NEWs

文豪ドストエフスキーの最高傑作短篇を、
巨匠ロベール・ブレッソンが映画化。1986年以来となる劇場公開。
待望のデジタル・リマスター上映!

やさしい女

『やさしい女』 『やさしい女』場面1

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2015年4月4日(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

INTRODUCTION

一組の夫婦に起きた悲劇が、愛し合うことの難しさを問いかける。

「彼女は16歳ぐらいに見えた」。質屋を営む中年男は妻との初めての出会いをそう回想する。安物のカメラやキリスト像を質に出す、若く美しいがひどく貧しい女と出会った男は、「あなたの望みは愛ではなく結婚だわ」と指摘する彼女を説き伏せ結婚する。質素ながらも順調そうに見えた結婚生活だったが、妻のまなざしの変化に気づいたとき、夫の胸に嫉妬と不安がよぎる……。衝撃的なオープニングから始まる本作は、一組の夫婦に起こる感情の変化と微妙なすれ違いを丹念に描き、夫婦とは、愛とは何かという根源的な問いを投げかける。

ベルトルッチの女神ドミニク・サンダ、17歳のデビュー作!

孤独な女を演じるのは、ベルナルド・ベルトルッチ監督『暗殺の森』『1900年』で知られるフランスの女優ドミニク・サンダ。ファッション雑誌VOGUEでモデルをしていたところをブレッソン監督に見出され、本作で映画デビュー。自らも15歳で年上の男と結婚するも数カ月で離婚という経歴を持つサンダは、映画初出演ながら、年上の夫を翻弄しながらも苦悩する女を見事に演じてみせた。また極端なまでに台詞を排した本作は、ふたりの男女の視線のドラマともいえ、サンダの視線の鋭さ、恐ろしさが彼女の心境の変化を物語る。17歳のドミニク・サンダの、輝くような美しさを堪能できる1本。

『やさしい女』場面2 『やさしい女』場面3

白夜』に先駆けてつくられた、ドストエフスキー傑作短篇の映画化。ブレッソンの初カラー作品がデジタル・リマスター版でよみがえる。

原作は、ドストエフスキーの短篇のなかでも最高傑作と呼ばれる「やさしい女 幻想的な物語」。ブレッソンは原作のプロットを守りながらも、物語の舞台をロシアから現代(60年代後半)のパリへと移し、大胆な翻案を施した。また本作は、『スリ』『バルタザールどこへ行く』など、モノクロの厳格な画面作りを続けてきたブレッソンの初カラー作品。美しいカラー画面を手がけるのは、ジャック・ドゥミ『ロシュフォールの恋人たち』の撮影監督ギスラン・クロケ。1986年の日本公開以来ほとんど上映機会がなく、ソフト化もされていない貴重な映像が、このたびデジタル・リマスター版でよみがえる。

『やさしい女』場面4
CREDIT
原作:ドストエフスキー「やさしい女 幻想的な物語」
監督・脚色・脚本・台詞:ロベール・ブレッソン 撮影:ギスラン・クロケ
出演:ドミニク・サンダ、ギイ・フランジャン、ジャン・ロブレ
1969年|フランス|カラー|ヴィスタ|DCP|89分 提供:マーメイドフィルム
配給:コピアポア・フィルム 宣伝:VALERIA 後援:アンスティチュ・フランセ日本
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2015年4月4日(土)、新宿武蔵野館ほか全国順次公開

やさしい女・白夜 (講談社文芸文庫) やさしい女・白夜 (講談社文芸文庫)
フェラモンティ家の遺産 Blu-ray フェラモンティ家の遺産 Blu-ray
  • 監督:マウロ・ボロニーニ
  • 出演:ドミニク・サンダ, アンソニー・クイン, ルイジ・プロイエティ, ファビオ・テスティ
  • 発売日:2013/09/28
  • Amazon で詳細を見る

2015/03/15/20:05 | BBS | トラックバック (0)
NEWs ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO