プレゼント

東日本大震災に被災して亡くなったと思われていた、結婚目前で別れた元彼女が横須賀で生きているかもしれないという噂を聞き、現地を訪れる青年の姿を通して震災後の世情に対する怒りと希望を描く人間ドラマ。本作の劇場鑑賞券を5組10名様にプレゼントします。

『横須賀綺譚』画像 ◆『横須賀綺譚 鑑賞券(メールでご応募の場合は件名)と、「お名前・ご住所・電話番号 ・年齢」を明記の上、こちらのアドレスメールフォームからご応募下さい。
◆応募締め切り:7月2日(木)応募受付分 ※応募者多数の場合は抽選となります。
◆公式サイト:
https://www.yokosukakitan.com/
註)ご提供いただいた個人情報は、本プレゼント以外の目的では一切使用いたしません。また、個人情報そのものも招待状発送後3ヶ月で破棄します。当選者の発表は招待状の発送をもってかえさせていただきます。なお、当選に関するお問合せへの回答はいたしかねます。予めご了承下さい。
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の試写プレゼント情報をメルマガで配信中。最初の応募者は 必ず当選!
メルメガをチェックして最速応募を目指そう!
読者購読規約  powered by まぐまぐ!

横須賀綺譚

いやな映画だ。なんでも都合よく忘れて、
できるだけ楽に生きようとする私たち自身の惰性を直視させられる。
――森義隆監督『聖の青春』『ひゃくはち』

公式サイト 公式twitter

2020年7月11日(土)より新宿k’sシネマにて3週間レイトショー

INTRODUCTION

『横須賀綺譚』(小林竜樹)画像~幽霊に会いに行く~

結婚目前だった春樹と知華子は、知華子の父が要介護になったため、別れることとなった。春樹は、知華子との生活と東京 での仕事を天秤にかけ、仕事の方を選んだのだ。
それから震災を挟んだ9年後、被災して死んだと思われていた知華子が「生きているかもしれない」との怪情報を得た春樹は 半信半疑のまま、知華子がいるという横須賀へと向かう。

『現実』が現実を侵食していく

2011年3月11日――あの日、私たちは「ついに来た」と思ったものだ。燃え さかる気仙沼を見ながら、原発のメルト ダウンの報道におびえながら。そして、生き延びたのなら変わろうと思った。変わらなくては、死んだ人たちに顔向けできない。 あれから9年の月日がたち、まるで夢でも見たかのように、あの日の気持ちを頭の片隅に追いやって生活しています。主人 公の春樹はそんな私たちの一人です。春樹はひょんな事から、被災して死んだと思っていた元恋人が「生きているかも」との怪情報を得て、横須賀へと向かいます。その旅はあの日の気持ちを思い出す旅でありました――。

春樹役に『恋の罪』(園子温監督)『こっぱみじん』(田尻裕司監督)『走れ、絶望に追いつかれない速さで』(中川龍太郎監督)などで注目を集めた小林竜樹を迎え、共演 者にインディーズ映画から『シンゴジラ』(庵野秀明総監督)といった大作、『anone』などの TV ドラマまで幅広く活躍する川瀨陽太、友情出演に烏丸せつ子、昨年、映画界を盛り上げた『カメラを止めるな!』から長屋和彰らが脇を固める。(監督の上田慎一郎も監督補として参加)

『横須賀綺譚』(川瀬陽太)画像 『横須賀綺譚』(しじみ)画像 『横須賀綺譚』(長内美那子)画像 『横須賀綺譚』(小林竜樹&川瀬陽太)画像

監督/脚本:大塚信一

1980年生まれ。長崎県出身。日本大学文理学部哲学科卒。20代前半に長谷川和彦に師事。飲食店で働きながら『連合赤軍』のシナリオ作りの手伝いをする。『いつか読書する日』(05 緒方明監督)などの現場に制作として散発的に参加するが、映画の現場からは離れる。基本的にラーメン屋での勤務で生計を立てながら、自主映画を制作するが、完成まで至らず。今作『横須賀綺譚』ではじめて映画を完成させる。
【監督コメント】 今の世の中がクソだと思う人に見て欲しい。どうしてこんなクソみたいなことになったんだ、と疑問に思う人に見て欲しい。僕にとって映画作りは『映画人』になるための就職活動ではありません。ラーメン屋で働き、家族を養うことに誇りを持っています。
無理だ、百戦百敗は承知の上、世の中を変えるために映画を撮りたい。いや、やっぱそれは無理か(笑)。ならば、せめて今の世の中は『クソだ』ぐらいは言いたい。じゃあ何で映画なんだ?Twitterで呟けば良いじゃん。理由は簡単です。映画が死ぬほど好きだからだ!
CREDIT
出演:小林竜樹,しじみ,川瀬陽太,湯舟すぴか,長屋和彰,烏丸せつこ
監督/脚本:大塚信一
撮影/照明:飯岡聖英 メイク:大貫 茉央 録音/整音:小林徹哉 美術応援:広瀬寛己 監督補:上田慎一郎
宣伝美術:西垂水敦 助監督:小関裕次郎,植田浩行 制作:吉田 幸之助
2019年/日本/86分/カラー/ビスタ/ステレオ/DCP

公式サイト 公式twitter

2020年7月11日(土)より新宿k’sシネマにて3週間レイトショー

2020/06/20/19:51 | トラックバック (0)
プレゼント ,新作情報 ,新作トレイラー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2020 INTRO