タグ『浅野忠信』 が指定されているエントリー

予告編:『幼な子われらに生まれ』/8月26日公開/重松清の同名傑作小説を映画化/家族の“役目”をうまく担えない不器用な大人たちが、新たな“家族”になるべく葛藤し成長する姿を描いた人生賛歌 Posted at 2017/08/20/21:29
重松清の同名傑作小説を映画化した本作は、父、母、夫、妻といった家族の“役目”をうまく担えない不器用な大人たちが、新たな“家族”になるべく葛藤しながら成長していく姿を描いたヒューマンドラマだ。...

映画『47RONIN』記者会見レポート Posted at 2013/12/06/21:13
去る11月18日、現在公開中のハリウッド版「忠臣蔵」として注目を集める『47RONIN』の記者発表が行われ、カールリンシュ監督とキアヌリーブス、真田広之、浅野忠信、菊地凛子、柴咲コウ、赤西仁が登壇した。その模様をお伝えする。 2013年12月6日(金)より TOHOシネマズ 日劇ほか全国ロードショー !! ...

4月30日公開『これでいいのだ! 映画☆赤塚不二夫』特製オリジナルTシャツプレゼント! Posted at 2011/04/16/17:04
浅野忠信×堀北真希主演で、ギャグ漫画の王様・赤塚不二夫の半生を描いた映画『これでいいのだ! 映画☆赤塚不二夫』の特製オリジナルTシャツを2名様にプレゼントします!2011年4月30日(土)より、全国ロードショー 応募締め切り 4月30日(土)...

冨永昌敬監督インタビュー:映画『乱暴と待機』について Posted at 2010/11/17/12:02
本谷有希子は演劇界と文学界の両方で注目を集める才能で、映画化作品に「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」があるが、「乱暴と待機」が映画化され公開中である。「覗くこと」と「覗かせること」というという歪んだ愛情表現でしか愛を表現できない男と女と、一組の夫婦の奇妙な関係を描き、浅野忠信、美波、小池栄子、山田孝之の4人が濃密なアンサンブルを見せてくれる。監督は「パビリオン山椒魚」「パンドラの匣」などの異才である冨永昌敬。その冨永監督に話しをうかがった。 テアトル新宿他全国にて絶賛公開中!!...

「R246 STORY」の監督6人全員による初日舞台挨拶が決定! Posted at 2008/08/16/16:19
国道246をテーマに、浅野忠信、中村獅童、須藤元気、VERBAL(m-flo)、ILMARI(RIPSLYME)、ユースケ・サンタマリアの6人が監督に挑んだ話題のオムニバスショートフィルム「R246 STORY」の公開にあわせ、監督6人が一堂に会しての舞台挨拶が行われることが決まった。8月23日より、ブリリアショートショートシアター他にて公開...

「ShortShortsFilmFestival&Asia2008」同時開催決定!! Posted at 2008/03/30/15:01
アジア最大級の短編映画の祭典「Short Shorts Film Festival」が今年も開催される。様々なプログラムで著名映画人達のショートフィルムが特別上映されるなど、賞レース以外にも見どころは盛り沢山。詳細が分かり次第、順次情報をお伝えしていく。2008年6月6日(金)~6月14日(土)、東京・ラフォーレミュージアム原宿ほかにて開催...

サッド ヴァケイション Posted at 2007/11/06/12:12
そして物語は『地の果て、至上の時』へ / 青山真治自身による原作小説を先に読んだ。地方を舞台にしたサーガという構造や「~したのだった」という言い回しを多用する独特の文体、「健次」や「秋彦」などという身も蓋もない名前を使うことで、ほとんど涙ぐましいまでに中上健次への赤裸々な愛情と信仰を吐露して......

埋もれ木 Posted at 2005/08/01/07:43
「埋もれ木」の物語批判と映像の幻惑作用/Text By 小林泰賢 小栗監督久々の新作「埋もれ木」は、一つの町に住む様々な住人の生活や気持ちを具体的、象徴的、幻想的ないくつかのレベルで描写し、独特の世界を作り出している。どのシークエンスも淡い中...

ヴィタール Posted at 2005/05/01/12:54
『ヴィタール』(2004 / 日本 / 塚本晋也 ) Text By 膳場 岳人  塚本晋也監督と浅野忠信がタッグを組んで、世にも感動的な映画を作り上げた。この映画は人間の「生死」というものを、真っ向から描こうとしている。それから「霊」なるものの重みを完全に把握している。何より、誰かへの愛がすべての......

ヴィタール Posted at 2005/05/01/12:53
Text By 仙道 勇人  「肉体と記憶を巡る壮大な愛の物語」「主人公のモデルは、14世紀のイタリアの天才、レオナルド・ダ・ヴィンチである」いずれも本作のキャッチコピーであるが、どうしてこういう的外れなことを思いっ切り前面に押し出すのだろうか、......

珈琲時光 Posted at 2005/05/01/12:36
Text By 膳場 岳人  夏の透明な光があふれる画面の中で、我を張らない人々が穏かな表情でたたずみ、微笑やさりげない言葉をかわし合う。人と人とのあいだでかわされる感情の機微を、目に見えないほど繊細に、自由に積み上げた、侯孝賢の快作である。  台湾人......

珈琲時光 Posted at 2005/05/01/12:35
Text By 百恵 紳之助  あの「童年往事」の!あの「川の流れに草は青々」の!あの大好きな侯孝賢が、小津安二郎大先生の生誕百年を記念して撮ったというなんだかとても記念記念した作品だ。  冒頭、ヒトトヨウがなにやら電話で話している後ろ姿が映し出されて......

珈琲時光 Posted at 2005/05/01/12:34
Text By 仙道 勇人  本作のタイトル『珈琲時光』が、「(珈琲を飲むことで)気持ちを落ち着け、心をリセットするひととき」といった意味であることを知った時、筆者は軽い驚きを覚えた。世のコーヒー好きなら誰でも承知しているであろう、あの"至福感"を表す......

珈琲時光 Posted at 2005/04/30/09:07
4月29日「珈琲時光」(03、日、侯考賢)を観る  どうも一青窈的な女の子と仲良く出来ないので、彼女の出ている、とても彼女らしい、こういう映画にはどこか畜生感がぬぐえません。  「そんなに突っかかんなよぉ」と言われる事は承知で、私のような上っ面と照らし合わせてしか映画を見られない女の感想しか出て来ま......

『珈琲時光』特集ヴェネチア国際映画祭上映後のコメント Posted at 2005/04/30/05:34
小津生誕100年を記念して侯孝賢監督がオマージュをささげて製作した「珈琲時光」のヴェネチア国際映画祭公式上映が、現地時間9月10日22時より、メイン劇場のSala Grandeにて行われた。前日に行われたプレス試写では、場内は満席で、冒頭の「小津安二郎生誕百年誕辰紀念」のクレジットが出た時から拍手が......

『珈琲時光』ヴェネチア国際映画祭到着時のコメント Posted at 2005/04/30/05:33
ヴェネチア国際映画祭コンペティション部門にノミネートされている「珈琲時光」に出演している一青窈、浅野忠信、侯孝賢監督が、9日ヴェネチア入りし、映画祭に望む心境を語った。 ヴェネチア映画祭には、侯監督は、グランプリを受賞した「悲情城市」以来15年ぶりの参加、一青窈は映画初出演にして初参加、浅野忠信は、......

購読

フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「浅野忠信」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO