インタビュー
矢崎仁司監督『スティルライフオブメモリーズ』

矢崎 仁司 (監督)
映画『スティルライフオブメモリーズ』について【5/5】

2018年7月21日(土)新宿K’s cinemaほか全国順次公開!
※K’s cinema毎週水曜16:40の回は女性限定上映回

公式サイト 公式twitter 公式Facebook (取材:深谷直子)

『スティルライフオブメモリーズ』場面5 矢崎仁司監督2
――みんな円環を描くようにつながっているという。起源である女性器をみんな求めているということなのかもしれないですし。主人公たちだけの話ではなく、人類全体に及ぶような深遠な話のようにも感じられました。本当に面白かったです。

矢崎 プロデューサーの掌の上で思いっきり遊ばせてもらった久々のインディーズの映画ですね。

――遊んでいますね。映画の形式も無視していて、エンディングでは写真を見せたあとエンドロールなしで断ち切られるとか、とても型破りで。反逆児というか瑞々しいというか。

矢崎 そう言ってもらえると嬉しいですね。いろんな映画があっていいのに、今はそうではないなあと少しモヤモヤしていて。だから今年のゆうばり国際映画祭で上映したあとの舞台挨拶で、「さあ、そろそろ映画の話をしようか」って言ったらしいんですよ、僕が(笑)。

――本当に思うままにやり抜いた作品だと思います。ただ、このままの形での公開は難しいのだろうなと思いますが。

矢崎 今、伊藤さんが映倫と闘ってくれています。

伊藤 1ミリずつ、ここは太腿かヘアか性器か?とか、虫眼鏡で見て判別するような感じです。でも太腿と性器の境目なんて、厳密には誰もわからないんですよ。みんな女性の大切な身体の一部なのに、性器だけが特定され、忌まわしいものとされる……。

――とても残念なことですね。でもこれを作り切ったということが本当に素晴らしいことだと思います。

矢崎 どんどん映画が勝手に成長していく現場だったので、とても幸せでしたね。みんなが矢崎の中から何かを引き出すということをやってくれるんですよ。僕の中にイメージがあってそれを再現したいというのではなく、僕のイメージを壊してほしいというのが本当に僕が望んでいることなんです。今回はそこまで行き着くシーンがいっぱいあったので、すごく嬉しかったですね。「こんな美術か、こんなふうに動くか、こんなふうに切り取るか」と。本当に素敵な人たちとのいい旅でした。港のない旅ですけど、乗っちゃった船が今どこにいるんだろう?という状態ですけど、観客が待つどの港に着いても大丈夫、みたいな感じです。みんなの力で生まれたということを堂々と言える映画ですね。

――作品を観てもとても満ち足りた気持ちになりました。生命力を感じます。

矢崎 観てくださった方から「矢崎の映画はいつも死を感じるけど、今回は死も感じるけど生も感じる。生きるという方向に向かったね」という感想を聞くとすごく嬉しいです。四方田先生には「『映像要理』は母親までだったけど、矢崎はその先をやってくれたね」と言っていただきました。発端は性器ですけど、いろんなことを感じていただけたらと思います。

( 2018年6月20日 新宿K’s cinemaで 取材:深谷直子 )

1234 5

舞台挨拶&トークイベント開催
7/21(土)
矢崎仁司監督、安藤政信さん、永夏子さん、松田リマさん、有馬美里さん、中村早さん(劇中写真担当)※予定
7/22(日) 14:30の回上映後:永夏子さん、中村早さん(劇中写真担当)
7/24(火) 18:40の回上映後:ヴィヴィアン佐藤さん
7/27(金) 18:40の回上映後:矢崎仁司監督、中村早さん(劇中写真担当)
7/28(土) 14:30の回上映後:松田リマさん、矢崎仁司監督
7/29(日) 12:20の回上映後:保坂和志さん(作家)、矢崎仁司監督
8/3(金) 18:40の回上映後:安藤政信さん、矢崎仁司監督
8/4(土) 14:30の回上映後:狗飼恭子さん(作家)、矢崎仁司監督
8/5(日) 18:40の回上映後:生越燁子さん(ギャラリスト)、伊藤彰彦さん(本作プロデューサー)
8/11(土) 安藤政信さん、中村早さん (劇中写真担当)
8/12(日) 18:40の回上映後:生越燁子さん(ギャラリスト)、伊藤彰彦さん(本作プロデューサー)
スティルライフオブメモリーズ ( 2018/日本/カラー/5.1ch/107分/※R-18作品 )
出演:安藤政信,永夏子,松田リマ,伊藤清美,ヴィヴィアン佐藤,有馬美里,和田光沙,四方田犬彦
監督:矢崎仁司
製作:プレジュール+フィルムバンデット プロデューサー:伊藤彰彦・新野安行
原作:四方田犬彦『映像要理』(朝日出版社刊)
脚本:朝西真砂+伊藤彰彦 写真:中村早 撮影:石井勲 照明:大坂章夫 音響:吉方淳二 美術:田中真紗美
衣裳:石原徳子 ヘアメイク:宮本真奈美 編集:目見田健 助監督:石井晋一
キャスティング:斎藤緑 企画協力:生越燁⼦
配給:「スティルライフオブメモリーズ」製作委員会 © 2018Plasir/Film Bandit
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年7月21日(土)新宿K’s cinemaほか全国順次公開!
※K’s cinema毎週水曜16:40の回は女性限定上映回

映像要理 (1984年) (週刊本〈10〉) 映像要理 (1984年) (週刊本〈10〉)
2018/07/18/20:15 | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO