NEWs

インドネシア&タイ
映画におけるフォークロアとファンタジー

『サタンジャワ』サイレント映画 + 立体音響コンサート」のプレイベント

2019年6月21日(金)16時30分~、
アテネ・フランセ文化センターにて開催!
入場無料(予約不要)、定員130名(先着順)

ガリン・ヌグロホ監督&アピチャッポン・ウィーラセタクン監督の初期傑作を無料上映!

『天使への手紙』『天使への手紙』 『真昼の不思議な物体』『真昼の不思議な物体』 設立5年を迎える国際交流基金アジアセンターが、日本と東南アジアの文化交流事業を幅広く紹介する祭典<響きあうアジア2019>「『サタンジャワ』サイレント映画 + 立体音響コンサート」のプレイベントとして、ガリン・ヌグロホ監督(インドネシア)の初期傑作『天使への手紙』の上映会が、アテネ・フランセ文化センターで開催される。
トークショーでは「『サタンジャワ』サイレント映画 + 立体音響コンサート」の音楽・音響デザインを担当している森永泰弘氏と批評家・金子遊氏をゲストに迎え、進行中の音楽制作のプロセスやガリン・ヌグロホ監督の作品世界について語っていただく。さらに、<響きあうアジア2019>『フィーバー・ルーム』東京公演を控えるアピチャッポン・ウィーラセタクン監督(タイ)の長編第一作『真昼の不思議な物体』も併映。入場無料なので、ガリン・ヌグロホ監督やアピチャッポン・ウィーラセタクン監督好きの人はもちろん、初めて両監督の名前を聞く人も是非この機会に作品の魅力に触れてみて欲しい。

<開催概要>
映画上映&トークショー「インドネシア&タイ 映画におけるフォークロアとファンタジー」~「『サタンジャワ』サイレント映画 + 立体音響コンサート」プレイベント~
【日時】2019年6月21日(金)16時30分~21時(開場16時)
【会場】アテネ・フランセ文化センター(東京都千代田区神田駿河台2-11 アテネ・フランセ4F)
【上映】16時30分~『真昼の不思議な物体』(監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン/タイ/2000年/83分)
18時30分~『天使への手紙』(監督:ガリン・ヌグロホ/インドネシア/1993年/118分)
【トークショー】20時30分~21時
ゲスト:森永泰弘(「『サタンジャワ』サイレント映画 + 立体音響コンサート」音楽・音響デザイン)、金子遊(映像作家、批評家)
【入場料】無料(予約不要)公式サイト
【言語】上映:インドネシア語・タイ語(日本語・英語字幕つき)トーク:日本語
【主催】国際交流基金アジアセンター

【ゲストプロフィール】
森永 泰弘
「『サタンジャワ』サイレント映画 + 立体音響コンサート」音楽・音響デザイン。東京藝術?学?学院を経て渡仏。帰国後は芸術・?楽?類学的な視座から世界各地をフィールドワークし、楽器や歌の初源、儀礼や祭祀のサウンドスケープ、都市や集落の環境?をフィールドレコーティングして?源や作品を発表している。また、映画・舞台芸術・展?作品等のサウンドデザインや?楽ディレクションを中?に、企業やアーティストとコラボレーションを?うconcrete を設?し、国内外で活動している。これまで世界三?映画祭(カンヌ国際映画祭、ヴェネチア国際映画祭、ベルリン国際映画祭)で??が関わった作品等が発表されている。公式サイト

金子 遊 批評家・映像作家。多摩美術大学准教授。『映像の境域』(森話社)でサントリー学芸賞<芸術・文学部門>。他の著書に『辺境のフォークロア』(河出書房新社)、『混血列島論』(フィルムアート社)、『ドキュメンタリー映画術』(論創社)など。編著に『クリス・マルケル』(森話社)、『アピチャッポン・ウィーラセタクン』(フィルムアート社)、『映画で旅するイスラーム』(論創社)ほか。平成28 (2016) 年度国際交流基金アジア・フェローシップにより、タイとカンボジアにおける調査を行なった。
上映作品紹介
真昼の不思議な物体 ( 監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン/タイ/2000年/モノクロ/35mm/83分/フィルム提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭 )
『真昼の不思議な物体』場面撮影クルーはタイ北部から南下しながら、出会った地元の人々にそれぞれの言葉で「足の悪い少年と家庭教師の話」という物語を次々と語らせ、演じさせてゆく。山形国際ドキュメンタリー映画祭インターナショナル・コンペティション優秀賞・NETPAC特別賞ほかを受賞したアピチャッポン・ウィーラセタクン監督の長編第1作。
天使への手紙 ( 監督:ガリン・ヌグロホ/インドネシア/1993年/カラー/35mm/118分)
『天使への手紙』場面画像スンバ島の古い習慣が残る村に住む少年ルワは、悩み事があると天使に手紙を書き、返事を受け取る。やがて他の村との争いが勃発する。ドキュメンタリー・タッチの力強い映像が評価され、第7回東京国際映画祭ヤングシネマ部門ゴールド賞受賞をはじめ、多くの映画祭で世界的名声を確立したガリン・ヌグロホ監督の長編第2作。

公式サイト

2019年6月21日(金)16時30分~、
アテネ・フランセ文化センターにて開催!
入場無料(予約不要)、定員130名(先着順)

関連情報

<響きあうアジア2019>
「『サタンジャワ』サイレント映画 + 立体音響コンサート」について

ガリン・ヌグロホ×森永泰弘×コムアイ
モノクロの神秘世界に漂うジャワ島のサタンが、立体音響のなかで浮かび上がる

2019年7月2日(火)14:00開演/19:00開演(2回公演)
会場:有楽町朝日ホール
主催:国際交流基金アジアセンター/共催:公益財団法人ユニジャパン
後援:駐日インドネシア大使館
[料金]前売:3,000円/当日:3,500円/25歳以下:2,000円(当日要証明書)
チケット発売中 取扱い:チケットぴあ、e+(イープラス)、Peatix(ピーティックス)公式サイト

【関連企画】<響きあうアジア2019>
「東南アジア映画の巨匠たち」について

7月3日(水)シンポジウム (東京芸術劇場ギャラリー1)
7月4日(木)~10日(水)映画上映 (有楽町スバル座)
『サタンジャワ』のガリン・ヌグロホ監督をはじめ、東南アジア映画界を牽引し、世界的に活躍する巨匠が一同に会する貴重な特集上映&シンポジウムを実施。
公式サイト

★関連情報★……ガリン・ヌグロホ作品、アピチャッポン・ウィーラセタクン作品の上映有り!

世界映画紀行 東南アジア編 公式サイト
主催・会場:川崎市市民ミュージアム 協力:国際交流基金アジアセンター
●6月22日(土)23日(月)
『一切れのパンの愛』(監督:ガリン・ヌグロホ/1991年/インドネシア/カラー/100分/35mm)
『悪夢の香り』(監督:キドラット・タヒミック/1977年/フィリピン/カラー/95分/16mm)
●8月24日(土)25日(月)
『光りの墓』(監督:アピチャッポン・ウィーラセタクン/2015年/タイ他/カラー/122分/DCP)
『シアター・プノンペン』(監督:ソト・クォーリーカー/2014年/カンボジア/カラー/105分/DCP)

2019/06/10/20:14 | トラックバック (0)
アテネ・フランセ文化センター ,NEWs
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2019 INTRO