インタビュー
大石規湖監督監督『MOTHER FUCKER』

大石 規湖 (監督)
映画『MOTHER FUCKER』について【7/7】

2017年8月26日(土)~9月8日(金) 渋谷HUMAXシネマ
他 全国順次公開

公式サイト 公式twitter 公式Facebook (取材:深谷直子)

『MOTHER FUCKER』場面12 『MOTHER FUCKER』場面13
――本当にそうですね。公開が楽しみです。いろんな方に観てほしいなと。

大石 ただの音楽ドキュメンタリーではないので、説明が難しいなと思いますね。日曜に家族でバーベキューに行くような家族が、何も知らずに間違えてこの映画を観てくれたら嬉しいんですけど(笑)。この中に出てくる誰かの感情に共感できるところがあってほしいなと思って。仕事に一生懸命だったり、子育てに一生懸命だったり、ダンナとの関係に悩んでいたり、どんな人にも引っかかるところはあると思うから。

――そうですね、Less Than TVやハードコアのファンだけが観るのではもったいない。女性監督が撮ったということとか、いろんなところからアピールしたいですね。

大石 本当に、タイトルにビビらずに観てほしい(笑)。

――(笑)。『MOTHER FUCKER』というタイトルはどうして付けたんですか?

大石 タイトルは最初に決まっていたんですよ。谷さんから電話がかかってきたときに「タイトルは『MOTHER FUCKER』で」と。”MOTHER”はYUKARIさんで、”FUCKER”は谷ぐちさんのソロ名義なので、「面白いでしょう?」と。私も「ああ~、面白いです」って(笑)。

――なるほど(笑)。

大石 でも確かにパンチがあるタイトルで、1回聞いたら忘れないじゃないですか? なんか気になって「こんなタイトルだけど中身は何か違うんじゃないかな?」と思う人もいるんじゃないかなと。” MOTHER FUCKER”って汚い言葉と言われていますけど、観終わったときに”MOTHER”と”FUCKER”に分かれて感じてくれたり、全然違う意味に取ってくれたら嬉しいというか、そうであってほしいと思いますね。

――映画づくりを経験して、今のお気持ちは?

大石 去年はこの映画にかかりきりで、他の映像の仕事を断るようになってしまったんです。それで今めっきり仕事がなくなって、「ああ、映画監督が貧乏になるってこういうことなのかな?」って思いながら(笑)。でもこの家族が生活を大事にしながら音楽をやり続けているのを間近に見て、私も生活しながらこの仕事を絶対やり続けたいなと、映画を作り終えてあらためて思っています。撮っているときは大好きなレーベルで映画を撮れるなんて一生に一度の機会だから終わったら映像の仕事をやめてもいいという気持ちもあったし、映像の仕事をひとりでやるのって正直キツイなというところもずっとあったんです。ユーチューブで公開する作品やDVD作品を作っても、「何のためにやっているのかな?」と思うところがあって。だけどずっとこの人たちを見ていて映画を撮り終ったら、「いや、別に何のためとかいうのじゃなくて、やりたいことをずっとやり続けよう」というのが自分に返ってきて。別に細々とでもいいから音楽の映像をずっとやり続けたいなと思って。映画って人に与える影響も大きいですけど、作った自分に与える影響がこんなにも大きいものだとは思わなかったです。

――映画となるとやっぱり監督の作品、子供に例えられますもんね。

大石規湖監督3 大石 まさに、子供がひとり生まれました(笑)。女性にも本当に観てほしいですね。YUKARIさんの考え方って今まであんまり聞いたことがないものだと思って。「子供のために自分が好きなことをやめて、それを子供が負い目に感じたら子供のためにはならない。それよりも自分ががんばる姿を見せることが大事」って言ってやり続ける。人って誰でもやりたいことをあきらめなければいけないことがありますよね。女性だと特に子育てのために仕事をやめるだとか、そういう時期はあると思うんですけど、子供のせいにして何かをやめても、子供が「俺のせいなのか」って思っちゃったら何のためにもならない。一方でこの家族が素敵なのは、くだらないこととかこれだけいろんなことをやっていても、そこに責任を持ってやっているんですよね。それを見習いたいと。何のせいにもせず、やりたいことをやり続ける姿に、今の時代に生きるみんなが勇気づけられると思うんです。特にやっぱりいろんなことが生きづらい女性に観てほしいなと思います。

( 2017年8月16日 新宿で 取材:深谷直子 )

123456 7

9月16日~22日、シネマート新宿にて東京再上映、期間中連日イベント開催!
  • 9/16(土)19:00の回上映後|DEATHRO TV STYLE SHOW!
  • 9/17(日)21:00の回上映前|YUKARI+大石規湖監督トークイベント!
  • 9/18(月)21:00の回上映前|ヒラ山Shizu男(脳性麻痺号)+谷ぐち順+DEATHROトークイベント!
  • 9/19(火)21:00の回上映前|プー・ルイ(BiS) アイナ・ジ・エンド (BiSH)×YUKARI ガールズトークイベント 諸事情によりゲストはアイナ・ジ・エンド (BiSH)に変更になりました。
  • 9/20(水)21:00の回上映前|サイトウ”JxJx”ジュン(YOUR SONG IS GOOD)、酒井大明(Ohayo Mountain Road)トークイベント!
  • 9/21(木)21:00の回上映後|FUCKERミニライブ!
  • 9/22(金)20:45の回上映後|東京上映最終日、谷口家夫婦会議!
MOTHER FUCKER ( 1:1.78|カラー|ステレオ|98 分|2017 年|日本 )
出演:谷ぐち順、 YUKARI、谷口共鳴(ともなり) 他バンド大量
監督・撮影・編集:大石規湖
企画:大石規湖、谷ぐち順、飯田仁一郎 制作:大石規湖+Less Than TV
製作:キングレコード+日本出版販売 プロデューサー:長谷川英行、近藤順也
配給:日本出版販売 © 2017 MFP All Rights Reserved.
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2017年8月26日(土)~9月8日(金)、渋谷HUMAXシネマ
9月9日(土)~15日(金) シネマート心斎橋、9月16日(土)~22日(金) シネマート新宿、
9月23日(土)~29日(金) 名古屋シネマテーク、9月30日(土)~10月6日(金) 広島・横川シネマ、
10月14日(土)~20日(金) 横浜シネマ・ジャック&ベティ、
10月21日(土)~27日(金) 仙台・桜井薬局セントラルホール、
10月28日(土)~11月3日(金) 京都みなみ会館 以降 神戸・元町映画館 他 全国順次公開

2017/08/28/18:57 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2017 INTRO