新作情報

New Directors / New films 2015 正式出品 / ロッテルダム国際映画祭正式出品
ウィーン国際映画祭正式出品 / 台北映画祭招待上映 / バンクーバー国際映画祭ノミネート

ある家族の暮らす一軒家で起こった、父子心中未遂事件。部屋に突如として現れた謎の球体が引き起こす、奇妙な現象の数々――。現場で何が起こったのか。独自に調査する記者・出口隆一は、警察の発表を覆す証拠を掴むが、やがて不可解な引力に引きつけられるように、狂っていく……。独特のユーモアと圧倒的な緊張感で描く、現代日本のSF的寓話。一体、この不穏な“丸”とは何なのだ?

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2017年7月8日(土)より、
シアター・イメージフォーラムにてロードショー!
8月中旬より水戸CINEMA VOICEほか全国順次公開

INTRODUCTION

異例の“逆輸入”公開決定!
世界が注目する新しい映画作家、ここに現る。

平凡な無職男の部屋に突如として現れた謎の球体。それを目撃した者に降り掛かる奇妙な出来事。それはやがて不可解な引力で、予測不可能な事態をドミノのように生み出していく……。現代的なホームドラマが、黒く歪んだSFミステリーへと変貌する。それは閉塞した日本の現実に対する強烈なメッセージか?それとも観る者に実存的な問いを投げかける不条理劇か?その独特のユーモアと政治的なメタファーで、世界各地の映画祭で話題となった作品『丸』が日本に上陸する。

『丸』 『丸』場面1

映画『丸』はシネアスト・オーガニゼーション大阪(CO2)の助成を得て大阪・西成区で撮影された。ぴあフィルムフェスティバルのPFFアワード2014入選。日本映画への造詣が深く、北野武監督をヨーロッパに紹介したことで知られる映画評論家のトニー・レインズ氏の目に留まり、<大島渚監督の『絞死刑』以来50年を経て、日本に再誕した最良のコメディ・ノワールである!>と絶賛され、海外の映画祭プログラマーや批評家のあいだで一躍注目を集めることとなった。以降、バンクーバー国際映画祭新人監督部門にノミネート、ウィーン国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭に正式出品、「サイト&サウンド」誌や「フィルム・コメント」誌でも大きく取り上げられ、さらに、鈴木洋平監督は長編デビュー作である本作で、新人監督の登竜門であり、ペドロ・アドモドバル、スパイク・リー、ヴィム・ヴェンダース、リチャード・リンクレイター、ミヒャエル・ハネケといった映画作家を輩出してきた映画祭「ニュー・ディレクターズ/ ニュー・フィルムズ2015」に選出されるなど、無名の新人監督としては異例の事態を巻き起こし、世界各地の見巧者達のあいだで話題を呼んでいる。

『丸』場面2 『丸』場面3

今回の劇場公開はトニー・レインズ氏による熱烈な応援によって、急遽決定した。鈴木監督は現在、茨城県水戸を拠点に活動。映画制作に止まらず、映画館「CINEMA VOICE」を企画運営するなど、独自のスタンスで日本映画界に切り込んでいる。東京では渋谷シアター・イメージフォーラムにて7月8日(土)より公開、上映期間中にはトークイベントも予定している。

STORY

ある朝、無職の鈴木鉄男とその彼女は、寝室の隅に浮かぶおかしな球体に遭遇し、それに目をやった瞬間、そのままの姿勢で静止してしまう。その状況に気づかぬままリストラを告白し始めた父親も静止。認知症の祖母と帰宅した母親は不審に思い通報するが警察官も次々と静止していく。その空間の時間が止まってしまったのか?それとも球体を見たものの脳に何か反応が起こったのか?警察は、リストラを苦にした父親による籠城と断定、事態は予想もつかない方向へと向い出す。そこに登場した記者の出口隆一は、警察の発表を覆す証拠を掴むが、それがさらなる混乱を引き起こす。。。

『丸』場面4 『丸』場面5
CREDIT
監督・脚本・編集:鈴木洋平
出演:飯田芳,木原勝利,金子紗里,池田将,軽部日登美,田中しげこ,渡辺博行,真弓,
芹井祐文,島田芯八,村上ROCK,山西竜矢,月亭太遊,大宮将司,松浦祐也
プロデューサー:池田将,今村左悶 共同脚本:小山侑子 撮影:柏田洋平
録音:平井名辰哉 音楽:今村左悶
配給:マグネタイズ 2014年/89分/カラー

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2017年7月8日(土)より、
シアター・イメージフォーラムにてロードショー!
8月中旬より水戸CINEMA VOICEほか全国順次公開

2017/06/25/20:31 | BBS | トラックバック (0)
新作情報 ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO