富田 優子/PROFILE

1974年生まれ、神奈川県川崎市出身
東京国際映画祭 第2回映画批評家プロジェクト(2007年)佳作入賞

好きな俳優:ジャック・ニコルソン、ラッセル・クロウ、ジェームズ・マカヴォイ、佐藤浩市、小栗旬、ケイト・ブランシェット、ナタリー・ポートマン
好きな映画: 『イングリッシュ・ペイシェント』『エリザベス』『エリザベス:ゴールデン・エイジ』『ニュー・シネマ・パラダイス』『ピアノ・レッスン』『E.T』『つぐない』『LAコンフィデンシャル』『チャーリーとチョコレート工場』『アバウト・シュミット』『隠し砦の三悪人』『影武者』『バットマン』『アポロ13』『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ、『ハリー・ポッター』シリーズ……などなど。
好きな監督:黒澤明、クリント・イーストウッド

過去記事一覧

愛を読むひと

『愛とは?罪とは?赦しとは?――模範解答のない問いに挑んだ至高の作品』 / (結末に関する記述あり!) この日を待っていた。世界的なベストセラーとなったベルンハルト・シュリンクの著書『朗読者』の映画化『愛を読むひと』が公開される日を。そして見終わった後に心の底からこう感じた。――待っていた甲斐があった!そして、この映画に携わったスタッフ、キャストに「(映画をつくってくれて)ありがとうございました」と心のなかで深々と頭を下げた。... 続きを読む

2009/06/30/20:00 | トラックバック (3)

お買いもの中毒な私!

『世知辛い時代だからこそ……、ハッピーエンドに浸りたい!』 / (結末に関する記述あり!) 百年に一度の未曾有の大不況と言われている今、レベッカ(アイラ・フィッシャー)の大胆かつ無計画な買い物っぷりに「こんなこと、現実にはありえんだろうが!」と心のなかで毒づいた。この不況下で、明日の生活でさえどうなるのか先の見えない世の中だ。レベッカのように、何種類ものクレジットカードの限度額を超え、借金取立人に追われるまで買い物にうつつ... 続きを読む

2009/06/16/12:16 | トラックバック (5)

レビュー:『ブッシュ』

『ブッシュにエクスキューズの機会を与えなかった、オリバー・ストーンの陰湿なイジメ』 / (結末に関する記述あり!)これはもしや、今人気の社会風刺コント集団〈ザ・ニュースペーパー〉の米国版か?とも思えるような光景が、映画の冒頭から繰り広げられる。2002年当時の米国の政治家のそっくりさん達――第43代大統領ジョージ・W・ブッシュを筆頭に、チェイニー副大統領、ラムズフェルド国防長官、パウエル国務長官、ライス大統領補佐官等――が... 続きを読む

2009/06/03/13:16 | トラックバック (5)

グラン・トリノ

『クリント・イーストウッドが訴える、米国のあるべき姿とは?』 / (結末のネタバレあり!)クリント・イーストウッドという人は、才能が枯渇することを知らないのだろうか?21世紀に入ってからも、『ミスティック・リバー』(03)、『ミリオンダラー・ベイビー』(04)、『硫黄島からの手紙』(06)、『チェンジリング』(08)などの名作を世に送り出し、その手腕にはいつも感服していたが、4年ぶりに監督・主演を務めた新作『グラン・トリノ』(08)でもその期待を裏切ることはない。... 続きを読む

2009/05/19/12:26 | トラックバック (8)

前の10件 1 2 3 INTRO TOP

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2021 INTRO