新作情報

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018
国際コンペティション部門、SKIPシティアワード受賞

TAMA NEW WAVE2019ある視点部門 /
ドイツニッポンコネクション2019 / ちば映画祭2019
田辺・弁慶映画祭2019 俳優賞受賞
(福永朱梨)

彼女はひとり

公式サイト 公式twitter

2021年10月23日(土)より新宿K’s cinema他 全国公開

INTRODUCTION

孤独な復讐が始まる――

自殺を図ったものの、死ねずに生還した高校生の澄子(福永朱梨)。学校に戻ってきた澄子は、教師である波多野(美知枝)と密かに交際している幼馴染の秀明(金井浩人)を執拗に脅迫し始める。日々エスカレートしていく、澄子の「復讐」。そこには秀明との過去、そして澄子の家族に関わる、ある少女の幻影があった。彼女の孤独な復讐の行き着く果ては……。

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭、田辺弁慶映画祭ほか受賞多数
黒沢清監督、諏訪敦彦監督が絶賛した中川奈月監督作品

『彼女はひとり』画像主演は深田晃司監督「本気のしるし」では森崎ウィンに二股をかけられる同僚役を演じた福永朱梨。本作では、誰にも愛されない孤独と悲しみから他人を傷つけ、暴走していく主人公・澄子を繊細、かつ圧倒的な力で演じ、田辺・弁慶映画祭2019では俳優賞を受賞。その澄子に翻弄される幼なじみ・秀明に、『きらきら眼鏡』で池脇千鶴とダブル主演をつとめた金井浩人。ほか「牝猫たち』の美知枝や、『ミセス・ノイズィ』の三坂知絵子、『幸福な囚人』の山中アラタなど、個性的な面々が揃った。

監督は、中川奈月。本作は立教大学大学院の修了製作として作られたが、その脚本の完成度の高さから、黒沢清監督作品などを多く手がける芦澤明子が撮影で参加し、SKIPシティDシネマ国際映画祭にてSKIPシティアワードを受賞。その後進学した東京藝大大学院で監督した『投影』でもイラン・ファジル映画祭にノミネートされるほか、各地で監督特集が組まれるなど若き実力派監督。

COMMENTARY
  • 恋に悩む高校生たちの物語だと思って見ていたら、青春という言葉からはるか隔たった、あまりにもダークで狂気的な世界観に震撼していた。これは凄い。少なくとも日本映画で、このレベルに達した学園ドラマを私は他に知らない。
    ――黒沢清(映画監督)
  •  
  • 破壊することでしか触れることができない世界を生きる、その絶対的な孤独こそが世界=映画を再生させるはずだという覚悟が全編に漲っている。そして「彼女はひとり」ですべてを敵に回し、否定することで世界を抱きしめるという離れ業を堂々とやってのけるのだ。驚嘆した。――諏訪敦彦(映画監督)
  •  
  • こんなにドキドキした1時間、味わった事がない。ストーリー運び、俳優が吐く言葉、凄く好きです。脚本が欲しい。女優、福永朱梨さん、素敵過ぎました。本人には恥ずかしくて直接言えないのですが、そう強く思えた作品に出会えました。 ――森崎ウィン(俳優)
  •  
  • 福永朱梨さん演じる澄⼦の、
    時折訴えかける眼の奥の寂しさに⼼が消え⼊りそうになる。
    皆が皆、好き勝⼿に吐き出して、散らかして、
    残されたものは顧みずに踏みつけて歩いていく。
    誰もこの声など聞こえていない、⾒ていない。
    どこにもいない。幽霊はどちらかわからない。
    引っ掻き回された世界で⽬を回さずに歩くために、
    世界をかき回し直す彼⼥の視界は、明るくなるどころか依然混沌として、
    周囲を巻き込みながら淀んだ川の底へと、ゆっくり沈んでゆく
    ――根矢涼香(女優)
  •  
  • 死の淵から帰還した少⼥が、ある町のおぞましい⼈間関係を暴いて崩壊させていく。イーストウッドの『ペイルライダー』と横溝正史の世界が出会ったようなおぞましい物語なのに、若い⼥性監督が作った爽快なまでのギャップに度肝を抜かれる必⾒作! ――鶴田法男(映画監督)
  •  
  • ひとりの少⼥の復讐劇にみえる。彼⼥の動機が徐々に明かされる綿密な脚本。
    ⾏き場のない孤独と苛⽴ちを⼀瞬で伝える俳優の眼差し。
    ヘビーな世界観に⼀筋の光を差し込む繊細な演出。
    あえて⼀⾔でまとめるなら…傑作。――まつむらしんご(映画監督)
  •  
  • 可哀想で純粋で暴⼒的な嵐でした。悲しかったです。
    それはわたしがいつも物語の中に求めてる感動です。みんな可哀想でした。
    みんな助けて欲しがっていて、助けたがっていて、
    助けを求められても助けられないことを許して欲しがっていて、
    それは愛がなければ⽣まれない地獄でした。――椎名うみ(漫画家)
CREDIT
出演:福永朱梨 / 金井浩人,美知枝,中村優里,三坂知絵子,櫻井保幸,榮林桃伽,堀春菜,田中一平,山中アラタ
脚本・編集・監督:中川奈月
プロデューサー:ムン・ヘソン 撮影:芦澤明子 照明:御木茂則 録音:芦原邦雄  整音:板橋聖志
編集協力:和泉陽光 音楽:大嶋柊 美術:野澤優 衣装:古月悦子 助監督:杉山修平
スチール:明田川志保 吉田留美 特別指導:篠崎誠
配給宣伝:ムービー・アクト・プロジェクト 共同配給:ミカタ・エンタテインメント
2018/カラー/ビスタ/60分 ©2018「彼女はひとり」

公式サイト 公式twitter

2021年10月23日(土)より新宿K’s cinema他 全国公開

2021/10/11/18:29 | トラックバック (0)
新作情報 ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2021 INTRO