インタビュー
アジアの純真/韓英恵

韓 英恵 (女優)

映画「アジアの純真」について

公式

2011年10月15日(土)より新宿K’s cinemaにてロードショー!
11月5日よりシネマスコーレ(名古屋)11月中旬より第七藝術劇場(大阪)他、全国順次公開!
K’s cinema公開中は、連日豪華ゲストによるトークショーを開催

拉致事件に憤る日本人が反朝鮮感情を高めた2002年。チマチョゴリを着た少女がチンピラの犠牲となり、その妹と、彼女を救えなかった少年とが「世界を変える」ために毒ガスを手に取る……。片嶋一貴監督の『アジアの純真』は物議を醸すこと必至の内容だが、白黒の映像で撮られたピュアな怒りは濁った社会に美しく善悪を突き付け、観る人の心を揺さぶってくる。ヒロインを演じたのは韓英恵さん。10歳のときに鈴木清順監督の『ピストルオペラ』(01)で鮮烈なデビューを飾って以来、名だたる監督たちのミューズとして活躍してきた彼女が、この作品では初めて自らのルーツと向き合い、渾身の演技をぶつけている。作品に込めた想いなどをうかがった。(取材:深谷直子

page1 page3

韓英恵2――撮影期間はどれぐらいだったんですか?

韓 3週間ぐらいだったと思います。その期間はガーッともう寝る時間もなく撮っていましたね。すごくキツかったです。寒いし。

――特に難しかったシーンはどこですか?

韓 カラオケですね。身体とか声とかではなく気持ちがキツかったです。撮影時期は後半の、結構入り込んでいる頃で、自分が今まで経験したいろんなことを映画に反映してきた中であのシーンでは昔の記憶とかが全部蘇ってきちゃって、息ができなくなるぐらい重かったです。本当に息ができなくて最後は外に飛び出してしまいました。どうしたら世界が変わるかも分からないし、全然答えとか出てなかったし、そんな思いでいっぱいでした。

――片嶋監督は演技について細かく注文を付けたりするんですか?

韓 「違う演技をしてみて」と言われることが多くて、パターンはいろいろ撮ったと思うんですね。あとはもう本当にヤケクソにやっていく感じだったので、演技って言うよりもそのときの気持ちで行動してしまって、狙っているわけでもなくテイクごとに全然違う演技になるんですよね。それもまた困った話だって言われましたね。この前一緒に飲みに行ったときもそんなようなことを言われました。「お前はテイクごとに違うんだよね!」って。

――リハーサルはされたんですか?

韓 リハーサルもちょっとはしましたね。でも本当にちょっとです。その場でやらなきゃできないような画の方が圧倒的に多いので、リハーサルしたら成り立たないと言うか、その場の気持ちでやるしかない。体当たりでしたね。当たって砕けろ的な。

――少女役とそのお姉さんとの二役を演じましたが、演じ分けるのに意識したのはどんなことですか?

韓 どっちも芯が強いというのは共通していることですが、お姉ちゃんの方は明るくて、色に例えると白。主人公の少女の方は黒で、まったく真逆だと思いますね。少女は親から比べられたりもしていただろうと思います。

――ほかの共演者で印象に残っている方はいますか?

『アジアの純真』2韓 マコト役の(黒田)耕平さんとよく絡んだんですけど、いちばん寒いシーンで一緒で助けてもらいましたね。演技も上手いし、楽しかったです。みなさんとは一緒にいる時間がすごく長くて、しかも合宿所みたいなところに一緒にいたんですよ。和気あいあいと、チームワークがこんなで(両手を広げる)、一致団結してましたね。自主製作だからできるチームワークだったんじゃないかなと思いますね。

――いい体験になりましたね。

韓 本当に撮ってよかったなって思いますね。自分が脱皮できたって感じでした。

――2009年に撮られた作品ですが、公開には時間がかかってしまいましたね。

韓 やっぱり題材が題材なのでなかなか公開できなくて、今に至ります。

――でもその間いろいろな映画祭への出品はされていましたよね。映画祭での感想などで印象に残ったことはありますか?

韓 私は今年ロッテルダム(国際映画祭)に行って、一昨年ぐらいに春川(国際学園平和映画祭)に行ったのかな? ロッテルダムでは賛否両論ではあるんですけどいろんなことを積極的に質問してくるので、ヨーロッパの方は目が肥えているなあと思いました。ヨーロッパの方からするとアジアのことというのはすごく分からないことで、遠くの話だと思っている人が大多数なんですけど、映画を観ることでこういう問題もあるんだなっていうことを考えて、自分の意見をハキハキ言うんですよね。「これはアジアだけの問題じゃない」って言ってくださる方もいたし、人種的な問題に慣れているようで、すごく食い付いてきました。大陸的ということなんでしょうかね。

――確かに向こうの方がいろんな人種が混じっていて、歴史も背負っていますもんね。

韓 いろいろあると思うんですけど、そういう中で意見を聴けて、勇気をもらえました。

page1 page3

アジアの純真 2009年/35mm/108分/白黒
出演:韓 英 恵,笠井しげ,黒田耕平,丸尾丸一郎,川田 希,澤 純子,パク・ソヒ,白井良明(ムーンライダース),若松孝二
エグゼクティブプロデューサー:小曽根太,石川始 プロデューサー:木滝和幸,門馬直人 ラインプロデューサー:安藤光造
撮影:鍋島淳裕 照明:堀口 健 録音:臼井 勝 美術:佐々木記貴 音楽:ken sato
編集:福田浩平 VFX:柳 隆 助監督:茶谷和行 スケジューラー:江良 圭
配給:ドッグシュガームービーズ 企画・制作プロダクション:ドッグシュガー
製作:ドッグシュガー,ロード・トゥ・シャングリラ,HIP
脚本:井上淳一 監督:片嶋一貴 (C)2009 PURE ASIAN PROJECT 公式

2011年10月15日(土)より新宿K’s cinemaにてロードショー!
11月5日よりシネマスコーレ(名古屋)11月中旬より第七藝術劇場(大阪)他、全国順次公開!
K’s cinema公開中は、連日豪華ゲストによるトークショーを開催

疾走 スペシャル・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]
疾走 スペシャル・エディション【初回限定生産2枚組】 [DVD]
  • 監督:SABU
  • 出演:手越祐也, 韓英恵, 中谷美紀, 豊川悦司, 大杉漣
  • 発売日:2006-05-26
  • おすすめ度:おすすめ度3.5
  • Amazon で詳細を見る
ピストルオペラ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
ピストルオペラ スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
  • 監督:鈴木清順
  • 出演:江角マキコ, 山口小夜子, 韓英恵, 永瀬正敏, 平幹二朗
  • 発売日:2004-08-27
  • おすすめ度:おすすめ度4.5
  • Amazon で詳細を見る

2011/10/09/17:32 | BBS | トラックバック (1)
深谷直子 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

TRACKBACK URL:

アジアの純真/誰を殺したら、世界を変えられるの? A 映画感想 * FRAGILE

アジアの純真PURE ASIA/監督:片嶋一貴/2009年/日本 この国でも、あの国でもないどこかへ。 「アジアの純真」というとPUFFYの曲しか...

Tracked on 2011/10/26(水)12:08:37

アジアの純真/誰を殺したら、世界を変えられるの? A 映画感想 * FRAGILE

アジアの純真PURE ASIA/監督:片嶋一貴/2009年/日本 この国でも、あの国でもないどこかへ。 「アジアの純真」というとPUFFYの曲しか...

Tracked on 2011/10/26(水)12:08:37

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO