特集上映案内
特集上映情報 PickUp
特集上映PickUp情報トップページ

インド映画の特集上映
「インディアンムービーウィーク2022リターンズ」
キネカ大森にて開催中!

公式サイト 公式twitter

2022年10月6日(木)まで、キネカ大森にて開催中

INTRODUCTION

『インディアンムービーウィーク2022リターンズ』ポスター画像「インディアンムービーウィーク(IMW)」は、インド映画に特化した映画配給会社SPACEBOXがセレクトした作品を、日本語字幕付きで上映している人気の特集企画だ。
現在、キネカ大森では映画大国であるインドでも近年特に勢いがあり、ヒットを量産している南インドの話題作を集め、「インディアンムービーウィーク2020リターンズ」として 10 作品が上映されている。
今回は、インドでの公開時に高い評価を受けたドラマ『至高の奉仕』、低予算作品ながら驚異のヒットとなったコメディ『途中のページが抜けている』の2作品を初上映する。また、人気スターのヴィジャイとヴィジャイ・セードゥパティの出演作、テルグ語映画の歴史的名作のデジタル・リマスター版(タミル語吹き替え)など、過去の人気作品が「リターンズ」としてアンコール上映される。

また、9月23日(金)からは、天才的な数学の才能を持ちながらも貧乏ゆえにイギリス留学を断念した過去を持つ予備校講師が、貧困で学ぶことができない才能ある子供たち30人を選抜、無償で家と食事を与えて勉強を教える私塾「スーパー30」を開設した奇跡の実話を描いた『スーパー30 アーナンド先生の教室 公式サイト』も公開される。こちらもぜひ注目していただきたい。

上映作品紹介

至高の奉仕(原題: Aramm)※日本初上映
『至高の奉仕』画像監督:ゴーピ・ナイナール
出演:ナヤンターラ(『ビギル 勝利のホイッスル』『ジョンとレジナの物語』)、ラーマチャンドラ・ドゥライラージ(『ジガルタンダ』)、スヌ・ラクシュミ、キッティ
音楽:ジブラーン
2017年 / タミル語/ 120分/ 映倫申請中(インドでの区分はG相当)©KJR Studios

タミルナードゥ州北端の僻地の村。その村に住む被差別階級の人々は慢性的な水不足に悩まされていた。乾ききった大地には井戸掘削を試みて成果が得られず放置された掘削孔がところどころに残る。ある日、4歳の女児ダンシカがそうした穴の一つに誤って落ちてしまう。子供の体程度の直径しかない穴の11メートルの深さに落ちた彼女の救助は難航する。子供の両親の悲嘆、政治家による妨害、マスコミの狂奔、群衆の騒擾の中で、陣頭指揮に立つ若い女性の行政長官の奮闘と苦悩を描く。多くの映画賞をさらった一作。

途中のページが抜けている(原題: Naduvula Konjam Pakkatha Kaanom)
※日本初上映
『途中のページが抜けている』画像監督:バーラージ・ダラニダラン
出演:ヴィジャイ・セードゥパティ(『ピザ 死霊館へのデリバリー』『キケンな誘拐』『俺だって極道さ』)、ガーヤトリ、バガヴァティ・ペルマール、ラージクマール、ヴィグネーシュワラン・パラニサーミ
音楽:ヴェード・シャンカル
2012年 / タミル語/161分/ 映倫申請中(インドでの区分はG相当)©Leo Vision

プレーム、バグス、サラス、バッジは仲のいい4人組。プレームの結婚式の前日に、暇つぶしに草クリケットで遊んでいたところ、プレームは転倒して頭を打ち、一時的な記憶喪失になってしまう。プレームと恋人のダナは、懐疑的な親族を粘り強く説得して縁組を認めさせ、苦労の末にやっと式を挙げるところまで来ていたのだが、彼はダナのことすら覚えていない。プレームの症状を明かせば結婚自体がお流れになってしまうかもしれない危機に、3人の友人たちは知恵を絞って式を挙行しようとする。低予算ながらも、驚異的なヒットとなった作品。

再上映作品

シャンカラーバラナム 不滅のメロディ(原題:Sankarabharanam)
『シャンカラーバラナム 不滅のメロディ』画像監督:K・ヴィシュワナート
キャスト:J・V・ソーマヤージュル、マンジュ・バールガヴィ、トゥラシ・シヴァマニ
音楽:K・V・マハーデーヴァン
1979年(2015年リマスター版)/ タミル語/136分/ 映倫区分:G ©Poornodaya Art Creations

