インタビュー
安部智凛/『華魂』

安部 智凛 (女優)
映画『華魂』について

公式

2014年1月18日(土)より、新宿K's cinemaにてレイトショー他全国順次公開

いじめ、体罰、そしてレイプ。映画『華魂』は社会の縮図のような学校という密室に渦巻く暴力を、その鬱屈がついに爆発したときに訪れる真の恐怖を、エロスと狂気の巨匠・佐藤寿保監督が世界観を炸裂させて描いた異色の学園ドラマだ。桜木梨奈、島村舞花という若い女優の体当たり演技にも惜しみない拍手を贈るが、子どもたちの戦場で嬉々と悪ふざけするような飯島大介や諏訪太郎ら名バイプレイヤーの変態演技にも大人の異常さを見て震撼した。そして子どもと大人のどちらからも浮くような潔癖症の若い女教師がタガを外す、そのときが惨劇の予兆だったのかもしれない……。そんなドラマの鍵とも言える西沢役を演じたのは、故・若松孝二監督作品の常連であり、このところ活躍めざましい安部智凛さん。とてもお話を聞いてみたい方だったのだが、低いトーンでマシンガンのように若松監督やそれに負けず劣らずの佐藤監督への敬愛、『華魂』のこと、ご自身の哲学までを、笑いと情と毒もたっぷりに繰り出してきて、演じることの多い一途なキャラクターそのままのようなお人柄にますます魅了された。ショーモデル出身でストイックさと繊細さも持ちながら、ギラギラした強烈な作り手たちと映画の世界に生きる安部智凛さんの魅力、そしてこんな異能が集結した映画『華魂』が、ぜひ多くの方に届くことを願ってやまない。(取材:深谷直子)

1 2 3456

『華魂』場面1――(笑)。『華魂』もそういう熱さが出ていますね。佐藤監督にとって10年間温めてきた作品とのことですが。

安部 そうらしいですね。私が知ったのは最近ですが。台本が変わるたびに過激になっていって、糸電話のシーンが出てきたり、笑えましたけどね。私が「ちんぽ最高!」と叫ぶのも、最初の台本にはなかったんじゃないかな? 演出も細かかったです。「ここに登校拒否の生徒が二人いるんだから、ちゃんと止まって考えて!」とか。

――監督の中でそこまで細かく設定されているんですね。俳優なりの役作りを活かすというよりも、監督の世界観になんとしてもついてこい、というような。

安部 監督から言われるがままにやっていたという感じでしたね、申し訳ないですけど。でも(主人公・瑞希の母親役の)不二縞(京)さんとの対決シーンでは怒らなかったです。まあ撮影が真夜中になってしまったというのもあるんでしょうけど、激しいシーンだったので監督なりに気を遣ってくださったのだと思います。私がセリフをトチっても優しいんですよ。「ほら、ラリっちゃってるから水持ってきて」なんて言ってくれて(笑)。で、2、3回はやり直しましたけど怒られずにOKがいただけましたね。本当に大変なシーンだったからホッとしました。寿保監督は私がやられるの見て笑ってて(苦笑)。不二縞さんのほうはセリフを覚えてこないんですよ。

――そうなんですか? セリフ回しも独特ですごい気迫でしたが。

安部 すぐにセリフが入っちゃうんですよ。舞台女優は違うなあと思いました。そのときも舞台と掛け持ちでやってらしたんです。で、待ち時間に「安部さん、1回だけ読み合わせしようか」と言われて、棒読みで読み合わせをして。でもテストのときは不二縞さん2割ぐらいに抑えているんですよ。「女同士の闘いだから大丈夫、そんなに激しいことにはならない」とか優しく言ってくださってもいたのに、そうして溜めて溜めて、本番でいきなり乗っかってくるのでびっくりしちゃうんです。唾が飛んできて目に入って、台本にもないリアルな怯え具合が……。

――あの母親に挑発されて西沢の人間性が壊れていくのがよく表れていると思いましたが、確かにシーンの最後のほうでは安部さんは声も出なくなっちゃっていますよね。

安部 あれは素で怯えているんですよね。あまりの迫力に引いちゃったというか。負けじとやったつもりだったんですけど、空手をやってらっしゃるだけあってすごかったです。家のシーンでも食事にケチャップをあんなにかけたりして、「うわあ、しょっぱそう」と思いながら観たんですけど、ああいうのもアドリブじゃないかなあ。台本にはなかったですもん。

――すごい怪演ですよね。私も驚いて資料を見たら『鉄男』(89)の女優さんだったんだなあと。

同席の小林良二プロデューサー 不二縞さんが映画に出られるのは『鉄男』以来ですからね。あとご自分で撮られた映画もありますけど、不二稿さんを知らない人は『華魂』を観て「不二縞京って誰だ?」ということになると思います。

『華魂』不二縞京 『華魂』場面2安部 寿保監督はとても気に入っていたようです、不二縞さんの濃厚なお芝居が。

小林 佐藤監督は実は余計な芝居というかアドリブが大好きなんですよ。変態教師二人がレイプするシーンで「アメリカ製か~」とか言うのはアドリブなんですが、「また余計な芝居しやがって」と言いながらひとりでゲラゲラ笑っていましたからね。

――細かくてきっちりした世界観をお持ちでありながら、アドリブもOKなんですね。

小林 若松監督は「余計な芝居するな」って言って、やるとやり直しなんですが、佐藤監督もそうは言うんですけどやったら喜ぶんですよ。

――型にはまらない作風に合っているし、そういうのができると見込んでのキャスティングからが監督の演出なんでしょうね。

安部 自由にやった者勝ちという感じで、役者ががんばったら拾ってくれます。でも監督の思うとおりの演技が出ないときは本当に厳しいですけどね。何度もやり直しで。クライマックスの教室でのシーンでも「それじゃつまんねえんだよ!」とダメ出しをされたりしました。

1 2 3456

華魂 2013年/日本/カラー/HD/106分
監督・原案:佐藤寿保 プロデューサー:小林良二 協力プロデューサー:矢島仁
脚本:いまおかしんじ 撮影:芦澤明子 照明:御木茂則 音楽:大友良英
編集:橋口卓明 録音:西山秀明 特殊造形:鶴岡瑛子 助監督:岡元太
出演:桜木梨奈,島村舞花,浅田駿,中村映里子,伊藤マサヨ,丸山明絵,近藤ゆき,泊帝,飯島大介,今泉浩一,安部智凛,諏訪太朗,不二稿京
共同研究:東京工芸大学 制作・配給:渋谷プロダクション © 華魂プロジェクト
公式

2014年1月18日(土)より、
新宿K's cinemaにてレイトショー他全国順次公開

2014/01/14/19:52 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO