プレゼント

犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちの生き様を描いた同名人気漫画を、『SR サイタマノラッパー』や『22年目の告白―私が殺人犯です―』などで知られる入江悠監督が映画化。少年たちの友情と成長、再起への想いをより際立たせ、痛みだけではなく、躍動感、爽快感も伝える王道の青春エンターテインメントに仕立てられた映画『ギャングース』の一般試写会に5組10名様をご招待します。

『ギャングース』 ◆日時:11月12日(月) 開場 18:00 開映 18:30 (上映時間120分)
◆会場:よみうりホール ( 東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階 )
◆『ギャングース 試写(メールでご応募の場合は件名)と、「お名前・ご住所・電話番号 ・年齢」を明記の上、こちらのアドレスか、メールフォームからご応募下さい。
◆応募締め切り:11月5日(月)応募受付分 ※応募者多数の場合は抽選となります。
◆公式サイト:
http://gangoose-movie.jp/
註)ご提供いただいた個人情報は、本プレゼント以外の目的では一切使用いたしません。また、個人情報そのものも招待状発送後3ヶ月で破棄します。当選者の発表は招待状の発送をもってかえさせていただきます。なお、当選に関するお問合せへの回答はいたしかねます。予めご了承下さい。
メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の試写プレゼント情報をメルマガで配信中。最初の応募者は 必ず当選!
メルメガをチェックして最速応募を目指そう!
バックナンバー
読者購読規約  powered by まぐまぐ!

高杉真宙 × 加藤諒 × 渡辺大知(黒猫チェルシー)

ギャングース

この“タタキ”やらせていただきます!
親から虐待され、ろくに学校にも行けず、青春期を少年院で過ごしたサイケ(高杉真宙)・カズキ(加藤諒)・タケオ(渡辺大知)。社会に見放された3人が生き抜くためにつかんだ仕事は、犯罪者だけをターゲットにした“タタキ”(窃盗、強盗)稼業。そんなある日、タタキの最中に偶然にも振り込め詐欺のアガリ(収益金)の隠し場所を知ることとなった3人。それは“半グレ”系アウトローによる犯罪営利組織カンパニーとして台頭する「六龍天」のものだった。「六龍天」に身元がバレないよう、慎重にタタキを繰り返すも、あるきっかけから3人の身元が「六龍天」に知られ、絶体絶命の状況に追い込まれてしまうが……。

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

INTRODUCTION

主人公は、犯罪集団だけを標的とする窃盗団!
新時代のアウトローたちによる青春エンターテインメント!

犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描き、モーニング誌で2013年から2017年まで連載され、高い人気を獲得した漫画・肥谷圭介×ストーリー共同制作・鈴木大介による青春漫画『ギャングース』がついに実写映画として公開される。

『ギャングース』場面1 『ギャングース』場面2

“タタキ”専門の窃盗団の情報収集・標的選定担当のサイケを演じるのは『散歩する侵略者』(17)や『虹色デイズ』(18)などの高杉真宙。また工具全般担当のカズキを人生初のモヒカン頭となって演じるのは加藤諒。そして車両・機動担当のタケオを、これも人生初の金髪&眉なしの原作完コピのルックスで演じるのは、黒猫チェルシーのヴォーカル・渡辺大知。サイケたちの前に立ちはだかる強敵、半グレ系アウトローによる犯罪営利組織・六龍天のトップに君臨する安達には、世界的ギタリストのMIYAVI。その安達の下で働く詐欺組織の番頭・加藤には金子ノブアキ、加藤の部下で恋人のアゲハには篠田麻里子、情報屋の高田には林遣都など豪華キャストが集結している。監督と脚本を担うのは『SR サイタマノラッパー』(09~)、『22年目の告白―私が殺人犯です―』(17)など、社会の底辺を生きる人々の映画やクライム・ムービーには定評のある入江悠。
主人公の少年たちの友情と成長、再起への想いをより際立たせ、痛みだけではなく、躍動感、爽快感も伝える王道の青春エンターテインメントに仕上がっている。

『ギャングース』場面3 『ギャングース』場面4
CREDIT
出演:高杉真宙,加藤諒,渡辺大知(黒猫チェルシー),
林遣都,伊東蒼,山本舞香,芦那すみれ,勝矢/般若,菅原健,斉藤祥太,斉藤慶太,金子ノブアキ,篠田麻里子,MIYAVI
監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ)
脚本:入江悠,和田清人 原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載)
製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ 制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン
© 2018「ギャングース」FILM PARTNERS © 肥谷圭介・鈴木大介/講談社 R15+

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2018年11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

ギャングース(1) (モーニングコミックス) Kindle版 ギャングース(1) (モーニングコミックス) Kindle版
  • 映画原作
  • (著):肥谷圭介 (その他):鈴木大介
  • おすすめ度:おすすめ度4.0
  • 発売日:2013/8/23
  • Amazon で詳細を見る
ギャングース(16) (モーニングコミックス) Kindle版 ギャングース(16) (モーニングコミックス) Kindle版
  • 映画原作
  • (著):肥谷圭介 (その他):鈴木大介
  • 発売日:2017/4/21
  • おすすめ度:おすすめ度4.5
  • Amazon で詳細を見る

2018/10/16/18:17 | トラックバック (0)
プレゼント ,新作情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright © 2004-2018 INTRO