新作情報

シネマロサ 新人監督特集 vol2
坂田貴大 監督作品

クマ・エロヒーム

生と死が管理された未知の世界。男女〈ふたり〉の心はどこに向かうのか――。
新世代インディーズ界の異才が放つ、壮大なるSF叙事詩

地球とは違う別の惑星、波が激しく打ち寄せる切り立った崖の上にアユム(古矢航之介)は立っていた。アユムはベビーカーに乗せた赤ん坊の人形を手に取ると、海へと投げ捨てた。「本当にこの星でみんなが暮らせるようになるの?」エマ(村上由規乃)がアユムに問いかける。「それがヤヌーカの方針だから」アユムとエマは、この星を管理する宗教団体「ヤヌーカの丘」によって、地球から送り出されていた。「ヤヌーカの丘」では妊娠と出産が激しく推奨されたが、アユムとエマに子供が宿る事はなかった。二人にとっての子供は赤ん坊の人形。「もういいんじゃないかな」エマがアユムに問いかける。「もう少し続けてみよう」アユムは言葉を濁すが、子供ができない理由が自分にあるとわかっていた。アユムとエマは祈る。クマ・エロヒーム。「神々よ、立ち上がってください」

公式twitter

2018年12月22日(土)~28日(金)まで、
池袋シネマロサにてレイトショー公開

INTRODUCTION

石井岳龍(ex聰亙)、冨永昌敬、入江悠、沖田修一など日本映画界を代表する監督らを輩出してきた日本大学芸術学部映画学科を卒業、その系譜へと歩みを進める23歳・厄介者、坂田貴大監督劇場デビュー作品。

『クマ・エロヒーム』前作「阿呆の舞」(2016)では、マイナンバーから逃げる男の姿を通して、ディストピアな世界観を基に〈監視社会〉を風刺的に描き上げた。今作で坂田監督が着目したのは〈国内初第三者卵子提供での出産成功〉と〈少子高齢化社会〉だ。
現代の日本〈地球〉ではなく、地球とよく似た他の惑星という空間を舞台に、生と死がコントロールされた管理社会の中で、孤独にもがき続けるひと組のカップルの姿を通じて、普遍的な男女の愛を描いている。
劇中で登場する女・エマを演じるのは、「赤い玉、」(高橋伴明監督)で主演の奥田瑛二をも唸らせ鮮烈な銀幕デビューを果たし、その後PFFアワード2018グランプリ作品「オーファンズ・ブルース」(工藤梨穂監督)でも多くの観客をも魅了した、村上由規乃。
男・アユム役は、国内はじめ各国の映画祭でも入選を果たした「春みたいだ」(シガヤダイスケ監督)主演、古矢航之介。相手を徹底的に考え想い、自らをスクリーンの中の人間へと昇華し解き放っている。
また、本作は、今では使用頻度が少なくなってきた16mmフィルムカメラで撮影が敢行され、約20のロケーションから架空の地が創造された。

『クマ・エロヒーム』場面1コメント

  • 地球の代わりにほかの惑星。国家の代わりに宗教。子どもの代わりに人形。あらゆる代替によって築かれた2117年の社会では、当の人間もまた感情豊か、である代わりにオブセッション豊か、に生きざるえない。100年前を生きている僕らはゾッとしつつ、この美しい映画に癒されもする。なぜだろう。もう始まってるからか。それなら「100年前」なんてキリのいい数字を挙げて未来を眺めるのはやめよう。今は99年前なのだ。もう1年が過ぎている。しっかりしよう。『クマ・エロヒーム』という美しい警句があったこと、愛に代わるものは何もないことを、99年後の若い夫婦たちに伝えるために。(映画監督・冨永昌敬「素敵なダイナマイトスキャンダル」「南瓜とマヨネーズ」「ローリング」
  • 野心にあふれる映画だ。
    フィルム撮影を徹底しフィックスのロングショットに静かな情念が炸裂している。『クマ・エロヒーム』場面2主題からして、うわべの綺麗さやちょっとした驚きを重宝する昨今の流行とは全く反している。現在に異を唱える反時代な孤高の魂が、今こそ必要なのだ。そんな勇気をもらえた。
    映画監督・瀬々敬久「菊とギロチン」「64ロクヨン」「ヘヴンズストーリー」
  • タイトルも主題も重々しいはずなのに、どこか清々しい。世界を支えようとする確かなロケーションとは裏腹に、物語は手中に収めようとせず、少し手放して、人の佇まいを見ようする瞬間に空気が映る。そういう時間にこそ何かが宿ろうとしている。(映画監督・五十嵐耕平「泳ぎすぎた夜」「息を殺して」)
  • オナニーなのかなと思った。執拗な製作へのこだわりが。
    でもアソコまで粘って作った映画は私の心の奥にズブリと挿さり、身悶えた。
    愛とは。生とは。見た人の内に得も言われぬ感情の塊を産みつける怪作。
    届け響け感じろと迫りくる画に恍惚とした。(映画ライター・大久保渉)
  • 『クマ・エロヒーム』場面3 ミニマムな関係性を描くのが主流のインディーズ映画で、この壮大な物語を、説得力のあるロケーションと役者の力で見せきっていることに驚かされた。
    物語は、少子化を食い止める為に、別の惑星に送り込まれた若い夫婦、エマとアユムを主軸にして進行する。二人の間には15年の年月が流れているが、まだ随分と見た目が若く、青春の時間がまるごと失われていることが、痛みとして伝わってくる。
    目的が先にある関係はどこか窮屈で、一緒のときも、そうでないときも、いつも孤独な表情を浮かべている二人だが、最後にあることがきっかけで、忘れ難い表情を私たちに見せてくれる。
    曖昧な中に強い意志を感じさせる村上由規乃と、若さと落ち着きの狭間にある危うさが印象的な古谷航之介。二人の魅力と監督のチャレンジ精神が光る作品だ。(映画監督・安川有果「Dressing Up」)
Cast/Staff Profile

監督:坂田貴大(サカタ タカヒロ)
1995年5月23日生まれ。埼玉県川口市育ち。今年3月に日本大学芸術学部映画学科監督コース、卒業。小学校6年生の時に、地元にある「SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ」にて映像制作体験に触れる。その後、中学校の大学見学で、日本大学芸術学部映画学科を訪れたことを契機に、映画の道にのめり込んで行く。前作「阿呆の舞」(2016,10min,16mmFilm)では第11回TOHOシネマズ学生映画祭準グランプリ受賞、カナザワ映画祭期待の新人監督部門2017、第9回下北沢映画祭コンペティションにノミネートされる。

村上由規乃エマ役 村上由規乃(ムラカミ ユキノ)
1994年山口県生まれ、ティー・アーティスト所属。2015年に公開された映画「赤い玉、」(高橋伴明監督)に出演。デビュー作である同作品において、キネマ旬報新人女優賞第7位。その後も、PFFアワード2018入選作品「オーファンズ・ブルース」(工藤梨穂監督)で主演を果たし、独特な癖のある輝きを放った。その他「菊とギロチン」(2018、瀬々敬久監督)、「ロストベイベーロスト」(2018公開予定、柘植勇人監督)出演。

アユム役 古矢航之介(フルヤ コウノスケ)
1994年静岡県生まれ。坂田監督と同じく日本大学芸術学部卒業。自身が主演を務めた「春みたいだ」(2017、シガヤダイスケ監督)がPFFアワード2017をはじめ、国内外の映画祭で支持を得る。振り幅のある演技、スポーツ経験者であることから身体能力の高さを評価され、映画の舞台だけでなく、演劇、ドラマ、MV、CMと表現の幅を広げている。

CREDIT
出演:村上由規乃、古矢航之介、
高見綾、本田七海、加賀谷健、マリア・マルコヴィッチ、グールド・バイロン、渡部剛己
監督:坂田貴大
撮影:清水大河 録音:島田実里 製作:紀平知賢、大須賀一正 助監督:河合遥祐
スタイリスト:大﨑智美 ヘアメイク:津嘉山南 CG:伊藤聖也 車輌:宮﨑渉大
音楽:hakobune ヴァイオリン作曲:尾方凜斗 ヴァイオリン演奏:恒吉泰侑
整音:原夕輝 ビジュアルデザイン:荒木彩可
2018年/日本/76分/カラー/ステレオ/DCP/16:9 © 映画「クマ・エロヒーム」製作委員会

公式twitter

2018年12月22日(土)~28日(金)まで、
池袋シネマロサにてレイトショー公開

赤い玉、 [DVD] 赤い玉、 [DVD]
  • 監督:高橋伴明
  • 出演:奥田瑛二, 不二子, 村上由規乃, 土居志央梨, 花岡翔太
  • 発売日:2016/03/02
  • おすすめ度:おすすめ度3.5
  • Amazon で詳細を見る
2018/12/03/20:46 | トラックバック (0)
新作情報 ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO