インタビュー
梅田誠弘(俳優)『かぞくへ』

梅田 誠弘 (俳優) 映画『かぞくへ』について【6/6】

2018年7月15日(日)~21日(土)15:00より、深谷シネマにて上映。
※7月15日(日)のみ上映後に春本雄二郎監督の舞台挨拶あり
※7月17日(火)休館

公式サイト 公式twitter 公式Facebook (取材:深谷直子)

梅田誠弘3
――このあとはどんな役をやってみたいですか?

梅田 『かぞくへ』の洋人がいい人、強い人の役だったので、悪役とか、逆になよなよした役をやってみたいですね。

――恋愛映画とか観てみたいです。

梅田 そうですね、恋愛とかをしっかりやれる役もそんなにやったことがないので。洋人もそうですけど、今まではちょっとコワモテの役が多かったんです。だからフワフワっとしたような弱い役がやりたいです。

――確かに。どちらかというと優男系という気がするのに、なぜかコワモテの役が多いですよね。内田英治監督の映画によく出ていますね。

梅田 はい、内田さんの映画(『下衆の愛』・16、『獣道』・17)は両方ヤンキーでした。

――『かぞくへ』では梅田さんの演技力も評判になっていますので、これからも面白い作品で活躍してほしいです。今年は『かぞくへ』をはじめインディーズ映画に傑作が多く、こんなにいい俳優さんがいるんだな、という発見も多いです。梅田さんも盛り上がりを実感していらっしゃるのではないでしょうか?

梅田 それぞれの作品、もちろんいろんな事情が絡んでいますけど、まずはやりたいことがしっかり形にできているのが素晴らしいと思いますね。インディーズはそれができる環境にあるので、力を持ってもっと広がっていったらメジャーの人も「そっちのほうがいいんじゃないの?」という感じになって、どんどん面白いことになると思います。インディーズが盛り上がるには観客の力というのも大きいですよね。ツイッターなどSNSでの観た人の発信力というのはすごいなと思います。東京とかの大都市で作品の観方が盛り上がって、地方でも「そういう作品を観てみよう」みたいに広がってほしいですね。そうやって日本のシステムががっちり固まっていけば、日本映画は海外に対しても強いものになっていくと思います。

( 2018年5月19日 下北沢トリウッドで 取材:深谷直子 )

12345 6

初日舞台挨拶開催 7月15日(日) 上映後に春本雄二郎監督の舞台挨拶 劇場公式ページ
かぞくへ ( DCP/シネスコ/5.1ch/カラー/2016/日本/117分 )
出演:松浦慎一郎,梅田誠弘,遠藤祐美,三溝浩二,おのさなえ,下垣まみ,瀧マキ,森本のぶ
監督・脚本・編集:春本雄二郎
撮影:野口健司 照明:中西克之 録音・整音:小黒健太郎 制作:福田智穂 助監督:浅見佳史
音楽:高木聡 プロデューサー:深谷好隆,春本雄二郎,南 陽 海外セールス:植山英美(ARTicleFilms)
配給:『かぞくへ』製作委員会 配給協力:コトプロダクション ©『かぞくへ』製作委員会
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年7月15日(日)~21日(土)15:00より、深谷シネマにて上映。
※7月15日(日)のみ上映後に春本雄二郎監督の舞台挨拶あり
※7月17日(火)休館

2018/07/09/22:36 | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO