日:2014/12/02
  • Amazon で詳細を見る
パーフェクト・センス スペシャル・プライス [Blu-ray] パーフェクト・センス スペシャル・プライス [Blu-ray]
  • 監督:デヴィッド・マッケンジー
  • 出演:ユアン・マクレガー, エヴァ・グリーン, ユエン・ブレムナー, コニー・ニールセン, スティーヴン・ディレイン
  • 発売日:2014/12/02
  • Amazon で詳細を見る

2014/10/24/19:29 | BBS | トラックバック (0)
新作情報 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO