インタビュー
『追い風』安楽涼監督画像

安楽 涼 (監督)
映画『追い風』について【5/5】

2020年8月7日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開!

公式サイト 公式twitter (取材:深谷直子)

安楽涼監督画像2
――『追い風』を作って、今どんな思いをお持ちですか?

安楽 映画の中でも言ってるんですけど、映画作りを仲間で全部できたらいいなとずっと思ってやってきて、それを絶対にいつか成功させたいんです。そうなると中に1人でしゃばるやつがいないといけなくて、監督である僕がそれをしているけど、やっぱり片山さんや深谷さんやDEGがいて成り立っているのを今回あらためて感じました。でしゃばるだけでしゃばって、僕が映画監督としてうまくいったら、そのカメラマンだ、その脚本家だとみんなも世に出るじゃないですか。僕はそれを目指してます。だからお金がなくても自主映画というスタイルでずっと撮ってますし。

――これからも自主映画で行くつもりですか?

安楽 そうですね。ただ、企画書をコンペとかに出しているんですけど、落ちるんですよね。

――うーん、独特の世界観だからでしょうか。それも西葛西のお話なんですか?

安楽 そうですね。作品を観てくれた人は面白がってくれるんですけど、文字の話だとさすがに難しくて。やろうと言ってくれるプロデューサーさんとかもいるにはいるんですよね。ただ、仲間でやるというスタイルをどこまで許容してくれるかわからない。そこを外したら僕には撮る意味がないので。あと、僕は「映画」を撮りたいなと思ってて、WEBドラマの話をもらったことがあるんですけどまったく興味がなくて、予算が出るのに断ったことも何回かあります。それよりも今はやりたいことをやりたい。長編はこれが2本目で、『追い風』というタイトルをつけたのには、DEGの追い風であり、自分らの追い風にしなきゃいけないなという思いも込めています。このスタイルをどこかの人に認めてもらえたら、このまま映画が撮っていけるんじゃないか? そう信じて、この映画を僕たちの追い風にしたいんですよね。

――応援しています。本当に多くの人に届いてほしいです。

安楽 この時期の劇場公開は、コロナの影響で席が半分になったりして、正直向かい風だらけです。10月以降とかの多少は落ち着いたころまで公開を延期しようかとも考えて、かなり悩んだんですよね。でも劇場に新作が流れないというのは苦痛なことだと思ってて、僕のエゴで映画の公開をしないというのはやっぱりできないと。僕がちょっとでも映画館に人の流れを作れるなら率先したいなと思って、夏に公開することにしました。

『追い風』場面画像9 ――新作で元気な映画が出てきてくれるのをみんな待ち遠しく思っていると思います。夏休みだし、この映画は特に体感型だと思うし、できるだけ劇場に足を運んで観てほしいですね。舞台挨拶とかできるといいですよね。

安楽 そうなんですよね。この状況なのでできるかできないかまったくわからないんですけど、希望だけ言えば毎日DEGにライブをしてもらうとか、それができないなら生配信のライブとか、何かしらの映像とか、毎日違うものをやれればなと考えています。

――この後の計画は?

安楽 3本ぐらい企画があって、できたら今年中に3本撮りたいです(笑)。まあそれもこの状況だから、脚本を変えなきゃいけないとかもあるし、自分たちだけの責任で動けることじゃないんですけど。1本はずっとあたためている作品で、佐々木友紀さんという映画監督の話です。僕は佐々木さんの才能に惚れ込んでいて、20代前半を彼の現場で過ごし、一緒に映画を撮る約束もしていたんです。それをすごく楽しみにしていたんですけど、いろいろなことがあって疎遠になって。あるとき彼が連絡をしてきたんですけど、結婚してアメリカに行くという話でした。僕はそれがすごく嫌で、止めようとして……。それを映画に。冬の話なので冬以降に撮れたらなあと。日常でもいろいろ起こると他にも撮りたくなって、あとの2本は西葛西の映画です。

――佐々木さんの映画はかなり具体的に動いているんですね。楽しみです。西葛西ものは、今度は誰が主人公になるんですか?

安楽 僕です。

――まだ誰かに怒りが(笑)。

安楽 西葛西という街で映画を撮り続けたいんですけど、仲間うちでももう西葛西を出ていったりしているんですよね。青臭いですけど、僕は一生こいつらと青春を過ごせると思っていたのに、結婚やら何やらでそれがうまくいかなくなってきて、僕はそれがなんか納得できなくて(苦笑)。次に撮ろうとしている佐々木さんの映画と一緒で、僕は寂しくて映画を撮ろうと思うんですよね。

――ああ、なるほど。安楽監督の純粋さと仲間愛の強さが詰まった作品をこれからも楽しみにしています。まずは『追い風』が多くの人に届くことを願っています。

安楽 よろしくお願いします!

( 2020年6月27日 吉祥寺で 取材:深谷直子 )

1234 5

追い風 (2019年/日本/カラー/DCP/アメリカンビスタ/ステレオ/71分)
出演:DEG,安楽涼,片山享,柴田彪真,関口アナン,サトウヒロキ,大友律,大須みづほ,ユミコテラダンス,
柳谷一成,アベラヒデノブ,吉田芽吹,山本奈衣瑠,髙木直子,宮寺貴也,マックス,藤田義雄,木村昴,RYUICHI
監督:安楽涼 音楽:DEG 脚本:片山享,安楽涼 プロデューサー:山田雅也 撮影:深谷祐次
録音:坂元就,鈴木一貴,新井希望 助監督:太田達成,小林望,登り山智志 ヘアメイク:福田純子
ウェディングドレス制作:磯崎亜矢子 スチール:片山享 ハルプードル 装飾:JUN 題字・広告デザイン:広部志行
宣伝協力:髭野純 企画:直井卓俊 特別協賛:黒川和則 製作・配給:すねかじりSTUDIO
公式サイト 公式twitter

2020年8月7日(金)よりアップリンク吉祥寺ほか全国順次公開!

2020/08/02/15:15 | トラックバック (0)
インタビュー ,インタビュー ,インタビュー ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2020 INTRO