新作情報

アカデミー賞®受賞作『スポットライト 世紀のスクープ』監督最新作
《あなたの正義が問われる》極上のサスペンス・スリラー

スティルウォーター

『スティルウォーター』画像『スティルウォーター』場面画像1

公式サイト 公式twitter

2022年1月14日(金)、TOHO シネマズ シャンテ、
渋谷シネクイントほか全国公開!

INTRODUCTION

真実は、深く、沈んでいく

留学先の仏・マルセイユで殺人罪で捕まった娘アリソン(アビゲイル・ブレスリン)の無実を証明すべく、故郷の米・スティルウォーターから言葉も通じない異国の地へ単身渡るビル(マット・デイモン)。現地の協力者を得るも、他のほとんどの地元民は探りを入れてくる余所者のビルに口をきこうともしない。さらには、何者かに襲われてしまう始末。なおも諦めないビルは、わずかな手がかりを頼りに危険を顧みずさらなる深みへと身を投じる……。「娘を取り戻したい」その強い想い一心で行動を起こすビルだが、「娘を救えずあなたも投獄だ」と地元民に忠告を受け、ビルの元へ警察も訪れ、次々と不穏な事態に……。

構想10年。トム・マカーシー監督が長年描きたかったものとは―!?

第88回アカデミー賞®作品賞受賞『スポットライト 世紀のスクープ amazonリンク:『スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]』』のトム・マッカーシー監督最新作。仏マルセイユを舞台に、殺人罪で捕まった娘の無実を証明するため、父親が真犯人を探し出すというサスペンス・スリラー。10年ほど前に着想が生まれたと語るマッカーシー監督は、カンヌ国際映画祭パルムドール受賞『ディーパンの闘い amazonリンク:『ディーパンの闘い [DVD]』』の脚本ノエ・ドゥブレや『預言者』脚本トーマス・ビデガンらを迎え、ひとつの事件を通して絡み合う人物たちの人生を大胆かつ重厚に描き切った。

主演は、『オデッセイ』『ジェイソン・ボーン』のマット・デイモン。異国の地での真犯人探しに奮闘するアメリカ人の父親ビルを、泥臭くもリアルに体現し、海外メディアからは「最高の演技を披露した(NERDIST)」と絶賛された。娘アリソン役には、『リトル・ミス・サンシャイン』で映画ファンの心を掴んだアビゲイル・ブレスリン。『ゾンビランド:ダブルタップ』での好演も記憶に新しい彼女が、本作では、ガールフレンドを殺した罪で逮捕されるが信用できない父親を頼りにするしかないという難しい役柄を見事に演じた。

仏マルセイユを舞台に、真実と寛容と無償の愛を描いた感動的でパワフルなサスペンス映画が誕生。<真実>にたどり着いたその時、観る者の信念を揺るがす衝撃の結末が待ち受ける――!

『スティルウォーター』場面画像1 『スティルウォーター』場面画像2
イベントオフィシャルレポート

マット・デイモン、トム・マッカーシーはもっと評価されるべき!
「こんな良い作品を埋もれさせたくない!!」
映画ライター宇野維正が熱く語りつくす!

01.06『スティルウォーター』イベント@渋谷ユーロライブ画像去る 1 月 6 日(木)に渋谷のユーロライブにて、映画『スティルウォーター』の公開を記念した試写会が実施され、上映後には映画ライター宇野維正氏によるトークショーが行われた。宇野は「縦軸(ストーリー)と横軸(米・ 保守派と欧・ リベラル派の対比)の構造が素晴らしい!」と『スティルウォーター』 の魅力を熱く語った。

昨年カンヌ国際映画祭にてプレミア上映され大絶賛の評価を得た本作について、「素晴らしい作品にも関わらず、アメリカで公開された際(昨年夏)はコロナ禍で完全にお客さんが戻り切っていないというタイミング。そんな不運な状況にあり、これは是非応援しないと!という思いです」と語る宇野。
先ずは本作の主演マット・デイモンについて、「いまマット・デイモンは何度目かの全盛期にある!ですが、世の中は気づいていないんですよ!昨年公開の『最後の決闘裁判』もアメリカで興行的には不遇で、どうしても結果が出ないと賞レースでも不利になってしまう。本当だったらもっと“やっぱりマット・デイモンすごい!”という声があがるべきタイミングだと思います」と『最後の決闘裁判』での粗野な女性の心が理解できていない騎士役や『スティルウォーター』での典型的なアメリカ人労働者役を説得力のある演技と高く評価した。
そんなマット・デイモンが本作で演じる主人公ビル・ベイカーについて「彼の地元であるオクラホマ州は最近の大統領選でもトランプ支持者が多かった州でして、本作中でもビルはトランプ支持派ということが示唆されている保守層の男性」「また、ビルの協力者となる現地の女性ヴィルジニーはフランス・マルセイユの演劇人で典型的なリベラリスト。この 2 人の交流やすれ違い、理解と断絶…実は本作の比重はそこにあるんですよね。娘が留学先で罪に問われ拘留されてしまい、真犯人は誰なのか?本当に冤罪なのか?刑務所から出ることが出来るのか?というサスペンスの縦軸と、アメリカの保守派とヨーロッパのリベラル派の関係性という横軸、この 2 つの軸を見事に映画化しているんです!」と熱弁。

『スティルウォーター』場面画像3 『スティルウォーター』場面画像4

また、撮影監督の高柳雅暢についても解説。「ハリウッドの第一線で活躍されている日本出身の方の筆頭ですよね。本作では、米・スティルウォーターのパートでは引きの画が多く、仏・マルセイユのパートではハンディカメラを用いてカット割りも多め。このように舞台となる場所によって撮影方法を変えている。先程話した縦軸・横軸の他にも手法的に緻密な事をしているんです」と語った。さらに、フランスのサッカークラブ「オリンピックマルセイユ」の本拠地であるヴェロドームで実際の試合中に撮影されたというシーンについても言及。様々なスタジアムで試合を観た経験のある宇野は「どこまでがエキストラでどこまでが観客なのかわからないぐらい見事に撮っている。あの空気感をこんなに捉えている作品はなかなかないですよ!リアルな撮り方で興奮しました」と絶賛。サッカー好きならではの感想も飛び出した。
最後に、監督を務めたトム・マッカーシーに関して「不思議な人ですよね。『スポットライト 世紀のスクープ』でアカデミー賞を受賞した後は Netflix の『13 の理由』のプロデューサー・演出も何本か務めていたり、ディズニープラスで子供向けの映画『名探偵ティミー』を撮っていたり、所謂”アカデミー賞受賞監督”に求められるような大きな作品だけでなく、元々彼が役者ということもあるのでしょうが、色んな世界に飛び込んで自分の好奇心・探求心に忠実の赴くまま常に新しい環境で作品を作り続けていて、今後もどのような形で作品を作っていくのか読めないところがある。これまでのアカデミー賞受賞後の監督のムーブとは全然違った動きをしていて僕はそれを非常に好ましく思います」と豪語。「マット・デイモン同様、トム・マッカーシーも評価が見合っていない感じがするんですよ!こんな良い作品を埋もれさせたくないので、皆さんも是非ご協力を!」と締めくくった。

『スティルウォーター』場面画像5 『スティルウォーター』場面画像6
CREDIT
監督・脚本:トム・マッカーシー『スポットライト 世紀のスクープ』
脚本:マーカス・ヒンチー,トーマス・ビデガン『預言者』『君と歩く世界』,ノエ・ドブレ『ディーパンの闘い』
撮影監督:高柳雅暢『荒野の誓い』『ファーナス/訣別の朝』
出演:マット・デイモン,アビゲイル・ブレスリン,カミーユ・コッタン,
リル・シャウバウ,イディル・アズーリほか
2021年/アメリカ/カラー/デジタル/ビスタサイズ/英語・フランス語/
原題:STILLWATER/映倫G/字幕翻訳:松浦美奈
配給:パルコ ユニバーサル映画 宣伝:スキップ ©2021 Focus Features, LLC.

公式サイト 公式twitter

2022年1月14日(金)、TOHO シネマズ シャンテ、
渋谷シネクイントほか全国公開!

スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]
スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]
  • 監督:トム・マッカーシー
  • 出演:マーク・ラファロ, マイケル・キートン, レイチェル・マクアダムス, リーヴ・シュレイバー
  • 発売日:2016/9/7 おすすめ度:おすすめ度4.5
  • Amazon で詳細を見る Amazonビデオで観る
最後の決闘裁判 4K UHD [Blu-ray] 最後の決闘裁判 4K UHD [Blu-ray]
  • 監督:リドリー・スコット
  • 出演:ジョディ・カマー, マット・デイモン, アダム・ドライバー, ベン・アフレック
  • 発売日:2022/1/26
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • Amazon で詳細を見る

2022/01/12/18:17 | トラックバック (0)
新作情報 ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2021 INTRO