新作情報

二人でひとつの人生から、それぞれの人生へ――今夜“たびだち”の LIVE 開催します!

ハーツ・ビート・ラウド
たびだちのうた

『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』画像 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』場面画像1

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2019年6月7日(金)より ヒューマントラストシネマ渋谷、
新宿シネマカリテほかにてロードショー

INTRODUCTION

ニューヨーク、ブルックリンの海辺の小さな街、レッドフック。
レコードショップを営む元バンドマンの父と、将来の夢のために LA の医大を目指す娘。
ふたりで作った曲を音楽ストリーミングサービスにアップしたことから、父の夢は膨らむが……
やがて二人に訪れる、新たな一歩のための人生の決断。

元ミュージシャンのフランク(ニック・オファーマン) はブルックリンのレッドフックで 17 年営んでいたレコードショップをこの夏に閉めることにした。シングルファーザーとして娘サム(カーシー・クレモンズ) を育て、成長したサムは LA の医大へ通う事が決まっていた。
ある夜フランクは、勉強中のサムの邪魔をして一緒に曲をレコーディングする。Spotify にアップロードしたその曲は瞬く間に拡散され、たくさんの人の耳に届くことになる。フランクにとっては急に未来の扉が開かれた気分になるが、サムには恋人(サッシャ・レイン)や進学など、向き合わなければならない人生の課題は山積みだ。夏は終わりに近づき、フランクもサムも決断を迫られる。二人が新たな人生に一歩踏み出すために。

身体を動かしたくなるようなリズムが耳に残る極上のサウンドトラックと、ブルックリンの街並みを背景に、夢に向かって走り出す娘と、その背中を押す父。それぞれが今までの生活から旅立つための容易じゃない一歩を踏み出す様子を暖かく描いたハートフルなドラマは、昨年のサンダンス映画祭や SXSW 映画祭で話題をさらい、娘役のカーシーは TIME 誌が選ぶ 2018 年のベストパフォーマンスでオスカーノミネート作品の出演女優らと並んで4 位に選出された注目作だ。

『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』場面画像2 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』場面画像3 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』場面画像4 『ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた』場面画像5
CREDIT
監督:ブレット・ヘイリー 脚本:ブレット・ヘイリー、マーク・バッシュ
オリジナルソング・音楽:キーガン・デウィット
出演:ニック・オファーマン(アニメ映画『SING/シング』) /カーシー・クレモンズ(『ザ・フラッシュ:フラッシュポイント』、映画業界誌Variety による 2017 年の注目すべき俳優に選出)
/テッド・ダンソン(『プライベート・ライアン』) /ブライス・ダナー(『ミート・ザ・ペアレンツ』)
/トニ・コレット(『ミュリエルの結婚』) /サッシャ・レイン(『Hellboy』)
2018 年/アメリカ/英語/97 分/日本語字幕:神田直美/原題「HEARTS BEAT LOUDS」
© 2018 Hearts Beat Loud LLC
提供:ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 配給:カルチャヴィル

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2019年6月7日(金)より ヒューマントラストシネマ渋谷、
新宿シネマカリテほかにてロードショー

『ハーツ・ビート・ラウド
たびだちのうた』
映画前売券(一般券)
(ムビチケEメール送付タイプ)
2019/04/17/19:32 | トラックバック (0)
新作情報 ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2019 INTRO