新作情報

23年。23回の7月15日。どの1日も、あなただけを見ていた――。

ワン・デイ
23年のラブストーリー

『ワン・デイ 23年のラブストーリー』1

公式サイト公式twitter公式Facebook

2012年6月23日(土)より、TOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー

INTRODUCTION

衝撃と涙のラスト15分。
2人の23年。運命の日“7月15日”だけで紡ぐ
誰もみたことのない、ラブストーリーの誕生!

『ワン・デイ 23年のラブストーリー』2 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』3 『ワン・デイ 23年のラブストーリー』4愛する誰かと出逢った日。つまらないことで喧嘩をした日。想いを打ち明けられなかった日。恋をしたことのある人誰もが経験する「1日」だけを23年間に渡って描く、誰もみたことのない、最高にロマンティックなラブストーリーが誕生します。主演は『プラダを着た悪魔』で一躍全世界の女性の憧れとなり、『ダークナイト・ライジング』など話題作の公開も控えるアカデミー賞候補女優アン・ハサウェイ。共演に『アクロス・ザ・ユニバース』など演技派として活躍するジム・スタージェス。原作は2009年に出版された小説「One Day」。イギリス、イタリアをはじめ各国でベストセラーランキング1位を記録。監督は第82回アカデミー賞3部門にノミネート『17歳の肖像』を手掛けた女性監督ロネ・シェルフィグ。音楽のレイチェル・ポートマンに加え、主題歌はエルヴィス・コステロが「Sparkling Day」を本作のために書きおろし、物語を感動的に彩ります。時代毎に移り変わる音楽とファッション、そして時を経てゴージャスに変身するアン・ハサウェイの姿も必見です。ロンドン、そしてパリを舞台に紡がれるエマとデクスターの23年分の<7月15日>。衝撃と涙のラスト15分。2人の愛のかたちを目にした時、熱い感動の涙と共に、あなたにとっての<1日>も、きっと眩しく輝いて見えるはず――。

Story
真面目でしっかり者のエマと、自由奔放で恋多き男デクスター。
はじめて会話を交わしたふたりは、魅かれあうものを感じながら、恋人ではなく友達の関係を選ぶ。エマは心の奥にデクスターへの想いを秘めて、親友として毎年“7月15日”を過ごしていく。一緒に旅行に行ったり、恋の悩みを相談したり、大喧嘩をしたり。それぞれの人生を歩み、すれ違いを繰り返しながらもデクスターを想い続けるエマ。そんなある年の“7月15日”、エマはデクスターから違う相手との結婚を告げられる。そしてさらに積み重なる“7月15日”。2人の恋の結末は?“運命の7月15日”が2人に近づいていた……。
C R E D I T
出演:アン・ハサウェイ 『プラダを着た悪魔』、ジム・スタージェス 『アクロス・ザ・ユニバース』、
パトリシア・クラークソン『それでも恋するバルセロナ』、ケン・ストット
ロモーラ・ガライ『つぐない』、レイフ・スポール『プロヴァンスの贈りもの
監督:ロネ・シェルフィグ 『17歳の肖像』(アカデミー賞3部門ノミネート)『幸せになるためのイタリア語講座
原作・脚本:デイヴィッド・ニコルズ(ハヤカワ文庫)
撮影:ブノワ・ドゥローム/音楽:レイチェル・ポートマン/主題歌:エルヴィス・コステロ 配給:アスミック・エース
2011年アメリカ/カラー/107分/スコープサイズ/ドルビーデジタル/日本語字幕:古田由紀子
©2011 Focus Features LLC. All Rights Reserved.
公式サイト公式twitter公式Facebook

2012年6月23日(土)より、TOHOシネマズ有楽座ほか全国ロードショー

ワン・デイ〈上〉 (ハヤカワ文庫NV)
ワン・デイ〈上〉
(ハヤカワ文庫NV)
ワン・デイ 23年のラブストーリー オリジナル・サウンドトラック
ワン・デイ 23年のラブストーリー オリジナル・サウンドトラック

2012/06/20/04:23 | BBS | トラックバック (0)
新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO