インタビュー
アジアの純真/韓英恵

韓 英恵 (女優)

映画「アジアの純真」について

公式

2011年10月15日(土)より新宿K’s cinemaにてロードショー!
11月5日よりシネマスコーレ(名古屋)11月中旬より第七藝術劇場(大阪)他、全国順次公開!
K’s cinema公開中は、連日豪華ゲストによるトークショーを開催

拉致事件に憤る日本人が反朝鮮感情を高めた2002年。チマチョゴリを着た少女がチンピラの犠牲となり、その妹と、彼女を救えなかった少年とが「世界を変える」ために毒ガスを手に取る……。片嶋一貴監督の『アジアの純真』は物議を醸すこと必至の内容だが、白黒の映像で撮られたピュアな怒りは濁った社会に美しく善悪を突き付け、観る人の心を揺さぶってくる。ヒロインを演じたのは韓英恵さん。10歳のときに鈴木清順監督の『ピストルオペラ』(01)で鮮烈なデビューを飾って以来、名だたる監督たちのミューズとして活躍してきた彼女が、この作品では初めて自らのルーツと向き合い、渾身の演技をぶつけている。作品に込めた想いなどをうかがった。(取材:深谷直子

韓 英恵 (かん はなえ) 1990年11月7日生。僅か10才のとき、ベネチア国際映画祭正式出品の『ピストルオペラ』(01年/監督:鈴木清順)でデビュー。カンヌ国際映画祭で絶賛された『誰も知らない』(04年/監督:是枝裕和)、ニュー・モントリオール国際映画祭コンペティション部門、ベルリン国際映画祭Panorama部門に出品された『疾走』(05年/監督:SABU)と、18才にして世界三大映画祭出品作への出演経験を持つ。代表作に「悪人」(10年/監督:李相日)、「悪夢探偵2」(08年/監督:塚本晋也)、「memo」(08年/監督:佐藤二朗)、「黄色い涙」(07年/監督:犬童一心)、「阿修羅城の瞳」(05年/監督:滝田洋二郎)、「チープ・トリップ」(03年/監督:蜷川実花)、「マイ・バック・ぺージ」(11年/監督:山下敦弘)など。

――この映画に出ることになった経緯から教えていただけますか?

韓英恵韓 この映画のお話をもらって、題材にすごく自分と重なるものがあるなと思ったんです。私のお父さんが韓国人で、私はハーフなんですけど、今まだ自分の国籍が分からないんですよね。多重国籍でまだ決まってないと言うか。そういう中で人間関係が上手くいかない時期があったんです。小学生のとき、(映画でも描かれる、拉致問題で反朝鮮感情が高まった)2002年とかに、差別じゃないですけどいじめられたりして。私は自分のそういう部分を受け入れたくなくて、シカト状態でした。そういうのって別に避けても通れる道じゃないですか。何とかスルーして生きていきたいと思っていて。そういう中でこの映画に出会って、台本を読んだときに、少年(笠井しげ)の「見て見ぬふりをしていたのは僕なんだ」っていうセリフに、「これは自分だな」って思ったんです。主人公二人の復讐劇にしても、私もいじめをし返したりとか、憎しみを憎しみで返すことをしたことがあったんですね。今は全然大丈夫なんですけど、当時を思い返すとそういう人たちには本当に申し訳なくて。憎しみの連鎖をしていてもしょうがないな、自分と向き合ってみようかなって思えてきて。自分が半分韓国人っていうことを受け入れて、真正面から向き合っていきたいなって思って、それでこの映画を撮ろうと思いましたね。

――韓さんにとって、とてもいい作品との出会いだったんですね。片嶋監督は最初から韓さんを主役に考えていらしたんでしょうか?

韓 いえ、監督はこの事務所(ドッグシュガー/映像制作プロダクション)の社長さんでもあって、私はデビュー以来こちらに所属させてもらっているんですけど、最初にこの脚本が持ち込まれてきたのは2003年で私は13歳だったから、そのときは全然この役には考えられなかったですよね。でも脚本がだんだん出来上がるにつれて私が大人になっていって、そこでマッチしたようです。

――ああ、そうなんですか。だんだん機が熟していって。

韓 らしいです。私もこの前初めて聞きました。

――監督もずっと韓さんを見てきて、ここでチャレンジさせてみたいという気持ちがあったのかもしれませんね。

韓 はい、そうですね。

――この役は自分と重なる部分がすごく多かったということなんですが、逆にここは違うな、というところはありましたか?

『アジアの純真』韓 テロは起こさないですね、私は(笑)。そこまで実行力がないと言うか、自分で思ったことを最後まで貫くのが苦手なんです。

――あ、そうなんですか? どちらかと言うと普通の女の子らしい感じで。

韓 はい、ふにゃふにゃしてます(笑)。

――では演じるのは難しかったですか?

韓 でも気持ち的には魂からもう本当に入り切っていて、自分を演じていたようなものなので、逆にやりやすかったですね。

――この少女の特徴として他には、食欲があっておしっこにもよく行って(笑)、すごく本能に忠実で生命力がある感じがしますが、何か演じる上で心がけたことはありますか?

韓 食べるシーンでは、「ガツガツ食べろ、ゴハン粒は一粒残さず全部食べろ」って言われて、撮影で食べるためにお昼を食べなかったりしました。たこ焼きとかラーメンとか、食べるシーンはいっぱいあったんですけど、人間が生きる上で必要なこととして描いているっていうことなんですね。ああいうシーンってカットできるけどあえてカットしなかったらしくて、そういうところにも監督の意図が感じられるなあって思いました。

――ラブホテルで誘うようなシーンもありましたし、全てにおいて貪欲な感じの子ですよね。

韓 肉食系女子ですね(笑)。

――笠井しげさんが演じた少年といいコントラストですよね。この物語は少年側から見たら、少女と出会うことによってそれまで内向的だったところから成長していく物語で、やはり難しい役どころだったと思います。また二人の逃避行ということでほとんどのシーンで一緒でしたが、笠井さんの印象というのはどんなものでしたか?

韓 しげとはオーディションで初めて出会ったんですけど、そのときにもう絶対この役はしげになるなって思っていました。演技が私より完璧だったんですよね。ヤバイぞこれは、って。それがしげの第1印象だったんですが、でもそこからだんだん話すようになったらすごいやんちゃだったんですよね。

――年は同じぐらいですよね?

韓 そうですね、しげのほうが1コ下です。全然タメ語ですけどね(笑)。私も性格的には洋服とか化粧品とか大好きで、そういうところは女子なんですけど、気持ちは男子みたいなところがあるので全然気にせず一緒にやれました。自転車の二人乗りのシーンがかなりあったんですけど、ああいうことは今でも普通にしているし、しげには「転んだらぶっ飛ばすよ」的な(笑)。重い作品だからこそチームワークって必要だと思うし、しげだから最後までちゃんとできたってホント思います。本当に感謝の言葉だけですね。

page2 page3

アジアの純真 2009年/35mm/108分/白黒
出演:韓 英 恵,笠井しげ,黒田耕平,丸尾丸一郎,川田 希,澤 純子,パク・ソヒ,白井良明(ムーンライダース),若松孝二
エグゼクティブプロデューサー:小曽根太,石川始 プロデューサー:木滝和幸,門馬直人 ラインプロデューサー:安藤光造
撮影:鍋島淳裕 照明:堀口 健 録音:臼井 勝 美術:佐々木記貴 音楽:ken sato
編集:福田浩平 VFX:柳 隆 助監督:茶谷和行 スケジューラー:江良 圭
配給:ドッグシュガームービーズ 企画・制作プロダクション:ドッグシュガー
製作:ドッグシュガー,ロード・トゥ・シャングリラ,HIP
脚本:井上淳一 監督:片嶋一貴 (C)2009 PURE ASIAN PROJECT 公式

2011年10月15日(土)より新宿K’s cinemaにてロードショー!
11月5日よりシネマスコーレ(名古屋)11月中旬より第七藝術劇場(大阪)他、全国順次公開!
K’s cinema公開中は、連日豪華ゲストによるトークショーを開催

悪夢探偵2 [DVD]
悪夢探偵2 [DVD]
  • 監督:塚本晋也
  • 出演:松田龍平, 三浦由衣, 韓英恵, 光石研, 市川実和子
  • 発売日:2009-06-26
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • Amazon で詳細を見る
memo [DVD]
memo [DVD]
  • 監督:佐藤二朗
  • 出演:佐藤二朗, 韓英恵, 宅間孝行, 岡田義徳, 池内博之
  • 発売日:2008-06-25
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • Amazon で詳細を見る

2011/10/09/17:30 | BBS | トラックバック (2)
深谷直子 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

TRACKBACK URL:

アジアの純真/誰を殺したら、世界を変えられるの? A 映画感想 * FRAGILE

アジアの純真PURE ASIA/監督:片嶋一貴/2009年/日本 この国でも、あの国でもないどこかへ。 「アジアの純真」というとPUFFYの曲しか...

Tracked on 2011/10/26(水)12:07:37

アジアの純真/誰を殺したら、世界を変えられるの? A 映画感想 * FRAGILE

アジアの純真PURE ASIA/監督:片嶋一貴/2009年/日本 この国でも、あの国でもないどこかへ。 「アジアの純真」というとPUFFYの曲しか...

Tracked on 2011/10/26(水)12:07:37

アジアの純真(1) 久々冒頭5分 私の・名前は・キム・ソンリョ! A もっきぃの映画館でみよう(もっきぃの映画館で見よう)

もっきぃです。 福知山に住んでいて映画を年間百本みたとして、それでも残念に思うのは、 見たいのに見逃した作品の多いこと。気づいたときには、上映しているの...

Tracked on 2011/12/18(日)19:00:12

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO