プレゼント

第二次世界大戦時に捕虜としてタイとビルマを結ぶ泰緬鉄道建設に従事させられた英国人将校エリックが綴った戦争体験記と、その後の驚くべき人生を描いた感動の実話。出演は、アカデミー賞®俳優コリン・ファースと二コール・キッドマン、そして日本屈指の国際派俳優・真田広之。本作『レイルウェイ 運命の旅路』の一般試写会に15組30名様をご招待します。

『レイルウェイ 運命の旅路』
◆日時:4月11日(金) 18:00開場、18:30開映
◆会場:よみうりホール (千代田区有楽町1 - 11 - 1 読売会館 )
◆『レイルウェイ試写』(メールでご応募の場合は件名)と、「お名前・ご住所・電話番号 ・年齢」を明記の上、こちらのアドレスか、メールフォームからご応募下さい。
◆応募締め切り:2014年4月3日(木)応募受付分※応募者多数の場合は抽選となります。
◆公式サイト:
http://railway-tabi.jp/
註)ご提供いただいた個人情報は、本プレゼント以外の目的では一切使用いたしません。また、個人情報そのものも招待状発送後一週間で破棄します。当選者の発表は、招待状の発送をもってかえさせていただきます。なお、当選に関するお問合せへの回答はいたしかねます。予めご了承下さい。

レイルウェイ
運命の旅路

http://railway-tabi.jp/

2014年4月19日(土)より、角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー他
全国ロードショー

INTRODUCTION

コリン・ファース x 二コール・キッドマン x 真田広之
英国人将校と日本兵通訳が辿る、奇跡の実話

1995年度「エスクァイア」誌にて、ノンフィクション大賞を受賞したエリック・ローマクスの自叙伝「The Railway Man」。第二次世界大戦下、日本軍の物資輸送のためのタイとビルマを結ぶ泰緬鉄道の建設は、その過酷な労働で多くの死者を出したことから「死の鉄道」として知られている。捕虜として作業に狩り出された英国人将校エリックが綴った戦争体験と、その後の驚くべき人生を映画化した『レイルウェイ 運命の旅路』は、それが実話であるという事実と共に、魂を根底から揺さぶる感動のヒューマン・スト—リーだ。

一般的に泰緬鉄道に関して知られている知識は、デヴィッド・リーン監督の『戦場にかける橋』で描かれている程度のもので、作品は傑作ではあるがあくまでもフィクションという位置づけであり、実際に作業員として働き戦渦を生き延びた退役軍人たちにとって真実を伝えるものではなかった。だが、映画に描かれているように、その記憶はあまりにもつらいものであるため、生存者たちはその事実を同じ経験をした者以外には話したがらなかったという現実がある。そんな中、声を挙げたエリックの勇気ある行動、そして妻パトリシアの献身的な愛に支えられながら、悪夢に深く関わる日本人通訳・永瀬と対峙するという決断は、エリックにとってどれほどの苦痛と覚悟を強いられたことだろうか。映画で、その瞬間が訪れる時、観客の緊張感はマックスに達し、やがて言葉に尽くすことはできない驚きと感動の嵐に心をかきみだされる。 エリックの勇気ある行動に賛同し、アカデミー賞受賞のコリン・ファース、ニコール・キッドマン、国際派として活躍する真田広之ら豪華キャストが集結。本作が長編4作目となるオーストラリア出身の俊英ジョナサン・テプリツキー監督のもと、高い志を持ってスタッフ・キャストが一丸となって本作の撮影に臨んだ。 『レイルウェイ 運命の旅路』は、「人は憎しみを絶つことができる」という癒しと贖罪の物語である。それは決して過去を振り返るものではなく、戦争が途絶えることのない現代にこそ求められる、普遍性と感動に満ちたメッセージだ。この英国人将校と日本人通訳に起こった実話は、現代を生きる全ての人々が胸に刻むべき物語なのである。

『レイルウェイ 運命の旅路』場面1 『レイルウェイ 運命の旅路』場面2
Story

一人の男が人生を懸けた、魂の旅路

蒸気機関車に魅了され鉄道好きになったエリック・ローマクスは、平凡な人生を送るはずだった。軍に入隊したエリックは第二次世界大戦下に日本軍の捕虜となり、タイとビルマを結ぶ泰緬鉄道の建設に狩り出される。酷い扱いを受けながらも戦渦を生き伸びたエリック。戦時中の記憶に苦しめられながらも、献身的な愛で支える妻パトリシアと共に平穏な日々を過ごそうとしていた。そんなある日、新聞記事で当時の日本人通訳永瀬が今も生きていることを知る。永瀬はエリックを苦しめる記憶に深い関わりのある人物だ。戦争体験を伝えようと寺院を建て、タイで暮らしていた。
永瀬の生存に動揺を隠せないエリック。戦争で負った深い心の傷を呼び覚まされ、正気を失いそうになるが、彼はある重要な決断を下す。数十年の時を経て、ただ一人、再びタイへと向かうことを決意したのだった――。

『レイルウェイ 運命の旅路』場面3 『レイルウェイ 運命の旅路』場面4
C R E D I T

原作:エリック・ローマクス「レイルウェイ 運命の旅路」(角川文庫刊、喜多迅鷹・喜多映介=訳)
監督:ジョナサン・テプリツキー 脚本:フランク・コットレル・ボイス、アンディ・パターソン
出演:コリン・ファース、ニコール・キッドマン、ジェレミー・アーヴァイン、ステラン・スカルスガルド、
サム・リード、石田淡朗、真田広之
2013年/オーストラリア、イギリス/116分/カラー 配給:KADOKAWA
©2013 Railway Man Pty Ltd, Railway Man Limited, Screen Queensland Pty Limited, Screen NSW and Screen Australia
http://railway-tabi.jp/

2014年4月19日(土)より、角川シネマ有楽町、新宿ピカデリー他
全国ロードショー

New York 結婚狂騒曲 [DVD] New York 結婚狂騒曲 [DVD]
  • 監督:グリフィン・ダン
  • 出演: ユマ・サーマン, コリン・ファース, ジェフリー・ディーン・モーガン
  • 発売日:2014/05/02
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • Amazon で詳細を見る
レイルウェイ 運命の旅路 (角川文庫) [文庫] レイルウェイ 運命の旅路 (角川文庫)

2014/03/24/18:09 | BBS | トラックバック (0)
プレゼント ,新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO