NEWs

男女残酷物語
/サソリ決戦

『男女残酷物語/サソリ決戦』場面画像1 『男女残酷物語/サソリ決戦』場面画像2

公式サイト 公式 𝕏 公式Facebook 公式Instagram

2024年6月7日(金)より新宿武蔵野館
・渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開

INTRODUCTION

こんなの、はじめて。
誰も知らない、誰も観たことがない、55年前の新作映画
イタリア製ウルトラ・ポップ・アヴァンギャルド・セックス・スリラーが本邦初上陸!

精巧な拷問技術の達人という裏の顔を持つ慈善財団大幹部セイヤーは、ジャーナリストのメアリーを拉致監禁、ハイテク装備満載の秘密のアジトで、想像を絶する肉体的、精神的凌辱の限りを尽くす。だが、言葉にできない恥辱を受けても微笑むメアリーはセイヤーの想像を遥かに超えていた。弱音を吐き始めるセイヤー。いま、洗練と野蛮が表裏一体の、性の対決がはじまる。

本作は、終わりなき男女の対決を描き、『華麗なる殺人』(65)、『バーバレラ』(67)、『女性上位時代』(68)といった時代を象徴する作品に匹敵する内容ながらも50年以上もの間埋もれ、海外でようやく近年その存在と価値を発見された作品だ。日本ではほとんど誰にも知られることなく、知られていないが故に誰にも待たれることもなく、存在自体が確認されていなかった。日本では劇場、テレビ、パッケージ等あらゆるメディア含めて未輸入、未紹介ゆえ、この上映で初めて、我々はこの傑作を発見することとなる。
その日本劇場初公開と共に特報が解禁されるや否や、「前衛的でポップ!」「キメキメで尖った映像」「こりゃまた凄い映画があったもんだ!」とはじめて観る映像とその世界に心を奪われる人々が続出。音楽は『ベニスの愛』(70)『夜行性情欲魔』(71)『血みどろの入江』(71)等を手掛けるイタリア映画音楽の巨匠ステルヴィオ・チプリアーニによるもので、音楽愛好家は「スコアがとにかく絶品!」と震え、フランスの芸術家ニキ・ド・サンファルによる作品≪ホン≫のレプリカが登場することから、アート好き方面には「ニキ好きとしては見逃せない」と、その邦題のインパクトのみならず芸術点の高さからも各方面のざわつきが起こっている。

