映画祭情報&レポート

第13回 座・高円寺
ドキュメンタリーフェスティバル

「第13回 座・高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」画像

劇場サイト 公式twitter 公式Facebook

2022年2月9日(水)~13日(日)まで、座・高円寺にて開催

テレビ・映画・オンラインの枠を超えたドキュメンタリーの祭典が今年も開催!!

今年で13回目となる、テレビ・映画・オンラインの枠を超えたドキュメンタリーの祭典「座・ 高円寺ドキュメンタリーフェスティバル」が開催される。民主化運動、ジェンダー、戦争、公害、アートなどをテーマに、私たちが生きる“社会の現実"を描いた作品を一挙上映する。
主な上映作品は、ゲスト・セレクション部門では、2019 年、香港理工大学内に籠城する、民主化を求める若者たちの様子を内部から捉えた『理大囲城』(森達也選)や、インド・被差別カ一ス卜の女性達がスマ一トフォンを片手に、二ュ一スメディアを立ち上げる姿を描く『燃え上がる記者たち』(望月衣塑子選)など。「特集“忘却”について」では、冬季五輪開催中に改めて見たい、64 年・東京五輪で日本中が熱狂したバレーボール女子代表達の当時の活躍と現在を伝える『東洋の魔女』。また、ジョニー・デップ主演の映画『MINAMATA』にも描かれた、チッソ本社に乗り込んだ患者達による息つまる直接交渉の実録『水俣一揆 ―ー生を問う人々―』など。そして、初特集となる「Yahoo 短編ドキュメンタリー選」では、若手作家を中心にアイヌの伝承を巡る親子の葛藤、3 人の子を持つ卜ランスジェンダ一の女性、生きづらさを告白する若者達を描いた3作品が上映される。
全ての上映に制作者・関係者らが登壇して作品に関するトークが行われるので、会場と一体となって作品の魅力を共有することができるこの機会を是非お見逃しなく。

2022年2月9日(水)~13日(日)まで、座・高円寺にて開催

上映作品紹介

【特集部門】テーマ「“忘却”について」
ドキュメンタリーが記録として残してきたものには、私たちが決して忘れてはいけない社会的現実が数多あるはずです。今回は、私たちの“記憶”を触発する作品を選んでいます。一方、ドキュメンタリーヘの若者たちの関心は、テレビや映画館だけではなく、新しいメディアにも広がっていると感じています。そうした作品にも目を配りました。こうした時代にとって、ドキュメンタリ一が持つ意味を改めて考える場になれぱと考えて、プログラムを選んでみました。(プログラムディレクター 山崎 裕)

◆特集◆カメラマン小林茂
阿賀の記憶』(監督:佐藤真 /2004 年 /55 分)
ゲスト:小林茂(カメラマン) ※オンライン参加、山崎裕(プログラムディレクター)
2月9日(水)11:30 上映、12:25 トーク

水俣一揆 ― 一生を問う人々 ―』(監督:土本典昭 /1973 年 /108 分 /モノクロ)
ゲスト:山上徹二郎(映画プロデューサー)
2月9日(水)13:40 上映、15:30 トーク

荒野に希望の灯をともす~医師・中村哲 現地活動 35 年の軌跡~
(監督:谷津賢二 /2021 年 /88 分)
ゲスト:谷津賢二 (本作監督)
2月10日(木)11:30 上映、13:00 トーク

二重のまち/交代地のうたを編む』(監督:小森はるか+瀬尾夏美 /2019 年 /79 分)
ゲスト:小森はるか(本作監督)、瀬尾夏美(本作監督)
2月10日(木)14:00 上映、15:20 トーク

◆特集◆Yahoo 短編ドキュメンタリー選
Happy Ainu』、『明日、声が溢れる』、『THE BUTTERFLY
他 3 分の短編3本を併映
ゲスト:山田裕一郎(「Happy Ainu」監督)、高島太士(「明日、声が溢れる」監督)、深田志穂(「THE BUTTERFLY」監督)、金川雄策(Yahoo! JAPAN CREATORS Program 短編ドキュメンタリー部門責任者)
2月11日(金・祝)11:30 上映、12:20 トーク

記憶の戦争』(監督:イギル・ボラ /2018 年 /79 分 /韓国)
トーク:イギル・ボラ(本作監督)
2月11日(金・祝)13:30 上映、14:50 トーク

尾崎豊を探して』(監督:佐藤輝 /2019 年 /95 分)
ゲスト:佐藤輝(本作監督)
2月11日(金・祝)16:00 上映、17:35 トーク

ゲッベルスと私』(監督:クリスティアン・クレーネス、フロリア・ヴァイゲンザマー、オーラフ・S・ミュラー、ローラント・シュロットホーファー /2017 年 /113 分 /モノクロ /オーストリア)
ゲスト:クリスティアン・クレーネス、フロリアン・ヴァイゲンザマー(本作監督) オンライン参加、有田浩介(本作配給) 2月11日(金・祝)18:40 上映、20:35 トーク

現認報告書 羽田闘争の記録』(監督:小川紳介 /1968 年 /58 分 /モノクロ)
ゲスト:代島治彦(映画監督)、北井一夫(写真家)
2月12日(土)11:30 上映、12:30 トーク

いまはむかし 父・ジャワ・幻のフィルム』(監督:伊勢真一 /2021 年 /88 分)
ゲスト:伊勢真一(本作監督)
2月12日(土)13:30 上映、15:00 トーク

東洋の魔女』(監督:ジュリアン・ファロ /2021 年 /100 分 /フランス)
ゲスト:ジュリアン・ファロ(本作監督) オンライン参加
2月12日(土)16:10 上映、17:50 トーク

きわめてよいふうけい』(監督:ホンマタカシ /2004 年 /43 分)
ゲスト:ホンマタカシ(本作監督)
2月13日(日)18:40 上映、19:25 トーク

ゲスト・セレクション部門

《望月衣塑子セレクション》
燃え上がる記者たち』(監督:リントゥ・トーマス、スシュミト・ゴーシュ /2021 年 /93 分 /インド)
ゲスト:望月衣塑子(東京新聞記者)
2月9日(水)16:30 上映、18:05 トーク

《是枝裕和セレクション》
NNNドキュメント‘14『反骨のドキュメンタリスト 大島渚『忘れられた皇軍』という衝撃』(ディレクター:鈴木あづさ /2014 年 /46 分 /日本テレビ)
ゲスト:是枝裕和(映画監督)、鈴木あづさ(本作ディレクター)、大島新(ドキュメンタリー監督)
2月9日(水)19:15 上映、20:20 トーク

《金平茂紀セレクション》
筑紫哲也 NEWS23『沖縄の基地なんか知らないよ~東京・渋谷にて』、
詩人・山之口貘がよみがえるのだ』、
きみはコザ暴動を知っているか』(3作とも取材:金平茂紀)
ゲスト:金平茂紀(ジャーナリスト)
2月10日(木)16:30 上映、17:30 トーク

《諏訪敦彦セレクション》
抽象・家族』(監督:田中功起 /2020 年 /110 分 /日本・シンガポール)
ゲスト:諏訪敦彦(映画監督)、田中功起(本作監督)
2月10日(木)18:45 上映、20:35 トーク

《森達也セレクション》
理大囲城』(監督:香港ドキュメンタリー映画工作者 /2020 年 /88 分 /香港)
ゲスト:森達也(映画監督、作家)
2月12日(土)19:00 上映、20:30 トーク

ゲスト陣 (順不同):望月 衣塑子(東京新聞記者) /是枝裕和(映画監督) /金平茂紀(ジャーナリスト) /諏訪敦彦(映画監督) /森達也(映画監督、作家) /小林茂(カメラマン) /山上徹二郎 (映画プロデューサー) /大島新(ドキュメンタリー監督) /鈴木あづさ /谷津賢二 /小森はるか /瀬尾夏美 /田中功起 /山田裕一郎 /高島太士/深田志穂 /金川雄策(Yahoo! JAPAN CREATORS Program 短編ドキュメンタリー部門責任者) /イギル・ボラ /佐藤輝 /クリスティアン・クレーネス /有田浩介 /代島治彦(映画監督) /北井一夫(写真家) /伊勢真一 /ジュリアン・ファ口 /ホンマタカシ

劇場サイト 公式twitter 公式Facebook

2022年2月9日(水)~13日(日)まで、座・高円寺にて開催

2022/01/24/18:46 | トラックバック (0)
NEWs ,映画祭情報
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
記事内容で関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
新着記事
アクセスランキング
 
 
 
 
Copyright © 2004-2021 INTRO