南インド古典声楽の巨匠シャンカラ・シャーストリと、彼を崇めるトゥラシ。娼家に生まれたトゥラシは神前の巫女のようにシャンカラに仕えたいと望んでいたが、残酷な運命はそれを許さない。二つの純粋な魂の彷徨の道筋を彩る古典音楽と古典舞踊の饗宴。求道と信仰が一つになる圧巻のクライマックス。インド映画の「芸道もの」の金字塔。「IMW2022パート1」上映の人気作品。
※2015年にデジタルリマスターされたタミル語吹替版。

マドラス 我らが街(原題:Madras)
『マドラス 我らが街』画像監督:パー・ランジット(『カーラ 黒い砦の闘い』)
キャスト:カールティ(『囚人ディリ』)、キャサリン・トリーサ、カライヤラサン
音楽:サントーシュ・ナーラーヤナン(『カーラ 黒い砦の闘い』『僕の名はパリエルム・ペルマール』)
2014 年/ タミル語/ 150分/ 映倫区分:G ©Studio Green

タミルナードゥ州の州都、かつてマドラスと呼ばれていたチェンナイ。その北部のヴィヤーサルパーディという地区は、公団団地が林立し、ダリト(被差別カースト)を始めとする低層階級の住むコロニー。このコロニーは対立する政党によって二分されていた。ここに生まれ育ったカーリは、ホワイトカラー職に就き、余暇にはサッカーに熱中し、毎日を楽しく暮らしていた。政治活動に熱心な親友のアンブに引きずられて、彼は派閥抗争に巻き込まれていく。パー・ランジット監督は本作で大きな注目を集め、多くの映画賞を受賞しただけでなく、大スター、ラジニカーント主演作品を手掛けるチャンスを得た。カールティ(『囚人ディリ』)主演。「IMW2022パート1」上映の人気作品。

ピザ 死霊館へのデリバリー(原題:Pizza)
『ピザ 死霊館へのデリバリー』画像監督:カールティク・スッバラージ(『ジガルタンダ』『女神たちよ』)
キャスト:ヴィジャイ・セードゥパティ(『キケンな誘拐』『俺だって極道さ』)、ラミャ・ナンビーサン、カルナーカラン(『キケンな誘拐』)
音楽:サントーシュ・ナーラーヤナン(『カーラ 黒い砦の闘い』『僕の名はパリエルム・ペルマール』)
2012年 / タミル語 / 128分 / 映倫区分:G ©Thirukumaran Entertainment

ピザ配達員のマイケルは幼馴染のアヌと同棲中。都会の片隅でささやかな暮らしを営んでいた。ある夜マイケルがピザを届けにとある豪邸に赴くと、受取人の女性が途中で消え、不可思議な出来事が立て続けに起こり、彼はそこから逃れられなくなってしまう。その館では過去に何が起こったのか。一方、少し前に、ピザ店のオーナー宅では、少女への憑依現象が起こっていた。二つの怪異の間には関係があるのか。2000年代後半のタミル語映画界に興こった「タミル・ニューウェーブ」の潮流から生まれた作品の中で、本作はホラー作品としては突出した高評価を得た。他の言語にもリメイクされたカルト的な一作。「IMW2022パート1」上映の人気作品。

ジッラ 修羅のシマ(原題: Jilla)
『ジッラ 修羅のシマ』画像監督:R. T. ネーサン
出演:モーハンラール(『ザ・デュオ』)、ヴィジャイ(『サルカール 1票の革命』『マジック』)、カージャル・アグルワール(『バードシャー テルグの皇帝』)
音楽:D・イマーン
2014年 / タミル語 / 176分 / 映倫区分:PG12(暴力シーンあり)©Supergood Films

マドゥライを支配するマフィアの首領シヴァンに育てられ、その右腕として地域を仕切るシャクティのあだ名はジッラ(縄張り)。ある時シヴァンは、新しく着任した警視総監から犯罪集団の取り締まり強化を宣言される。危機感を感じたシヴァンは嫌がるシャクティを、介入抑止のため警察官にさせる。だがそれは、親子断絶の始まりだった。タミル語映画界の人気俳優、ヴィジャイ(ビギル 勝利のホイッスル)と、〝完璧俳優〟と称されるマラヤーラム語映画界の大スター、モーハンラール(ザ・デュオ)が共演。ギャングものでありながら、コメディ満載、ダンスもあり、家族のドラマにほろりとする。京都や鳥取で撮影されたソングシーンが含まれる。「IMW2020リターンズ」上映の人気作品。

サルカール 1 票の革命(原題: Sarkar)
『サルカール 1 票の革命』画像監督:A・R・ムルガダース(『ダルバール 復讐人』)
出演:ヴィジャイ(『ジッラ 修羅のシマ』『マジック』)、キールティ・スレーシュ(『伝説の女優 サーヴィトリ』)、ヴァララクシュミ・サラトクマール、ラーダー・ラヴィ(『キケンな誘拐』)
音楽:A・R・ラフマーン(『ムトゥ 踊るマハラジャ』)
2018年 / タミル語 / 162分 / 映倫区分PG12(焼身自殺のシーンあり) ©Sun Pictures

