新作情報

富山在住の新人監督・伊林侑香によるオール富山ロケ作品

幻の蛍

『幻の蛍』画像 『幻の蛍』場面画像1

公式サイト 公式twitter

2022年7月9日(土)より新宿 K’s cinemaにて公開

INTRODUCTION

一緒に見た光を、たぶんずっと覚えてる。

中川かなたは14歳の中学生。 両親の離婚により、転校した学校にも馴染めず日々を過ごしている。夏休みに入り、かなたはやることもなく母・奈保のスナックを手伝う毎日。 そんなある日、母から 「夏休みの思い出作りに、おばあちゃんち行ってくれば?」と提案される。気乗りしないまま祖母・吉乃の家を訪れたかなただったが、 そこで待っていたのは離れ離れになった妹の有田すみれだった。久しぶりの再会に無邪気に喜ぶすみれとは対照的に、素直になれないかなた。
どこかすれ違う姉妹だったが、 妹の願いから今の季節には現れないはずの蛍を探しに行くことになる。田を駆け、川を渡り、森を抜けた先に現れた奇跡とは。
夏休みの終わりに、煌めく思い出と消えることのない絆を取り戻す。富山を舞台に 現代の新しい家族の在り方を今一度考えるきっかけになるハートフルな冒険譚。

第17回大阪アジアン映画祭でも好評を博した『幻の蛍』は、富山県出身・在住で弱冠23歳の伊林侑香監督が初めてメガホンをとった長編劇映画。第33回フジテレビヤングシナリオ大賞で佳作を受賞した伊吹一氏によるオリジナル脚本をもとに、2021年に全編オール富山ロケにて撮影が敢行された。
100名を超えるオーディション参加者の中から富山県在住の野岸紅ノ葉が主人公・中川かなた役に、池田埜々耶がかなたの妹・有田すみれ役に抜擢され、岩井堂聖子、菊池亜希子、吉沢悠ら実力派キャストが脇を固めているほか、富山出身の椿原愛も出演。新人監督×新人俳優による瑞々しい、新たな青春映画が完成した。

『幻の蛍』場面画像2 『幻の蛍』場面画像3
COMMENTARY
  • なかなか自分の奥にある言葉は大切であるほど口に出す事はできないけれど、
    ただ一緒に歩くだけでその一歩がせきとめていた気持ちを流してくれる。
    雨が止んだ後の晴れ間は幻の蛍の様に優しい光でした。 ――田中美里(俳優)
  • 自分1人だけが頑張っている、と思い込んで鬱屈とした青春時代を送っていたあの頃の私に、この映画を観せてあげたい。
    静かに、淡々と進む物語を観終わったあと、私の中の14歳の私が微笑んだ。
    生きにくさを感じている、全ての人に届いてほしい映画です。
    ――佐藤みゆき(俳優)
  • 夏やすみ、小さな 2 人のシスターフッド。
    大人は些細に感じることでも、ふと救われたり、独りぼっちになってしまった、あの頃が蘇る。
    ワガママで純粋な詩人の言葉に、シュワッと心が泡立ちました。
    富山の空気、美味しそうだ――灯敦生(脚本家・俳優)
  • 我慢と不機嫌のあいだで揺らぐ達観と諦念。不平不満があるけれど、どうにもならないことは判っている。それに、誰かへ八つ当たりしていることだって判っている。何かを諦めかけているからこそ悟る、相手を推し量った“優しさ”の在り処がこの映画にある。 ――松崎健夫(映画評論家)
  • 少女が大人になっていく
    ちいさな奇跡の瞬間を
    その一瞬の息づかいを
    ひと夏のノスタルジーとともに
    クリアに捉えている。
    ひとりの人間が成長していく
    リアルがここにある。
    まるで、さなぎから蝶が飛び立つみたいに。
    静かに、そして鮮明に。 ――東紗友美(映画ソムリエ)
  • 朝日町に馴染み深い泊高校やさみさと小学校、自然豊かな笹川地区、移住交流体験施設さゝ郷ほたる交流館など、朝日町の夏の日常的な風景がとても綺麗に映し出されている作品です。
    この夏、是非とも多くの皆様にご覧いただき、『夏休みに田舎の祖父母の家に帰省した』かのような穏やかで優しい気持ちになっていただけたらと思います。
    ――笹原靖直(富山県朝日町長)
『幻の蛍』場面画像4 『幻の蛍』場面画像5
CREDIT
出演:野岸紅ノ葉,池田埜々耶,岩井堂聖子,山口詩史,椿原愛,保坂直希,菊池亜希子,吉沢悠 ほか
監督:伊林侑香
脚本:伊吹一 撮影・照明:渡辺浩章 録音:北野愛有,青石太郎,大町響槻,川越梨央
衣装・ヘアメイク:河合里美 助監督:内田知樹,松本大翔,種村晃汰 制作:水守里帆,平野五月
ポスター撮影:坂本欣弘 スチール:URARA,テオ イールイ 料理監修:伊林陽子 題字:緒形直人
主題歌:中山うり 「ホタル」(A.O.I/Tuff Beats) 作詞/作曲 中山うり
オリジナルサウンドトラック:All Music Produced byモリマツコウスケ/作曲・編曲 Misii
プロデューサー:福田賢志 保坂直希 制作プロダクション:合同会社コトリ
配給・宣伝:イハフィルムズ ©「幻の蛍」製作委員会
87分/5.1ch/ヨーロピアンビスタ/カラー/デジタル/DCP

公式サイト 公式twitter

2022年7月9日(土)より新宿 K’s cinemaにて公開

サマーフィルムにのって (初回仕様限定盤) (Blu-ray+DVD) (特典なし) サマーフィルムにのって (初回仕様限定盤) (Blu-ray+DVD) (特典なし)
2022/07/06/17:18 | トラックバック (0)
新作情報 ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2021 INTRO