『男女残酷物語/サソリ決戦』場面画像3 『男女残酷物語/サソリ決戦』場面画像4
コメント一覧(順不同)
  • 田中知之/FPM(DJ・プロデューサー)
    1992年、京都に今も存在する日本最古のクラブであるMETROで、僕は古今東西の映画音楽だけをプレイするDJパーティを始めた。そんな折、1番熱狂していたのが1960年代終わり頃のイタリアの映画の、しかも日本未公開作品の、サウンドトラック盤の収集だった。モリコーネ、ピッチオー二、トロヴァヨーリ…巨匠と言われた人の作品であっても、あの時代のイタリアの映画音楽はホントに魅力的だった、いや、狂っていたと言った方が良いかも知れない。まだGoogleもYouTubeもDiscogsもなかった時代、中古レコード店で出会うことだけがそれらを手に入れる唯一の方法だった、、、。あれから30年もの月日が流れ、あの日、僕が「きっと存在するはずだ!」と夢想して探し求めていたグルービーでサイケデリックで耽美的な映画音楽とこんな形で出会うことになろうとは。しかも映画自体も私達がレコードと同様に収集していたフランスのおしゃれエロ雑誌「FLUXUS」の世界感をベースにしていることを高らかに謳っているではないか。オリジナルのサントラ盤はもちろん公開当時に発売されていたのだけれど、必死でイタリアのサントラ盤を収集していたタイミングでは入手が叶わなかった。でも、それで良かったような気がする、30年前にこの映画や映画音楽に出会っていたら、そこで僕達のイタリア映画音楽探求の旅は終わってしまっていただろうから。そのくらい究極。
  • 内田春菊(漫画家・俳優)
    ちょっとエロいものを笑って観れるようになりたい、そんな「大人の階段を上りたい」人にぜひおすすめ! お洒落でアーティスティックで、俳優さんたちも音楽も素敵。なのにこんなに笑える!撮り方って不思議(ちょっと新藤兼人味ある感じ?)。 なんでずっと日本で公開されなかったのか……この「今でしょ」感に乗り遅れちゃダメ!
『男女残酷物語/サソリ決戦』場面画像5 『男女残酷物語/サソリ決戦』場面画像6
  • アマイワナ(ミュージシャン)
    1969年製だっていうのに、まさに現代社会を予測していたかのような、タイムリーでインテリジェンス溢れるおしゃれスリラー❤ファッションやメイク、ハイテク家電、そして巨大女性像「ホン」の造形美にうっとりしている間に加速していく女と男の終わりなき変態対決は、エレガントであればあるほど上手(うわて)ってわけね❤なんておしゃれなの!と思わず言っちゃうぐらいよ❤マニア心をくすぐる、美しさとおしゃれを極めた大人のアートスリラームービーよ❤
  • 北村紗衣(英文学者)
    あらすじやタイトルに騙されず、最後まで見てみてください。お話のさわりを聞いただけだと、昔のよくあるエロティックスリラーで全然面白そうに見えない…かもしれませんが、実は現代に通じる社会問題をダークなユーモアとオシャレなビジュアルで手厳しく皮肉ったスリリングな映画です。男女間の権力関係がめまぐるしく移り変わる様子は終盤まで目が離せません。
  • ヴィヴィアン佐藤(美術家/ドラァグクイーン)
    女性と男性との埋め難い溝は、ときに極端な補助線が現れる瞬間にしか埋まらない。彼らは一瞬世界でいちばんの理解者になり、その後宇宙でいちばんの敵となる。
  • 小柳帝(ライター・編集者)
    イタリア映画サントラのマニアならジャケットで知っている、ステルヴィオ・チプリアーニの最高傑作の一つにしてトップレア盤の『Femina Ridens』(マニアなら原題で覚えているはず)が、『男女残酷物語/サソリ決戦』という邦題で、ついに劇場公開される! 私も昔、DJでかけたスキャット・コーラス入りのバロック・ジャズ「Fugato」や、オリンピアが歌うグルーヴィー・チューン「Femina Ridens Song」は映画のどこで流れるのかも要チェックだ。
『男女残酷物語/サソリ決戦』場面画像7 『男女残酷物語/サソリ決戦』場面画像8
  • 高橋諭治(映画ライター)
    男女のSM的性愛闘争を描いた作品だが、サイコな妄執スリラー、キッチュなスパイムービー、近未来SFのテイストが自由奔放に混在し、摩訶不思議なギミックとオブジェに彩られた映像世界に唖然呆然。目まいを誘う後半の場面転換は、まさに白昼夢のような映画体験だ。
  • 遠山純生(映画評論家)
    フェミニズムが女性による単為生殖社会の到来を実現するのではないかと怖れる男性禁欲主義者。これは、そんな自己矛盾を抱えた変態と、彼を「男」にするサソリをめぐる、身も蓋もない話。だからここでは、女に対する嫌悪と劣等感と崇拝が混線するジャッロ的世界と、男を食いものにするノワール的なヴァンプ像が一つになる。エリオ・ペトリ、ラドリー・メツガー、ジェス・フランコ、大和屋竺らとも共振する想像力のなかで、暴力と死の予感がポップアートやアンフォルメルやキネティックアートと衝突し、男女の権力闘争にライヒや性革命が反響する。ひとことでまとめれば珍奇!
  • 渡部幻(批評家)
    60年代後半のイタリアで、男性の不妊手術を提唱する急進的な女性が拉致監禁される。同時代の007映画的なデザイン空間で下されるサド・マゾの”罰“。その命令と服従のサディズムは男性権力の誇示であると同時に射精の代償行為でもある。が、しかしこの映画、女性の曲線美によだれを垂らさせる男性向けのポルノグラフィとは一線を画している。むしろ風刺であって、奇矯なユーモアにこそばゆくくすぐられているうちに、その眼目はジェンダーの概念にとらわれて怯える“男の哀れ”に向けられていると気づくのだ。そして女は……。ジュゼッペ・カポグロッシの”フォーク的“記号や“ナナ・シリーズ“のニキ・ド・サンファルのアートを模した食中植物的な美術に目を奪われるが、かのカルロ・ランバルディが制作した男に瓜二つの”分身ビニール人形“の暴露的な破壊力には敵わないかもしれない。
CREDIT
男女残酷物語/サソリ決戦
1969年|イタリア映画|ビスタ|90分|
原題:Femina Ridens|英題:The Laughing Woman / The Frightened Woman|映倫区分:G / S-4383
©1969 – Cemo Film (Italia) - Surf Film All Rights Reserved -
監督・脚本:ピエロ・スキヴァザッパ
製作:ジュゼッペ・ザッカリエーロ 撮影:サンテ・アキーリ 美術:フランチェスコ・クッピーニ
衣装:エンリコ・サバティーニ 編集:カルロ・リアリイ 音楽:ステルヴィオ・チプリアーニ
出演:フィリップ・ルロワ,ダグマー・ラッサンダー,ロレンツァ・グェッリエリ,
バロ・ソレリ,マリア・クマニ・クアジモド,ミレッラ・パンフィーリ
キングレコード提供 アンプラグド配給/イタリア残酷超特作

公式サイト 公式 𝕏 公式Facebook 公式Instagram

2024年6月7日(金)より新宿武蔵野館・
渋谷ホワイトシネクイントほか全国順次公開

2024/06/03/20:10 | トラックバック (0)
NEWs ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2024 INTRO