米国在住の大富豪スンダルは、タミルナードゥ州議会選挙への投票のため一時帰国でチェンナイを訪れる。投票所で彼が知ったのは、何者かが彼に成りすまして既に投票を終えていたということだった。スンダルは司法に訴えて再投票の権利を勝ち取るが、その過程で既存の政治家たちの腐敗を目の当たりにして、さらなる行動に打って出る。「1票の重み」のテーマから始まり、現実世界の既成政党への批判を縦横に繰り広げたため、現地での封切り時には物議をかもした。強面なヴァララクシュミ・サラトクマールの迫力ある悪役ぶりも大いに注目された。IMW2019上映の人気作品。

マジック(原題: Mersal)
『マジック』画像監督:アトリ(『ビギル 勝利のホイッスル』『ジョンとレジナの物語』)
脚本:アトリ、V・ヴィジャエーンドラ・プラサード、ラマナギリーヴァーサン
出演:ヴィジャイ(『サルカール 1票の革命』『ジッラ 修羅のシマ』)、サマンタ(『マッキー』)、カージャル・アグルワール(『バードシャー テルグの皇帝』)、ニティヤ・メーノーン(『ウスタード・ホテル』)、S・J・スーリヤー(『女神たちよ』)、サティヤラージ(『バーフバリ』シリーズ)
音楽:A・R・ラフマーン(『ムトゥ 踊るマハラジャ』)
2017年 / タミル語 / 169分 / 映倫区分:R15+(肉体損壊の場面あり)© Sony Music India, © Sri Thenandal Films

チェンナイの低所得者層地域で開業するマーラン医師は、低額で患者を診る人徳者で、国際会議でも表彰される。しかしその周りで医療関係者の不審死が起こり、警察は彼を拘束して尋問する。そこで浮かび上がったのは、ヴェトリという名の彼と瓜二つの奇術師だった。V・ヴィジャエーンドラ・プラサード(『バジュランギおじさんと、小さな迷子』)が脚本に加わり、娯楽性がある社会派スリラーに仕上がっている。インディアン・シネマ・ウィーク2018上映の人気作品。

まばたかない瞳 バンガロール連続誘拐殺人
(原題: Imaikkaa Nodigal)
『まばたかない瞳 バンガロール連続誘拐殺人』画像監督:R・アジャイ・ニャーナムットゥ
出演:ナヤンターラ(『至高の奉仕』『ビギル 勝利のホイッスル』)、アタルヴァー・ムラリ、アヌラーグ・カシャップ、ラーシー・カンナー/ヴィジャイ・セードゥパティ(特別出演)
音楽:ヒップホップ・タミラー
ジャンル:クライム・スリラー 2018年 / タミル語 / 168分 / 映倫区分:PG12(暴力シーンあり)©Cameo Films India, ©Drumsticks Productions

バンガロールを震撼させる連続誘拐殺人事件。富裕層の子弟が誘拐され、身代金が払われるにもかかわらず惨殺されるのだ。捜査に当たる中央捜査局のアンジャリは、犯人を自称するルドラという男に肉薄しながらも取り逃がしてしまう。犯人、警察、中央捜査局が三つ巴となっての息詰まる追跡劇。映画監督アヌラーグ・カシャップの怪演が印象的。「IMW2021」上映の人気作品。

双璧のアリバイ(原題: Thadam)
『双璧のアリバイ』画像監督:マギル・ティルメーニ
出演:アルン・ヴィジャイ(『サーホー』)、タニヤー・ホープ、スムルティ・ヴェンカト、ヨーギ・バーブ(『僕の名はパリエルム・ペルマール』)、ジョージ・マリヤーン(『囚人ディリ』)、ヴィディヤ・プラディープ、ソニヤ・アグルワール 音楽:アルン・ラージ
2019年 / タミル語 / 131分 / 映倫区分:G

大雨の夜に静かな住宅街の一軒で起こった殺人事件。犯人を特定できる遺留物は見つからず、被害者の交遊関係にも怪しい人物は見当たらなかった。しかし、同じ夜に隣家の住人が偶然撮影したセルフィーの片隅に、不審な人影が映り込んでいた。土木技師のエリルはその人影と同一人物であるとして拘束される。法の抜け穴をきわどく攻める犯罪スリラー。「IMW2021」上映の人気作品。

公式サイト 公式twitter

2022年10月6日(木)まで、キネカ大森にて開催中

2022/09/11/19:53 | トラックバック (0)
特集上映PickUp ,NEWs
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2021 INTRO