今週の一本
(2005 / アメリカ / ピーター・ ハイアムズ)
万人向けの"幕の内"的エンターテイメント

仙道 勇人

 エドワード・バーンズはいい。日本では「プライベート・ライアン」 に出演していた俳優程度の知名度かもしれないが、個人的には俳優として以上に映画制作者としてのエドワード・バーンズが好きだ。 彼が製作・監督・脚本・主演を一人でこなした(基本的に彼が監督した作品は全部そうなのだが)「ノー・ルッキング・バック」 (1998)というかなり地味な小品は、しかし、ブルース・スプリングスティーンの詩世界を見事にフィーチャーして、 特に強い印象を与える作品であった。自らのルーツをとても大切していると思われる彼が撮る作品は、アイリッシュ・ アメリカンの小さなコミュニティを舞台にした作品ばかりで、勢いメイン・ ストリームからは外れてしまう傾向があるのは致し方あるまい。それでもエドワード・ バーンズは自分の世界をフィルムに焼き付ける作業をコツコツと続けている。メイン・ストリームからは距離を置きながら、 誠実に映画と向き合う彼の姿勢に共感と敬意を抱く者は筆者だけではないだろう。

 エドワード・バーンズが、ショーン・ペンのように「映画制作の資金集めのために俳優業をしている」 と公言しているかどうかは寡聞にして知らないが、 自分の好きなように作品を制作するための手段の一つとしている可能性は大いにあることだろう。そして、本作「サウンド・オブ・サンダー」 で彼が扮するトラヴィスという人物が、「絶滅種動物の復元手段の研究」という大きな目的のために、 不承不承タイムマシンを使った白亜紀ハンティング・ツアーのガイドをしているということであれば、エドワード・ バーンズとSF映画というやや意外な組み合わせにも妙に納得できるというものかもしれない。

 物語の舞台はタイムトラベルが可能になった2055年のシカゴである。 6500年前にタイムトラベルして恐竜狩りを楽しむ、というハンティング・ツアーのガイドを務めるトラヴィスは、 ある時レーザー銃の故障というトラブルに見舞われる。一行は、トラヴィスの機転によってなんとか無事に現代に帰還を果たすものの、 翌朝になると街は異常成長した街路樹に覆い尽くされているのだった。この事態がタイムトラベルによる影響であることを察したトラヴィスは、 タイムトラベルを制御するスーパーコンピューターTAMIの開発者であるソニア博士(キャサリン・マコーマック)と共に、 突然生態系が異常進化をし始めた原因を突き止めようとするが――。
 本作は、世界的に有名なSF作家レイ・ブラッドベリの同名短編を映画化したものだが、半世紀以上前の1952年刊行の原作ながら、 レトロSF特有のアナクロ臭さをさほど感じさせない脚色はなかなか見事だ。物語の骨子は、今となってはありがちな範疇に入るタイム・ パラドックスものに過ぎないながらも、タイム・パラドックスの影響を「タイム・ウェイブ」という形で可視的に表現してみせたことが、 本作の最大の勝利と言っていいだろう。人類に向けて次々と襲いかかってくる「タイム・ウェイブ」 とそれによってもたらされる"異常進化"の数々によって、本作はタイム・パラドックスを扱ったSF映画であると同時に、 サバイバル系ディザスター映画にもなっているのだ。
 しかも物語そのものは、この「タイム・ウェイブ」を引き起こした原因と推定される「わずか1.3gの何か」 の正体を突き止めようとするトラヴィスとソニアの姿を軸に進んでいく。かくして本作一本の中に、謎に一歩一歩近づいていくミステリー、 生態系の異常進化が人類そのものに及ぶかもしれないというスリルとサスペンス、 狂った生態系の中で繰り広げられる一大アドベンチャーといった様々な要素が、割と違和感のない形で絡み合うこととなって、 なかなか飽きさせない展開を実現しているのである。

 この手のあれもこれもと「良いとこ取り」に走った作品というのは、「一つの味」に絞りきれないために、 傾向としてどうしても大味になってしまう面があるのは如何ともしがたい。しかし、 それでも本作は意外なほど破綻が見られないまま最後まできちんとまとめられており、良い意味で「幕の内弁当」 さながらのバランスの取れた作品になっている。この優れたバランス感覚は、流石"映画職人"として名を馳せるピーター・ハイアムズの面目躍如といったところだろう。

 優れたSFが常にそうであるように、本作からも人間の愚かさ、欲望の醜さ、 過剰な科学信奉に対する警鐘というような何らかのメッセージ性を汲み取ることはできるかもしれない。だが、 こと本作に限って言えばそうしたメッセージ性を探すよりも、スクリーンに展開される映像を無心に追いかけた方がより面白いように思う。 特に本作は音響に拘ったシーンが何カ所か用意されており、設備の良い劇場であればライド・アトラクションの如く楽しめるのではないだろうか。 複雑な世界設定や難解な展開もない娯楽に徹底した明快な作品だけに、観る人を選ばず誰もがそれなりに楽しむことができるに違いない。

(2006.3.20)

2006/03/20/20:49 | BBS | トラックバック (23)
仙道勇人 ,今週の一本
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

サウンド・オブ・サンダー A しんのすけの イッツマイライフ

お話自体はタイムトラベル物です。 過去にタイムトラベルした時、何かをしてしまった。 その為に元の時代に変化が起き始めた。 このままでは人類が絶滅してしまう...

Tracked on 2006/03/20(月)22:07:03

サウンド・オブ・サンダー A しんのすけの イッツマイライフ

お話自体はタイムトラベル物です。 過去にタイムトラベルした時、何かをしてしまった。 その為に元の時代に変化が起き始めた。 このままでは人類が絶滅してしまう...

Tracked on 2006/03/20(月)22:07:03

サウンドオブサンダー A 徒然

試写会で見てきました「サウンドオブサンダー」。 面白かった!やっぱSFは古典に限る!というのもわかる気がします。結構最後までドキドキわくわくできる映画に仕上が...

Tracked on 2006/03/20(月)23:58:28

サウンドオブサンダー 西暦2055年人類タイムトラベルに成功! A 話題のナレッジベース

「サウンドオブサンダー」原作:レイ・ブラッドベリ著「いかずちの音」。タイムトラベルの些細な事故で歴史が変わり、近未来都市に恐竜が出現!制作費100億円をかけて贈...

Tracked on 2006/03/21(火)00:31:13

サウンド・オブ・サンダー A TeTの映画メモ帳

タイムトレベルで過去に変化をさせてしまいその反動で現代がめちゃくちゃになってしまう話。 原因の部分はさておき内容はほとんどゲームのバイオハザードかディノクライシ...

Tracked on 2006/03/21(火)01:39:44

サウンド・オブ・サンダー A 人魚の涙

試写会へ行く。2055年、人類はついにタイムトラベルの技術を手に入れた。絶滅動物

Tracked on 2006/03/21(火)20:46:23

うーん「サウンド・オブ・サンダー」は、バック・トゥ・SF・パニック映画だ! A bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ

宣伝コピーが <過去を変えた人類に未来はあるのか? 2055年人類絶滅!>の 「サウンド・オブ・サンダー」の 試写会に行ってきました。 冒頭から「タイムマシン...

Tracked on 2006/03/22(水)00:50:27

サウンド・オブ・サンダー A メディアショップ駿河屋 なぜベス!

わてが丁稚の定吉だす。 3月25日公開「サウンド・オブ・サンダー」の試写会に行って来ました。 いい意味でも悪い意味でも懐かしい感じのSF映画でした。 西暦205...

Tracked on 2006/03/24(金)23:06:41

『サウンド・オブ・サンダー』@古典SFの「風流」を味わう A 今日、僕が学んだこと。〜一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ〜

最近、試写会が続けて当選してラッキーです!今回は『サウンド・オブ・サンダー』を見てきました。 レイ・ブラッドベリ『太陽の黄金の林檎』 ↑映画...

Tracked on 2006/03/25(土)01:51:55

「 サウンド・オブ・サンダー 」 A MoonDreamWorks

監督 : ピーター・ハイアムズ  主演 : エドワード・バーンズ /キャサリン・マコーマック  /      ベン・キングズレー公式HP:http://www....

