映画祭情報&レポート

セクシュアリティをテーマにした、アジア最大規模の映画祭

第21回東京国際レズビアン&ゲイ映画祭

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2012年9月14日(金)~17日(月・祝)まで、スパイラルホールにて開催

INTRODUCTION

昨年、記念すべき第20回を迎えた東京国際レズビアン&ゲイ映画祭。1992年より毎年劇場公開される機会の少ないLGBT(=レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)を指す)をテーマにした映画を上映し、観客動員数において アジア最大規模を誇るまでに成長しました。昨年の来場者数は、のべ4000名以上に上ります。
第21回の本年は、当映画祭にとって新たな門出です。オバマ米大統領の同性婚容認発言などでLGBTを取り巻く世界の状況が変わる中、当映画祭はLGBTの“現在(いま)”を映すフレッシュな作品をお届けします。長編作品はすべて日本初上映。ベルリン国際映画祭、ロッテルダム国際映画祭、モントリオール世界映画祭など、世界中から厳選した話題の作品ばかりです。
また、当映画祭はボランティアスタッフのみによって運営されています。それが維持できるのは、開催を楽しみにして下さっている観客の皆さんの期待があってこそです。今年も、スタッフそして観客の皆さんの思いがたくさん詰まった映画祭に、ぜひ足をお運び下さい。

EVENT

東京国際レズビアン&ゲイ映画祭公式パーティー Le grand bal(ル グラン バル)

今年も映画祭を彩る花の一つ、公式パーティー「Le grand bal」が開催される。
今年は映画祭の会期前日9/13(木)に開催、まさに前夜祭となる。また、来場者全員に配布される抽選券で、映画祭に協賛している企業からの豪華景品や翌日から行われる映画祭のチケットなどが当たる豪華抽選会も行われる。 詳細は公式ウェブサイトをチェック!

■日時 9/13(木)19:00〜 24:00
■会場 スパイラルホール 「CAY」 〒107−0033 東京都港区南青山5−6−23 B1
■入場料 当日:¥4,500 前売り:¥4,000 フライヤー持参:¥4,000 学生:¥3,500
(チケットは全て選べるタイ料理ワンプレート付き)


LGBT ART 2012 be yourself

さまざまな時代のLGBTアーティストやアイコンが、時代を超えて表現してきた作品を一堂にキュレーション。体験する全ての方々にとって、あなたらしく生きることを見つめなおし、 新たに発見するきっかけとなりますように。
参加予定アーティスト&ギャラリー
Cookieboy(クッキーアーティスト)/ どっきん実験室ギャラリー / 中村キース・ヘリング美術館 / 成山画廊 PATER’S Shop and Gallery / MAAYA SHO(書道家/芸術家)/ Leslie Kee(フォトグラファー)/ RENT(ミュージカル)

■日時 9/14(金)〜9/17(月・祝)11:00〜 20:00 ※14日のみ16:00まで
■会場 スパイラルガーデン(スパイラル1F) ■入場無料

上映タイトル一覧

海外ボーイズプログラム(全4作品)

9月17日(月・祝)19:25~
『ノース・シー 初恋の海辺』

『ノース・シー 初恋の海辺』 (原題:Noordzee, Texas)
(監督:バヴォ・ドフュルヌ/ベルギー/2012年/96分)

甘く切ない初恋、性の目覚め。スタイリッシュな映像で綴られる成長物語
ベルギーの小さな海辺の町。内気で夢見がちな少年ピムは、空想の世界を絵に描いたり、ささやかな“宝物”を集めながら、退屈な日々をやり過ごしていた。やがて16歳になったピムは、隣に住む年上の少年ジーノと恋に落ちる。二人は思春期特有の好奇心からセックスに夢中になるが、蜜月は長くは続かなかった。ジーノは自分を偽ってガールフレンドを作り、町を去る。ところが、離ればなれになった二人に運命のいたずらが…。
9月17日(月・祝)14:05~
『彼と彼女のゲイビー大作戦』

『彼と彼女のゲイビー大作戦』 (原題:Gayby)
(監督:ジョナサン・リセッキ/アメリカ/2012年/89分)

ゲイとヘテロが子づくりに挑戦?!迷走する30代男女の友情コメディ
ジェンとマットは大学時代からの親友同士。30代になった今、ジェンはヨガ講師として、マットはコミックストアの店員として、シングルライフを送っていた。人生に物足りなさを感じた二人は、一緒に子どもを持つという大学時代の約束を果たそうとする。それも“昔ながらの”方法で。ところが、子づくりに励む二人に 次々と恋愛や仕事の問題が降りかかり…。本作の原案である同監督の短編映画は、世界の100以上の映画祭で上映された。
9月15日(土)11:45~/9月16日(日)20:50~
『ウィークエンド』

『ウィークエンド』(原題:Weekend)
(監督:アンドリュー・ヘイ/イギリス/2011年/96分)

一生忘れられない48時間の恋。会話と官能に彩られたロマンティックドラマ
金曜日の夜、ストレートの友人たちのパーティーを抜け出したラッセルは、ゲイクラブでグレンと出会う。こうして二人の週末は始まった。バーで、ベッドで。酒に酔って、ドラッグでハイになって。語り合い、セックスをする。一夜限りの関係だったはずの二人に、いつしか特別な絆が芽生えていく。しかし週末が終わりに近づくにつれ、二人の別れの時も迫っていた…。ゲイ版『ビフォア・サンライズ』とも言うべき、奇跡の出会いを描く。
9月15日(土)20:50~/9月16日(日)14:00~
『ベルリン・ラブ・パニック』

『ベルリン・ラブ・パニック』(原題:Men to Kiss)
(監督:ロベルト・ハスフォーゲル/ドイツ/2012年/83分)

ベルリンを舞台に繰り広げられるカラフルでファンキーなドタバタコメディ
お堅い銀行員のエルンストと自由奔放なトビアスは、正反対の性格ながらも深く愛し合っているカップル。付き合って一年半、二人はどんなカップルにも付き物の “忍耐”と“信頼”という課題に直面していた。そんな時、二人のアパートにエルンストの幼なじみのウタが転がり込んでくる。実はウタには、エルンストをモノにしようとする邪悪な計画があった。あの手この手で二人の仲を引き裂こうとするウタに、トビアスは勝てるのか?
本編上映後に、主演兼プロデューサーの方々によるトークイベント開催

海外ガールズプログラム(全3作品)

9月14日(金)21:00~/9月15日(土)16:05~
『夕立ちのみち』

『夕立ちのみち』(原題:Cloudburst)
(監督:トム・フィッツジェラルド/アメリカ、カナダ/2011年/93分)

おばあちゃんカップルの逃避行。笑って泣ける至高のロードムービー
ステラとドティは31年もの間人生を共に歩んできた70代の老カップル。ほとんど目の見えないステラが孫に老人介護施設に入れられそうになった時、二人は同性婚のためにカナダを目指すことを決意する。途中でヒッチハイクをしていた若いダンサーのプレンティスを拾い、珍道中を続ける二人。しかし、思わぬことがきっかけでケンカになり、二人の旅に暗雲が立ち込める。ステラを演じるのは、オスカー女優オリンピア・デュカキス。
9月15日(土)14:00~/9月16日(日)18:45~
『マルガリータ』

『マルガリータ』(原題:Margarita)
(監督:ドミニク・カルドナ&ローリー・コルバート/カナダ/2012年/90分)

主人公は凄腕ナニーのマルガリータ。不法移民の悲喜を描いたコメディックドラマ
カナダに不法滞在しながらナニー(乳母)として働くメキシコ人のマルガリータ。彼女にはジェーンという法学生の恋人がいるが、ジェーンは真剣な関係を恐れている。ある日、マルガリータは財政的な理由から一家に解雇されてしまう。さらに、それがきっかけで移民局に調査され、強制送還されるハメに。一家や友人たちがマルガリータをカナダに引きとめようと画策する中、彼女はジェーンの態度に傷つき帰国を決意するが…。
9月16日(日)16:25~/9月17日(月・祝)11:45~
『キス・ミー』
©Rolf Konow

『キス・ミー』(原題:Kiss Me)
(監督:アレクサンダー・テレーセ・キーニング/スウェーデン/2011年/105分)

美しいスウェーデンの風景の中で揺れる女心を描くラブストーリー
ミアは父ラッセルの婚約パーティーに参加するため、フィアンセのティムと共に故郷に帰省する。そこで彼女が出会ったのは、ラッセルのフィアンセの娘であるスペイン語教師のフリーダ。レズビアンであることをオープンにしているフリーダは、ミアへの好意を隠さない。やがてミアもフリーダに心を奪われていくが、ティムの愛情やラッセルの親心を裏切ることに躊躇する。果たして彼女は“約束された幸せ”を手放すことができるのか?

海外ドキュメンタリープログラム 9月15日(土)18:15~

『VITO/ヴィト』
©Rick Gerharter

『VITO/ヴィト』(原題:VITO)
(監督:ジェフリー・シュワルツ/アメリカ/2011年/93分)

同性愛者たちのカリスマ、ヴィト・ルッソ。愛と情熱に満ちた男のドキュメンタリー
今から約40年前、ストーンウォール事件をきっかけに、自らの権利を求めて声を上げ始めたアメリカの同性愛者たち。その中に23歳の学生ヴィト・ルッソはいた。権利運動の盛り上がりと共に、彼は同性愛者たちを率いるリーダーとなっていく。ハリウッド映画における同性愛表現を検証した著書『セルロイ ド・クローゼット』を上梓し、テレビでも活躍したヴィト。44歳の若さでエイズに倒れるまで闘い続けた彼の半生を追う。
※本編終了後に大阪・神戸米国総領事館総領事 パトリック J.リネハン氏によるトークイベント開催

アジアボーイズ短編集 9月16日(日)11:45~
ほろ苦くて、少し、切ないアジアの気鋭若手監督の短編を一挙上映

『ミッドナイト・ドライブ』
(原題:FROM HERE TO NOWHERE)(監督:ノリス・ウォン/香港/2012年/29分)

同級生の結婚式で10年ぶりに再開した二人。 酔っ払った相手を送る途中に過去の記憶が蘇る。

『夜間飛行』(原題:Fly by Night)(監督:ソン・テギョム/韓国/2011年/21分)

金欲しさにカラダを売る少年がやっと見つけたものとは?

『アンコール』(原題:ENCORE)(監督:アンソニー・レン/台湾/2011年/32分)

卒業公演に願いを託し、カミングアウトしようとする息子と 母親の気持ちを繊細に描く。

『スマイル』(原題:You Used to Smile That Way)(監督:パク・ソン/韓国/2009年/13分)

浮気性の彼氏の笑顔をひたすら思う男が下した決断…。

レインボー・リール・コンペティション 9月17日(月・祝)16:25~
日本の才能を発掘する短編コンペティション。観客投票によりグランプリが決定!

『失恋スプリンター』(英題:Heart Break Sprinter)(監督:浅沼直也/日本/2011年/25分)

100メートル走にかける二人の女の子の恋の行方は?

『ノイズが言うには』(英題:Thus A Noise Speaks)(監督:小田香/日本/2010年/38分)

私たちの永遠のテーマ、両親へのカミングアウト。 監督が選択した方法は、家族で映画を作ることだった!

『TSUYAKO』(英題:TSUYAKO)(監督:宮崎光代/日本/2011年/25分)

監督の祖母の人生経験を映画化。 世界中の40の映画祭で上映され、24もの賞に輝いた秀作。

『ごくごくふつーのっ!』(英題:Quite Ordinary)(監督:Studio LUNCHBOX/日本/2011年/16分)

ゲイの高校教師に、男子生徒が「同性を好きになってしまった」 と悩みを打ち明ける。
1回券(日時指定)/前売り:1,300円|当日:1,500円
4回券(日時指定なし・前売り限定)/4,800円
スパイラルパス引換券(限定100枚)/前売り:10,000円|当日:12,000円

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2012年9月14日(金)~17日(月・祝)まで、スパイラルホールにて開催

2012/08/26/21:59 | BBS | トラックバック (0)
NEWs ,映画祭情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO