NEWs

東京国際映画祭、田辺・弁慶映画祭ほか、国内外の映画祭で喝采!
実際のごみ収集会社が全面協力。評価が高まるキャスト・スタッフの渾身作

ゴミ収集員の仕事を通して描かれる“再生の物語”
ゴミ屑と花

『ゴミ屑と花』画像 『ゴミ屑と花』場面画像1

公式サイト 公式Instagram

2024年9月1日(日)~5日(木) にテアトル新宿、
9月21日(木) テアトル梅田にて劇場公開

INTRODUCTION

陰に日向に働くひとりひとりに捧げる。
ゴミ収集員の仕事を通して描かれる“再生の物語”

精神的な理由により自衛隊のパイロットを辞め、家族を養うためにゴミ収集の仕事に転職した浩一。指導員・花とともに深夜の収集を担当し、重く汚れたゴミの量に圧倒される。批判、感謝、無関心、様々な人の眼差しを受けながら、周囲を汚さず通行者に配慮しながらひたむきに働く花。浩一はそんな彼女の生き方に、ある種の“美しさ” を感じ始める――。

ここで生きていく。
ゴミ収集員に転職した主人公と行き交う人々の眼差し

世界各国の映画祭で注目! 綿密な取材と実際のゴミ収集会社の協力により制作された『ゴミ屑と花』。後悔や喜び、感情を循環させながら生きていくこの毎日。転職した主人公、自営業の店主、サラリーマン、外国人の主婦、行き交う人々。 30 分の短編映画が描く彼らの瞳のその先を、皆さんと一緒に想像したい。夜の街を駆ける主演のふたりは、『唄う六人の女』 (23) 出演のほか、 映画、ドラマ、舞台等、 メジャー、インディペンデントを問わず、数々の作品に出演する植木祥平と、『ボクたちはみんな大人になれなかった』 (21) 出演のほか、 モデル・パーソナリティなど幅広く活躍する花柳のぞみ。
監督は、 中田秀夫、黒沢清、三池崇史や日本映画界を牽引する監督たちの現場に参加してきた新鋭・大黒友也。

併映作品として大黒友也監督最新作『ユウジッ!!』(2024)を上映。各回上映後にはトークイベントを予定している。

『ゴミ屑と花』場面画像2 『ゴミ屑と花』場面画像3

映画祭 入選・受賞

  • 2023 年 第 36 回東京国際映画祭 Amazon prime テイクワン賞 ファイナリスト
  • 2023 年 第 17 回田辺・弁慶映画祭 映画.com 賞受賞
  • 2023 年 第 2 回東京インディペンデント映画祭 準グランプリ受賞
  • 映文連アワード 2023 パーソナル・コミュニケーション部門 部門優秀賞受賞
  • 2023 年 第 24 回 TAMA NEW WAVE ある視点部門 ノミネート
  • 2023 年 第 21 回 うえだ城下町映画祭 柘植靖司賞 受賞
  • 2023 年 第 18 回 那須国際短編映画祭 2023 観客賞 フィルムコミッション賞
  • 2023 年 第 29 回 函館港イルミナシオン映画祭 ショートムービーコンペティション観客賞受賞
  • 横浜インディペンデント・フィルム・フェスティバル 2023 優秀作品賞受賞
  • 2023 年 第 2 回 宮古島チャリティー国際映画祭 短編部門 特別賞受賞
  • 2023 年 第 25 回 長岡インディーズムービーコンペティション ノミネート
  • 神戸インディペンデント映画祭 2023 ノミネート
  • NEW YORK SHORT INTERNATIONAL FILM FESTIVAL ノミネート
  • Montreal Independent Film Festival ノミネート
  • Chinatown Film Festival 国際映像ノミネート
  • NICE International Film Festival ノミネート
  • Los Angeles Independent Film Festival Awards ノミネート
コメント
  • 大黒友也(脚本・ 監督)
    この物語を書くときに、様々なゴミ収集員の方に取材をした。その中でゴミ収集の仕事を『ゴミ屋なんて誰でもできる、大したことない仕事』だと寂しそうに言う人がいた。そんなことはない、と私は強く伝えられなかった。軽く、『そんなことないですよ』としか伝えられなかった。
    コロナ禍ではエッセンシャルワーカーの存在が脚光を浴びた。制限がかけられ、これからどうなるのか正解が分からない不安を感じた日々。その日々を支える人々に改めて感心する中で、その人はそう言った。だから私はゴミ収集の世界を描いた一夜の物語を、ゴミ収集員の方たちに向けて届けたいと思った。
    『そんなことはない』と、その人に強く伝えるために。この映画がたくさんの人の心に届くことを願っています。
  • 植木祥平/浩一 役
    ゴミ収集車の運転席に座ると、ワクワクと心が踊る。不思議と少年時代を思い出した。そうか、このワクワクは浪漫だ。主人公の浩一も、運転席に座る姿とコックピットに座る姿を無意識の内に投影することで、きっと同じ事を思っただろう。ゴミ収集員の方の背中は、広く大きく、とてもカッコよかった。輝いて見えた。私たちが毎日気持ちよく朝を迎えることができるのは、こういう方々のおかげだと。どこまでも清く美しく、誇り高き仕事。まさに、ヒーローだ。私たちの日常の暮らしの背景には、こうしたヒーロー達の存在がある。そんな事を思いながら、私は今朝もゴミを出す。以前より少し優しい気持ちになれた特別な朝。
    ヒーロー達の勇姿を、是非ともスクリーンでご覧ください。この映画が少しでも多くの方に届きますように。
  • 花柳のぞみ/花 役
    どんな風に続いてゆくのだろう、自分の役者の道は、人生は。と思い悩み鬱々としていた時に出会った作品でした。
    撮影が終わって思ったことは、淡々と日々やるべきことをやるしかないのだ、と。それが明日に繋がっていくと信じて。これは『ゴミ屑と花』に出会ったおかげで気づいたことです。 皆さんがこの映画に出会ってどんなことを感じるのかとても楽しみです。
  • 中田秀夫(映画監督)
    未明の道をひたすらに往くゴミ収集車の後ろ姿に見惚れた。機能的なはずのその姿は、主人公たちの人生の伴走者のようで、大きな包容力と無上の優しさを感じさせる 。
『ゴミ屑と花』場面画像4 『ゴミ屑と花』場面画像5
CREDIT
ゴミ屑と花
2023 年/30 分/ 日本/ カラー/16:9/ ステレオ
出演:植木祥平,花柳のぞみ,岩本淳,木村知貴,ステファニー・アリアン,中野剛,岩立紫竜
脚本:小谷香織,大黒友也 監督:大黒友也
音楽:今村左悶 撮影:佃友和 照明:竹森哲平 録音:荒武芙紗子 助監督:山本屋歩
ヘアメイク :石部順子,伊藤まどか 編集:𠮷川智也 整音:茂木祐介 スチール:西永智成
キャスティング協力:杉山麻衣 ドローン撮影:高橋智紀 車両運行支援:尾崎裕司
制作応援:佛木雅彦 演出応援:羽生敏博 撮影応援:岡本錬,佐藤大真 VFX:渡邊広樹
スタジオオペレーション:大村知也 音楽ミックス:江渡佳彦,今村左悶
音楽協力:エム・スタイル 字幕:近藤希美 協力:武松商事株式会社
配給: OHGURO FILM ©OHGURO FILM

公式サイト 公式Instagram

2024年9月1日(日)~5日(木) にテアトル新宿、
9月21日(木) テアトル梅田にて劇場公開

2024/06/08/18:52 | トラックバック (0)
NEWs ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2024 INTRO