Tracked on 2006/03/25(土)18:57:43

サウンド・オブ・サンダー - a sound of thunder- (個人的評価:★★★) A 地方競馬情報品質向上委員会

川崎チネチッタの初日レイトショーでサウンド・オブ・サンダーを観てきました。 ピー...

Tracked on 2006/03/26(日)03:03:40

サウンド・オブ・サンダー−(映画:今年44本目)− A デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)

監督:ピーター・ハイアムズ 出演:エドワード・バーンズ、キャサリン・マコーマック、ベン・キングズレー、ジェミマ・ルーパー ...

Tracked on 2006/03/26(日)17:32:33

サウンド・オブ・サンダー A Rohi-ta_site.com

映画館で、出演:エドワード・バーンズ/キャサリン・マコーマック/ベン・キングズレー/ジェミマ・ルーパー/デヴィッド・オイェロウォ/ヴィルフリート・ホーホルディン...

Tracked on 2006/03/27(月)00:07:07

【劇場鑑賞29】サウンド・オブ・サンダー(A SOUND OF THUNDER) A ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!

西暦2055年 人類はタイムとラベルに成功・・・ 第1波 異常気象発生 第2波 熱帯系巨大植物繁殖 第3波 凶暴な道の巨大生物出現 第...

Tracked on 2006/03/27(月)19:58:28

映画館「サウンド・オブ・サンダー」 A ☆ 163の映画の感想 ☆

過去を変えたら、未来が変わっちゃったぁ†! って、タイムトラベルが可能になった時代のお話†。 タイムトラベルモノって、嫌いじゃないのですがなんだかガッカ...

Tracked on 2006/03/27(月)20:42:05

サウンド・オブ・サンダー A 映画とCINEMAとムービー

A SOUND OF THUNDER サウンド・オブ・サンダー エドワード・バーンズ見たさに行って来ました。いや、バーンズたんは相変わらず男前でカッコ良かった...

Tracked on 2006/03/30(木)19:46:47

「サウンド・オブ・サンダー」見てきました A よしなしごと

 難しいことを考えずに、単純に楽しめそうな映画、サウンド・オブ・サンダーを見に行ってきました。前売り券のおまけは砂時計です。一応、タイムトラベルネタと言うことで...

Tracked on 2006/03/30(木)22:00:03

「 サウンド・オブ・サンダー 」 A MoonDreamWorks

監督 : ピーター・ハイアムズ  主演 : エドワード・バーンズ /キャサリン・マコーマック  /      ベン・キングズレー公式HP:http://www....

Tracked on 2006/04/02(日)19:20:24

サウンド・オブ・サンダー A minaの官能世界

 わたしの甥っ子は、春休みになって、よほど暇を持て余していたらしい。 「中学生になったら、おネーちゃんと一緒に映画を観に行くのは、恥ずかしいから厭だ」なんて、生...

Tracked on 2006/04/02(日)20:34:55

サウンド・オブ・サンダー A 空想俳人日記

雷の 音に天気を 予感せり      この映画、ひとえに原作がレイ・ブラッドベリだから、観なあかん、そういう脅迫とは言わないまでもポストイット的観念が働...

Tracked on 2006/04/02(日)20:47:53

サウンド・オブ・サンダー・・・・・評価額900円 A ノラネコの呑んで観るシネマ

観る前から期待してはいけない映画なのは判っていた。 何しろ昨年の全米公開時は、800館強という決して多いとは言えないスクリーンで公開されたのだが、僅か2週間で...

Tracked on 2006/04/03(月)11:44:18

サウンド・オブ・サンダー A カリスマ映画論

【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆       珍生物大紀行   

Tracked on 2006/04/05(水)00:59:26

■サウンド・オブ・サンダー■ A A級<C級<Z級

『タイムトラベル三原則』 ルール1 過去を変えてはならない ルール2 過去に何も残してはいけない ルール3 過去から何も持ち帰ってはいけない しかし、そ...

Tracked on 2006/04/06(木)23:11:11

:「サウンド・オブ・サンダー」 A この映画見ないとイ~ヤ~ダ~!!

「当たらないタイムスリップもので当たりが来るかな‾...蓮」 実は結構期待していたんだけど、 肩透かしくらいそうだから程ほどに.....

Tracked on 2006/04/12(水)16:00:50

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO