特集上映案内
特集上映情報 PickUp
特集上映PickUp情報トップページ

桃まつりpresents すき

公式サイト公式Facebook公式twitter

2012年3月17日(土)より、渋谷ユーロスペースにて
連日21:10からレイトロードショー!

INTRODUCTION

女性監督集団“桃まつり”が1年の充電期間を経て上映決定!

桃まつりpresents『すき』2006 年にはじまった桃まつりは、今年で5回目を迎える。毎年3 月にユーロスペースで上映を行い、2週間で1,500 人以上の動員を記録する。新たな才能発掘の場として、日本全国の映画祭のみならず海外の映画祭からも注目を集めている。去年は様々な都合から開催は延期されたが、8月にオーディトリウム渋谷で開催された回顧上映『収穫まつり』にて2012 年に再始動を宣言。

桃まつりは「監督純度200%」である。

”桃まつり”は毎年一つのテーマに沿って、自主製作から宣伝までをおこなう女性監督による上映集団だ。燃え尽きるであろう撮影後には、上映フォーマットを整え、どのように作品を売っていきたいのか、どう見られたいのか、作り手が再度自らの作品と向き合い、頭手足を使ってセルフプロデュースしていく作業へ入る。最近では自主上映も多いが、 “桃まつり”は監督にとって、観客にとっても濃密な体験をする出会いの場を形成している。桃まつりの監督は上映に立ち会うことを原則としており、撮影現場以外で、自作を観た人と上映直後に意見交換が出来ることは、いかなる批評でも、お互いにとって刺激を与え合うことになる。映画が上映され、感想が述べられ、受け止める、それが次回作へ繋がる。最後の行程まで、監督達の血が脈々と流れ、肉付けされている。
それだけではない、作品は勿論のこと、彼女達と対話をしてく中で、監督として、人間としての魅力に引き込まれていく。自主製作特有の脈打つ熱と純粋な表現が、宣伝や上映の側面においても強引なくらいに散りばめられている。余談ではあるが、目標にむかって力強く突き進む姿は、やはり愛おしく、この監督達のためなら、と手を差し伸べたくなる気持ちも、監督純度200%の所以である。今年も一筋縄ではいかない!?新作短編9本と監督達を、皆様へ、映画の未来へ自信をもってお届けします!是非お楽しみ下さい。

桃まつり運営 佐藤純恵

2012年3月17日(土)より、渋谷ユーロスペースにて
連日21:10からレイトロードショー!

上映タイトル一覧

<今年のテーマは“すき”>
あなたの“すき”なものは何ですか?好きだから強くなれることもあるし、嫌いになることもある……どうやら“すき”のパワーは偉大な影響力があるみたい。感じる愛、恋、連帯などの愛情とそれにまつわる新作短編9本を上映。希望と甘美に満ちた“すき”のまつりがいよいよ開催!

壱のすき 3月17日~21日

『帰り道』(15min./ HDV /16:9/5.1ch) 監督・脚本:竹本直美

帰り道撮影:高橋哲也/録音・整音:鈴木昭彦/助監督:加藤 学/編集:塩谷 友幸/ヘアメイク:橋本申二・長窪美恵(atelier ismR)/音楽:SIESTA/制作応援:粟津慶子・榮元 謙之介/整音助手:西垣 太郎/監督補:榎本敏郎 キャスト:神農 幸 高木 彩那 阿部 優香 小林 千里 西沢 利明

都会に憧れ出て行った奈美が、やむを得ない事情で田舎に戻る道中、幼い頃に川辺で会った老人のことを思い出す。奈美にとって故郷の象徴である老人の、子供の頃には分からなかった気持ちが分かり、そして、故郷で生きて行く決心をする。
竹本直美 1970年生。山形県出身。映画美学校第二期卒業。在学中『夜の足跡』(01/万田邦敏)に製作助手として参加。2006年、万田邦敏監督とともに映画上映会「十善戒」を主催。2007年「桃まつり」で『明日のかえり路』を初監督、08年『あしたのむこうがわ』、09年『地蔵ノ辻』、10年『迷い家(マヨイガ)』を「桃まつり」で続けて発表する。

『フィガロの告白』(22min./16:9/stereo/HDV) 監督・脚本:天野千尋

フィガロの告白撮影:満若勇咲 美術:金子陽介 録音:茂木祐介 音楽:原夕輝 ヘアメイク:寺沢ルミ 助監督:平波亘 制作:松尾圭太 キャスト:米本来輝/岩佐和明/影山樹生弥/清水尚弥/田代りさ/橋野純平

夏休み。いつもの秘密基地に集まる、ヨネ、カゲやん、ナオヤ、岩さんの中学生男子4人組。女子の話で盛り上がり、妄想を膨らませ、ついに好きな女子への告白を決行する。果たして彼らの恋の行方は…?!苦くて甘い果実のような、青春の1ページをお楽しみください。
天野千尋 1982年生まれ。約5年の会社勤務を経て、映画制作を開始。ENBUゼミナール卒業制作『さよならマフラー』(09)がCO2などの映画祭で上映され、『賽ヲナゲロ』(09)はPFF入選、『チョッキン堪忍袋』(11)はPFF、TAMA NEW WAVEなど複数の映画祭に入選した他、田辺・弁慶映画祭にて特別審査員賞。ハンブルグ日本映画祭にて上映される。

『the place named』(36min/16:9/stereo/BD) 監督・脚本・撮影・編集:小森はるか

the place named録音:鈴尾啓太/菅野慧 整音:西原尚 舞台演出・脚本:原麻理子 舞台戯曲:『わが町』ソーントン・ワイルダー作、額田やえ子訳 キャスト:原麻理子/遠藤麻衣/栗原たづ/西山朱子/花戸祐介/深堀見帆/宮永聡

戯曲『わが町』(作:ソーントン・ワイルダー)をもとに、田舎町に生きる少女の一日の生活と、『わが町』第3幕の舞台稽古をしている劇団員たちが交互に描かれる。死者たちが生きている世界について話す戯曲の言葉は田舎町の日常に重なると共に、演じている役者自身にも投影される。役者とのプロセスの中で出来上がった作品である。
小森はるか 1989年静岡県出身。映画美学校12期フィクション初等科修了。東京芸術大学美術学部先端芸術表現科卒業、同大学院在籍。映画、映像作品を制作。主な作品に、映画美学校修了制作『oldmaid』(09)。『彼女と彼女たちの部屋』(09)がイメージ・フォーラムフェスティバル2010にて上映。現在は東北で、震災の記録活動を行っている。

弐のすき 3月22日~25日

『春まで十日間』(13min./16:9/STEREO/Full HD) 脚本・監督:Stefanie Kolk

春まで十日間撮影:Hayo van Gemert 照明:Sanne van Rossum 録音・サウンドデザイン:Stefan Meutstege 1st AD:Marjan Lammers Executive Producer:Niels Bourgonje 編集:Leonie Hoever Production on set:Raymon Hilkman/Luuk Hoekx/Susanne Copini コンポーザー:Chris Christodoulou
キャスト:山田美咲

3.11の大震災の時、アムステルダム在住の若い日本人女性が日本にいるお母さんに電話をかけようとする。
ステファニー・コルク 1986年オランダ出身。高校二年生の時に日本にホームステイしてから日本に強い興味をもち、物理生物・天文学専攻で一年間京都大学に留学。オランダの大学院を卒業してから映画を撮り始める決意をして半年たった今。 初監督の短編映画『OUT』はオランダ映画祭にて上映。ロッテルダム映画祭やカメラジャパン映画祭などで通訳も行っている。

『口腔盗聴器』(27min/16:9/HDV/5.1ch) 脚本・監督:上原三由樹

撮影:田辺清人 照明:山口峰寛 録音:中川究矢 助監督・編集:遠藤大介 制作:阿部沙蘭/赤羽健太郎/上原希望 録音助手:國谷陽介 照明助手:蟻正恭子/加藤大輝 音響:光地拓郎 音楽:秋元昌文 キャスト:中台あきお/西尾瑠夏/横山真弓/矢野深雪/藤沼豊

口腔盗聴器 先代から続く、歯科医院を経営する男。歯科医院の入るビルのオーナーが亡くなり、新しいオーナーとしてその娘である女が嫁ぎ先から帰ってくる。男はかつてその女に幼い恋心を抱いていた。時が過ぎ、初恋の面影の中で輝いていた少女の姿はすっかり消え、目の前に存在する月並みの女。離婚をし、戻ってきたという女には、一人の娘がいた。少女は男にとっての青春の生き写しそのもの。男は、遂げることのできなかった想いが湧く反面、受け入れてもらえるはずのない失望感から、男にしかできない少女との距離の縮め方を思いつき、実行していく。
上原三由樹 静岡県伊東市出身。伊参スタジオ映画祭シナリオ大賞短編大賞受賞『ひょうたんから粉』(2008)。同作品にて、清水映画祭(2010)監督賞受賞。福井映画祭(2010)、中之島映画祭(2011)にて入賞。『企画オムニバス映画 ISM』参加『初キス』(2010)。同作品にて第1回映画太郎に参加。2012年は桃まつり参加に加え、脚本参加作品が4作公開予定となっている。

『最後のタンゴ』(31min. / 16:9 /stereo/HDV) 監督・脚本・編集:熊谷まどか

最後のタンゴ撮影:境千慧子 録音:川原康臣 助監督:金沢勇大 制作:剣持清美 脚本・編集協力:田中智章 キャスト:幸田尚子/松岡依都美/郷志郎/杉浦千鶴子

結婚前提で同棲していた年下の彼氏・シュンジが突然部屋を出て行き音信不通に。レイコは納得がいかない。腹が立つ。『もう帰る場所なんてないから!!』とばかりにシュンジの荷物をさっさと処分し引っ越しの準備を進めているのだが・・・。
熊谷まどか 04年NCWにて自主制作映画を作り始める。
おもな作品歴 05年『ロールキャベツの作り方』 06年『はっこう』(PFF2006グランプリ) 09年『嘘つき女の明けない夜明け』(文化庁委託事業ndjcにて制作) 10年『古都奇譚・秋』など 現在はPV・メイキング・TVなども手がける。

参のすき 3月26日~30日

『さめざめ』(20min./16:9/stereo/HD) 監督・脚本・編集:星崎久美子

さめざめ撮影:船本賢悟 照明:篠田力 録音:辻祥子 助監督:谷中啓太 ヘアメイク:村田エリ 整音:古谷正志 音楽:三枝伸太郎 キャスト:東加奈子/岡部尚

夏子と卓が二人で暮らし始めて4年。アパートの2回目の更新がやって来た。夏子は「更新はしない」と言い、一人で不動産屋に通い新居を探しているが、卓にはその理由がわからない。更新の期限が近づくにつれますます機嫌悪くなる夏子は卓に向けてあるメッセージを発するが・・・。
星崎久美子 01981年、神奈川県生まれ。 青山学院大学卒業後、TVCM制作会社へ勤務。 会社勤めのかたわら映像制作を開始。 『おぼろげに』(05)が東京ビデオフェスティバル2006にて優秀賞受賞。 『茜さす部屋』(08)が第9回TAMA NEW WAVEにてクリーク・アンド・リバー社賞を受賞し、その後、渋谷UPLINKにて劇場公開。その他の作品に、『踊りませんか次の駅まで』(05)、『うつせみ』(06)、『夜のタイ語教室 いくまで、我慢して』(09、脚本のみ)など。

『LATE SHOW』(26min./16:9/ステレオ/HD) 監督・脚本・編集:佐藤麻衣子

LATE SHOW撮影・照明:岡山佳弘 撮影助手:地村俊也 助監督:佐々木勝己 録音:楠田俊浩/高田浩紀/舛田龍也 美術:塩川節子 美術助手:山田亜矢子 音楽:榎坂和也/RAG SIX for Hi-A+ PRODUCTION 整音:中島雄介(JIAMS)/森田康介 キャスト:吉田みるく/うつだあずみ/市川太郎

叔父の所有していた雑居ビルの屋上で、叔父への憧憬にひたって過ごすまもる。まもるの古い友人・ひろしは、頑なで大きな身体のまもるに昔から追従している。叔父の3回忌の日、叔父の集めたアメリカ映画がかかる屋上。地元のバイカーとたむろする少女が現れると、まもるは少女に興味を示し始める…。
佐藤麻衣子 1978年大阪府出身。京都外国語大学外国語学部英米語学科卒業。在学中より映像制作を試みる。卒業後、映画史と映画制作を学ぶため、大阪の上映室にて映写・翻訳などの運営、短編制作を続け現在に至る。最近作『ポンの氾濫』 (09) が調布映画祭にて入選。『かぞくのひけつ』 (07/小林聖太郎)、『ペデストリアンデッキの対話(仮称)』 (公開待機中/唐津正樹) などにスタッフとして参加。

『SAI-KAI』(27min./16:9/HDV/stereo) 脚本・監督:名倉 愛

SAI-KAI撮影:四宮秀俊 照明:玉川直人 録音:川口陽一 美術:伊藤淳 助監督:石毛麻梨子 制作:加藤綾佳 編集:大畑創 キャスト:松浦祐也/礒部泰宏/前彩子/桐谷裕介/星宗哲/松添琢也/古谷克実 ほか

へたれヤクザの伸雄(ノブ)はある日幼なじみの西村(りょうちゃん)と再会する。ノブの恋人で、同じく幼なじみの夏美を交え再会を祝う三人だったが、彼らには歓迎せざる運命が待ち受けていた。
名倉愛 1976年、静岡県出身。映画美学校フィクションコース9期修了。自主映画を中心に、制作部として活動。本作が初監督となる。参加作品:『こんなに暗い夜』(09小出豊)、『失はれる物語』(09金子雅和)、『海への扉』(10大橋礼子)、『アナボウ』(10常本琢招)、『絵のない夢』(11長谷部大輔)、『へんげ』(11大畑創)など

2012年3月17日(土)より、渋谷ユーロスペースにて
連日21:10からレイトロードショー!

公式サイト公式Facebook公式twitter

2012/02/28/22:30 | BBS | トラックバック (0)
特集上映PickUp ,NEWs
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO