映画祭情報&レポート

トーキョーノーザンライツフェスティバル2012

http://www.tnlf.jp/

2012年2月11日(土)~17日(金)まで、ユーロスペースにて開催!

この冬も、渋谷に”北欧映画の一週間”がやってくる!

トーキョーノーザンライツフェスティバル2012昨年2月、「アンチ・クライスト」、「100,000年後の安全」のジャパンプレミア上映を始め、新旧の北欧映画を紹介し、好評を博した「トーキョーノーザンライツフェスティバル」が再び渋谷にやってくる。
今回もジャパンプレミア、日本劇場未公開作を含む選りすぐりの北欧映画新旧14本が上映される他、ライブやシンポジウムなどの各種イベントも開催される。

■アイスランド映画界の重鎮
フリドリック・トール・フリドリクソン監督特集

『マンマ・ゴーゴー(プレミア)』 『春にして君を想う』 『エンジェル・オブ・ザ・ユニバース(劇場未公開)』 『精霊の島』
■ Dig Up! TNLF 発掘!北欧直輸入!
安部公房原作の幻の映画 『友達』、鬼才ポール・シュレットアウネ監督の傑作 『ネクスト・ドア』(ジャパンプレミア)
■ The Origin 北欧映画作家たちの原点
『セレブレーション』 『卵の番人』 『エレメント・オブ・クライム』

北欧を感じる、再発見する各種イベントも開催!

★ 1920年代の伝説の無声映画『魔女』の生演奏+トークショー付上映会 (演奏:柳下美恵氏)。
★ アイスランドの若き歌姫Lily And Fox のソロライブや、トークショーなどアイスランド音楽のイベントが充実。
★ シンプル・シモンの上映を記念し、アスペルガー症候群を映画から学ぶシンポジウムをスウェーデン大使館で開催。
★ ほほ全作品の上映前に、ショートアニメ集「Olle Eksell in Motion」(全13作品)の中から1 作品(約5分)を特別上映。
★ 北欧カフェで「フィーカ(お茶)しませんか?」 劇場1F のカフェ・テオが期間中北欧カフェに変身。

2012年2月11日(土)~17日(金)まで、ユーロスペースにて開催!

上映タイトル一覧

●フリドリック・トール・フリドリクソン監督特集

「マンマ・ゴーゴー」(アイスランド)☆ジャパンプレミア
「マンマ・ゴーゴー」
「マンマ・ゴーゴー」
『春にして君を想う』完成直後、監督自らが体験した経済的破綻と母親のアルツハイマー発症を描いた物語。彼を映画にいざなってくれた母の人生の最後に訪れた混乱と哀しみに、自身も振り回される。誰の人生にも否応なく降りかかる現実に、限りない優しさとユーモアで映画は応える。

「春にして君を想う」(アイスランド)
都会の老人ホームで再会したソウルゲイルとステラ。無人となった故郷の島へ向かうため、ある夜ふたりはホームを脱走し、この世の果てを思わせる美しく幻想的な風景の中を、魂の還る場所へとひたすら進んで行く。公開時人口26 万人のアイスランドで、実に20万人を動員した作品。

「精霊の島」(アイスランド)
1950年代、第二次大戦の面影が色濃いレイキャビクに米英軍が残したバラック。そこには多くの人びとが住み着いていた。アメリカ文化が一気に流れ込んできた時代、高揚感と混乱に翻弄されるある一家の物語。映画はそんな時代も、やがて過ぎ去っていくことを鮮やかに予言する。

「エンジェル・オブ・ザ・ユニバース」(アイスランド)☆日本劇場未公開
画家志望の青年ポールは失恋の痛手から精神が不安定に。 入院先の精神病院で、あまりにも個性的な新しい仲間たちに出会う。シガー・ロスをはじめ、時代と国境を超えた名曲の数々に彩られたフリドリクソン劇場未公開作。アイスランドの映画と音楽を愛するファン待望の上映決定!

●Dig Up - TNLF発掘!
北欧直輸入!本国からフィルムを取り寄せた貴重な上映。

「友達」
「友達」
「友達」(スウェーデン)
ある日突然、独身生活を楽しむ若い男の部屋へ見知らぬ家族が 訪れる。謎の共同体に自由を奪われる男の抵抗と恐怖。原作者 安部公房に指名された監督が5年をかけ、原作の不条理感を見事にアレンジした労作。24年を経て実現する奇跡の発掘上映、 安部ファンならずともお見逃しなく!

「ネクスト・ドア/隣人」(ノルウェー)☆ジャパンプレミア
恋人と別れ傷心に沈む男の日常が、ある日出逢った蠱惑的な隣人姉妹によって狂わされてゆく…。長編デビュー作『ジャンク・メール』で世界中の喝采を浴び、ノオミ・ラパス主演の最新作 『Baby Call』(2011)も各国で注目される、シュレットアウネの衝撃のサイコ・スリラー。

●The Origin ― 北欧映画作家たちの原点 ―
北欧映画を牽引する気鋭の監督たちの長編デビュー作特集

「セレブレーション」(デンマーク) トマス・ヴィンターベア監督
‘ドグマ95’の記念すべき第一作。還暦を迎えた富豪を祝うため、 親族や友人らが郊外の豪邸に集う。やがて上流階級一家の秘密 が、息子の口から暴露されてゆくが…。ドグマ効果が生み出す 臨場感と緊迫感で、人間の本性が抉り出される様を、まざまざと 見せつけられる衝撃の映画体験。

「卵の番人」(ノルウェー) ベント・ハーメル監督
雪深い森で暮らす年老いた兄弟のファーとモー。デジャヴの様に繰り返す日常が、ファーの息子の突然の出現により崩壊していく。車椅子の息子は鳥の卵のコレクションを抱え、雌鶏のような鳴き声を上げるのだった…。ちょっと変わった老人二人と息子が織りなす、シュールで奇妙な物語。

「エレメント・オブ・クライム」(デンマーク) ラース・フォン・トリアー監督
新作を発表するたび物議を醸すトリアー作品の中でも、未だにカルト的支持の高い1本。犯罪者の心理分析に長けた警部が、その感性ゆえ、犯罪の闇に呑み込まれてゆく…。ジャンルを軽々と凌駕する独創性に裏打ちされた、セピア調の淫靡な映像にも五感を刺激される、異色のノワール。

●Northern Focus その他バラエティに富んだラインナップ

「シンプル・シモン」
「シンプル・シモン」

「シンプル・シモン」(スウェーデン)☆日本劇場未公開
僕の名前はシモン。「アスペルガー症候群です」って書いてあるバッジをつけ、時間ぴったり毎日仕事に通う。僕より973倍イケてる大好きな兄さんが、彼女にふられた。僕のせいみたい。 なんとかしないと…。緑爽やかなスウェーデンから届いた、心ふるえるスーパーキュートファンタジー。

「ラップランド・オデッセイ」(フィンランド)☆日本劇場未公開
フィンランド映画のイメージを覆す、コミカルなロードムービー。 大事な金を使い込み恋人に追い出された無職の男が、仲間と共に彼女の信頼を取り戻すための旅に出る…。真冬のラップランド を舞台に、トラブル続きの旅を通じて成長する男たちの姿を描く、2010年最大のヒット作。

「バックヤード」(アイスランド)☆ジャパンプレミア
近年、ユニークな才能を続々輩出するアイスランド音楽シーン。 レイキャビクの民家の裏庭をステージに、彼ら一流アーティスト達がライブを開催。その準備からFMベルファストやムームらのパフォーマンス、打ち上げまで、完全密着で捉えた音楽ドキュメンタリー。ファン必見の一作。

「オラファー・エリアソン スペース・イズ・プロセス」(デンマーク)☆ジャパンプレミア
現代美術作家、オラファー・エリアソン。 「ザ・ニューヨークシティ・ウォーターフォール」(2008年)を中心に、MoMAでの個展の様子など、彼の思考と制作過程を長期取材したドキュメンタリー。ダイナミックな自然の光や色の現象を、緻密かつ美しく表現する姿を克明に描く。

「魔女」☆生伴奏付の回アリ
メイクや撮影に数々の特殊技術を駆使、中世魔女伝説の世界を再現ドラマ化した独創性あふれるサイレント作。当時はその内容が問題視され、多くの国で公開禁止となった。後年作品の驚くべきクオリティーが絶賛、ホラーの聖典とも称される。今回、最新修復版のスクリーン上映が実現。

2012年2月11日(土)~17日(金)まで、ユーロスペースにて開催!

http://www.tnlf.jp/

ヨーロッパ/プレミアム・エディション/DVD
ヨーロッパ プレミアム・エディション [DVD]
  • 監督:ラース・フォン・トリアー
  • 出演:ジャン=マルク・バール, バルバラ・スコヴァ, ウド・キア, エルンスト・フーゴ・イェルゴルト, エディ・コンスタンティーヌ
  • 発売日:2006/05/27
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • Amazon で詳細を見る
光のほうへ/DVD
光のほうへ [DVD]
  • 監督:トマス・ヴィンターベア
  • 出演:ヤコブ・セーダーグレン, ペーター・プラウボー, パトリシア・シューマン, モーテン・ローセ
  • 発売日:2012/01/13
  • おすすめ度:おすすめ度5.0
  • Amazon で詳細を見る

2012/01/29/11:19 | BBS | トラックバック (0)
映画祭情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO