(2007年 / アメリカ / ポール・グリーングラス)
語るべきことを語り、描くべきことを描いてスカっと完結。これでいいのだ!

佐藤 洋笑

 以下の文章は、マット・デイモン主演、ポール・グリーングラス監督作品『ボーン・アルティメイタム』鑑賞後の、あるアクション/クライム・ムーヴィー・ファンの二人――仮に黒岩と大門と呼びます――の雑談の抜粋であります。

ボーン・アルティメイタム1大門 いやあ、ついに完結と思うと感慨深いッスね、クロさん! 『ボーン・アルティメイタム』どうでしたか?

黒岩 いやあ、考えてみれば第一作『ボーン・アイデンティティー』は2003年の正月に日本公開だったからな。そして、2005年明けてすぐの第二弾『ボーン・スプレマシー』を経て、足掛け四年か。長らく楽しませていただきアリガトさんです。

大門 誰に言ってんスか? 

黒岩 まあ、主演・マット・デイモンはじめキャスト、スタッフへの賛辞よ。

大門 おお、いつもと違って大分ポジティヴですね。

黒岩 まあ、それまでピンと来てなかったマット・デイモンのよさにはこのシリーズで気づいたしね。ケッコー思い入れがあるのよ。

大門 共演者と次々に浮名を流すのが不思議な無骨な顔ぐらいに思ってましたが、このシリーズには無茶苦茶ハマりましたからね。あのココロの奥で笑っていない目が暗殺者にはピッタリ。後半の回想シーンで徐々に表情を失い、冷徹に引鉄を引くシーケンスの顔では『ヘンリー』のマイケル・ルーカーを思い出しましたよ。

黒岩 ああ、レクター博士のモデルとなったとも伝えられる史上最悪の大量殺人者を演じた男な。まあ、これをホメ言葉と受け取ってもらえるか心配なので、あまり深入りはしないが。

大門 まあ、しかし、今回もテンポ早くて一時も目が離せませんでしたね。チト疲れた(笑)。最終章ですからね、もっとドッシリかまえているかと想像したんですけど。

ボーン・アルティメイタム黒岩 うん、しかし、オレはこの作品の異様なテンポと情報量はイイ意味での現代風と感じていて、大いに肯定するのよ。ハンディ・カメラも多用してるんだろうな、画面はぶれるし、フレームの手前にはいつも何か入り込んでいるし、カットは飛びまくる。これを、一部でなくて全編押し切ってしまう荒業が、この作品独特のスタイルに結実していると思うね。また、エシュロン、いわゆる神の目と呼ばれる情報網に取り囲まれた管理社会と、個人の対決っていう大テーマを描くのにも、不可欠だと思う。これを嫌味に感じさせないということは、手法と作品のテーマがバッチリ噛み合ったってことの証拠だと思うよ。それだけのことを手際よく描きつつ、上映時間は115分というタイトさも素晴らしい。語るべきことを語って、描くべきことを描いて、見事に完結している。

大門 確かに序盤の新聞記者に指示を出しつつ監視網をかいくぐるあたりはその手法が存分に発揮された名シーンでしたね。昔の話になりますが、ウィリアム・フリードキンあたりのドキュメント・タッチを現代風に解釈、いや、それこそあのムチャな編集はリミックスしたものと呼んでもいいかもしれませんね。

黒岩 そうだな、オレらロートルのアクション映画ファンとしては、このシリーズには現代の匂いを感じるとともに、何故か安心感があるんだ。それこそ、偶然の一致だろうけど、70年代あたりの日本の刑事ドラマっていうのは、特にアクション物だと手ブレ上等ぐらいの勢いでカメラが走りまわり、刑事たちを執拗に追っていたじゃない。そこが独自の緊迫感として観た者の胸に印象づいている。

大門 村川透なんかはそれで名を残しましたからね。

黒岩 そうしたノリと合い通じるものを感じるんだよね。それこそ、日本では予算とか規模の問題もあって編み出された手法なんだろうけど、そうした手法を意識的に取り入れることで、凡百のハリウッド・アクションとは一線を画すことに成功していると思う。

大門 意外と日本の映画やドラマも海外では見られてるっていいますからね、案外本当に影響を受けていたりして(笑)

黒岩 ハハハ、ジェイソン・ボーンのルーツはジェームズ・ボンドではなく、日本の刑事たちってか。それもいいな。まあ、とまれ、ラスト・シーン、ボーンの動きが止まって心地よくじらされた挙句にスカっと幕引き! あのカタルシスは読者の皆さんにも味わってほしいね。じゃ、そろそろ飲むか!

大門 クロさん、好きなんだから、もう! ネぇちゃん、生ビールジョッキ二つ!

(2007年11月某日 歌舞伎町・「ハイディ日高屋」にて)

(2007.11.27)

ボーン・アルティメイタム 2007年 アメリカ
監督:ポール・グリーングラス 脚本:トニー・ギルロイ,スコット・Z・バーンズ,ジョージ・ノルフィ 撮影:オリヴァー・ウッド
出演:マット・デイモン,ジュリア・スタイルズ,デヴィッド・ストラザーン,スコット・グレン,パディ・コンシダイン,
エドガー・ラミレス,ジョーイ・アンサー,コリン・スティントン,アルバート・フィニー,ジョーン・アレン,トム・ギャロップ,
コーリイ・ジョンソン,ダニエル・ブリュール
(C)2007 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.
公式

2007年11月10日、日劇1ほか全国ロードショー

ボーン・アルティメイタム
ボーン・アルティメイタム
おすすめ度:おすすめ度5.0
ボーン・アイデンティティー
ボーン・アイデンティティー
おすすめ度:おすすめ度4.0
ボーン・スプレマシー
ボーン・スプレマシー
おすすめ度:おすすめ度4.0
ジェイソン・ボーン スペシャル・アクションBOX
ジェイソン・ボーン
スペシャル・アクションBOX

おすすめ度:おすすめ度4.5

2007/11/27/15:39 | BBS | トラックバック (10)
佐藤洋笑 ,今週の一本 ,「ほ」行作品
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

77『ボーン・アルティメイタム』を鑑賞しました。 A はっしぃの映画三昧!

映画を鑑賞しました。秊 77『ボーン・アルティメイタム』 評価:★★★☆☆ 原題...

Tracked on 2007/11/27(火)16:42:06

77『ボーン・アルティメイタム』を鑑賞しました。 A はっしぃの映画三昧!

映画を鑑賞しました。秊 77『ボーン・アルティメイタム』 評価:★★★☆☆ 原題...

Tracked on 2007/11/27(火)16:42:06

映画レビュー「ボーン・アルティメイタム」 A 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評

◆プチレビュー◆まれに見る出来の良さで3部作をしめくくる人気アクション・シリーズ完結編。気合の入った映像は興奮もの。 【85点】 記憶を失くし、愛する人を...

Tracked on 2007/11/27(火)16:46:32

『ボーン・アルティメイタム』 --- なぜこれほど加速するのか? A L'ATALANTE

シリーズ完結編、『ボーン・アルティメイタム』(The Bourne Ultimatum 2007)を鑑賞。理屈を後回しにして、私の立場を明確にするために最...

Tracked on 2007/11/27(火)20:36:01

ボーン・アルティメイタムを見たよ A 日本サッカーホールディングス

シリーズ完結作。 続編になるほど面白くなることはないですが 全シリーズを通して一定のクオリティを保ち 満足度の高かった映画でした。 今回は追い...

Tracked on 2007/11/27(火)21:51:02

ボーン・アルティメイタム A ダイターンクラッシュ!!

11月14日(水) 21:15~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフ:600円 『ボーン・アルティメイタム』公式サイト ...

Tracked on 2007/11/28(水)19:35:18

ボーン・アルティメイタム(評価:☆) A シネマをぶった斬りっ!!

【監督】ポール・グリーングラス 【出演】マット・デイモン/ジュリア・スタイルズ/パメラ・ランディ/デヴィッド・ストラザーン/アルバート・フィニー/ス...

Tracked on 2007/11/28(水)22:43:20

ボーン・アルティメイタム A 楽天自転車

俺はいったい何者だったんだ?エイガドットコムボーン・アルティメイタムを見たかったもんですから、前作の2作品を買ってしまいました。 安いし…、いっぺんに前作...

Tracked on 2007/12/01(土)10:49:28

★「ボーン・アルティメイタム」 A ひらりん的映画ブログ

今週の平日休みも川崎のシネコンはしごしての2本立て。 その2本目。 いまや、ギャラ当たりの興行収入が一番多い売れっ子俳優のマット・デイモンが主演。 ...

Tracked on 2007/12/07(金)03:57:22

「 ボーン・アルティメイタム /THE BOURNE ULTIMATUM (2007) 」 A MoonDreamWorks★Fc2

【 ボーン・ア...

Tracked on 2007/12/09(日)14:32:40

映画:ボーン・アルティメイタム A 駒吉の日記

ボーン・アルティメイタム(シネマイクスピアリ) 「デビット・ウェッブ、生年月日は4-15-71」 ボーン・アイデンティティーと本作のNYパート...

Tracked on 2007/12/13(木)17:13:39

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO