インタビュー
入江甚儀/『流れ星が消えないうちに』

入江 甚儀 (俳優)
映画『流れ星が消えないうちに』について【4/4】

2015年11月21日(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

公式サイト 公式twitter 公式Facebook (取材:深谷直子)

入江甚儀3――これから演じてみたい役はありますか?

入江 何でもやりたいです。ちょっと前までは「犯罪者の役がやりたいです」って言っていた気がするんですけど、それって分かりやすいからだけであって、今回やった『流れ星が消えないうちに』の巧の役だとか、別にそんなに特徴はない役だけど、ちゃんと人間であって。その人格を演じることで見えてくることがたくさんありました。多分どんな役でもちゃんとやれば全部楽しいと思うんです。ヴァイオリン奏者でも、それこそ犯罪者でも、フリーターとかニートでも。だから「何でもやりたい」って言うからには、ひとつひとつの役にちゃんと臨みたいですね。その役になり切れるように。

――頼もしいですね。巧も本当に生き生きした人間になっていました。完成した映画を観たときにはどんなことを思いましたか?

入江 僕は、映画を観る側としても『流れ星が消えないうちに』のような1回観ただけでは終わりにならない映画が好きなんですよ。何回も観たくなるような、で、年齢とか観るときによって映画の見え方が変わるような映画が好きなんです。で、俳優としてやってきていてそういう映画に出たいと思っていたので、観終わった瞬間に「ああ、めぐり逢えた」と思いました。観た人の中にも残る映画だと思います。人は生活していく中で、挫折することって多々あるわけじゃないですか。でもあがいて立ち直って生きていくわけで。この映画も、今何かを抱えている人が、そこに立ち向かおうとしている。奈緒子も巧も、奈緒子のお父さんも妹も。それで彼らは悩んでいるけど、解決したいから悩んでいるんです。だから、誰にでも共通することを描いている映画だし、観た人がこれからの人生の中で、恋愛だとか仕事だとかでつまずくたびに力になる映画になったなと思います。

――みなさんの力で本当に素敵な作品になりましたね。これでもう入江さんの願い事はひとつ叶ったことになりますが、今流れ星が流れたら、とっさにどんな願いをかけますか?

入江 本当にシンプルな気持ちですけど、「この映画をいろんな人に観てもらえますように」って願いますね。やっぱり映画って観てもらわなくちゃ意味がないと思いますので。いろんな人に観ていただけたらいいですね。

――素晴らしい(笑)! 私もこの映画が多くの方に届くことを心から願っています。今日はどうもありがとうございました。

( 2015年10月26日 都内で 取材:深谷直子 )

123 4

流れ星が消えないうちに 2015 年/日本/カラー/ヴィスタ/5.1ch/124 分
出演:波瑠 入江甚儀 葉山奨之 黒島結菜 西原亜希 岸井ゆきの 八木将康 渡辺早織 古舘寛治 石田えり 小市慢太郎 原作:橋本紡『流れ星が消えないうちに』(新潮文庫刊) 監督・脚本:柴山健次
主題歌:塩ノ谷早耶香「流れ星」(キングレコード)
挿入歌:桐嶋ノドカ「柔らかな物体(piano ver.)」(A-Sketch)
配給:アークエンタテインメント 協力:武蔵野市 三鷹市 © 2015 映画「流れ星が消えないうちに」製作委員会
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2015年11月21日(土)より角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

2015/11/18/10:54 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO