特集上映案内
特集上映情報 PickUp
特集上映PickUp情報トップページ

学生主催の映画祭
「ワーカーズ2014 はたらくを考える7日間」
働くことは美しい?映画で見る「はたらく」ということ

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2014年12月13日(土)~19日(金)にて渋谷ユーロスペースにて開催

『ワーカーズ2014 はたらくを考える7日間』12月13日(土)~19日(金)の1週間、日本大学藝術学部映画学科の学生が主催する映画祭が、渋谷ユーロスペースで開催される。
この映画祭は、企画から作品の選定・上映交渉・ゲスト交渉・チラシ・パンフレットのデザイナー探し・制作、そして会場運営に至るまで、全てを学生主導で行っているのが特徴で、4回目となる今年は「はたらく」をテーマに厳選した、古今東西の劇映画・ドキュメンタリー15本が上映される。
「就職難民」「フリーター」「ブラック企業」「過労死」など、日本の労働環境の劣悪を指摘されることが多い昨今、スクリーンの中で「はたらく」古今東西の人々の姿から、「はたらくとは何か」をもう一度考えてみたい、という思いからこの企画を立ち上げたという本映画祭を通して、働くことについて考えてみてはいかがだろうか。

上映タイトル一覧

劇映画作品 (★印はソフト未発売の作品)

『赤線地帯』監督:溝口健二 ( 日本|1956年|86分|35mm|モノクロ )

『その場所に女ありて』監督:鈴木秀夫 ★ ( 日本|1962年|95分|35mm|カラー )

『故郷』監督:山田洋次 ( 日本|1972年|96分|35mm|カラー )

民子三部作の第二作目である本作。石船で生計を立てる一家が、高度経済成長と舟のエンジン故障により生活の窮地に立たされる。そこで出した将来の答えとは。家族の絆を描く監督得意の人情劇。

『会社物語 MEMORIES OF YOU』監督:市川準 ( 日本|1988年|103分|35mm|カラー )

『浮き雲』監督:アキ・カウリスマキ ( フィンランド|1997年|96分|35mm|カラー )

同時期に失業し、再就職に悪戦苦闘する中年夫婦を描いた、カウリスマキ監督〈敗者3部作〉の一作品。 深刻な失業問題を描きつつ、どんな状況でも前向きに互いを支えあう夫婦の姿に希望を感じられる作品です。

『この自由な世界で』監督:ケン・ローチ ( イギリス|2007年|96分|35mm|カラー )

主人公のアンジーは、ロンドンの職業紹介所で働くシングルマザー。些細な出来事がきっかけで、職を与える立場から一転、無職になってしまう。あるのは、限度額を超えたカードと膨れ上がった借金だけ。そんな彼女が思いついたのは…。 第64回ヴェネツィア国際映画祭で脚本賞を受賞した、骨太な社会派作品です。

『四川のうた』監督:ジャ・ジャンクー ( 中国・日本|2008年|112分|35mm|カラー )

『川の底からこんにちは』監督:石井裕也 ( 日本|2010年|112分|35mm|カラー )

仕事も恋愛も、ぜんぶ妥協して生きてきた。でも、それでもどうにもならない事にぶつかったら? もう、頑張るしかない!! 現代に働くすべての人へ。人生を応援してくれる、強烈な作品です。

『サウダーヂ』監督:富田克也 ★ ( 日本|2011年|167分|35mm|カラー )

ドキュメンタリー作品 (★印はソフト未発売の作品)

『ある機関助士』監督:土本典昭 ★ ( 日本|1963年|37分|16mm|カラー )

国鉄のPR映画として1962年に製作された作品。「機械だけに頼れない何かがこの仕事にはある」と、鉄道の安全且つ正確さの裏にある努力に目が離せません!水俣病に関するドキュメンタリー作品で知られる土本典昭監督のデビュー作です。

『ドキュメント路上』監督:土本典昭 ★ ( 日本|1964年|54分|35mm|モノクロ )

警視庁の企画で、交通安全のPR映画として制作されたが、お蔵入りになった作品。事故の元凶は、ドライバーではなく都市そのものだと暴く。 土本典昭と鈴木達夫の斬新な映像は必見!

『女工哀歌』監督:ミカ・X・ペレド ( アメリカ|2005年|88分|ブルーレイ|カラー )

中国のジーンズ工場で働く少女達を追ったドキュメンタリー。大量生産、低価格というメリットの裏に潜む深刻な労働問題が浮き彫りに...。グローバリゼーションや多国籍企業の問題、過酷な生活環境の中にも夢を持って生きる少女達を見事に捉えた作品です。

『遭難フリーター』監督:岩淵弘樹 ★ ( 日本|2007年|67分|ブルーレイ|カラー )

派遣社員として工場で働く若者が、自身のカメラで葛藤の記録を収めたドキュメンタリー作品。理想とかけ離れた日々のなかで、若者がもがきながらも必死に明日を掴もうとする姿に心打たれる。

『ある精肉店のはなし』監督:纐纈あや ( 日本|2013年|108分|ブルーレイ|カラー )

家族で牛を育て、その肉を売る大阪の精肉店に密着したドキュメンタリー。 目が覚めるような力強い映像で描かれるのは、仕事に対するひたむきさと、その生き方。 命について、仕事という生き方について、考えさせられる作品です。

『夢は牛のお医者さん』監督:時田美昭 ★( 日本|2014年|85分|ブルーレイ|カラー )

公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2014年12月13日(土)~19日(金)にて渋谷ユーロスペースにて開催

2014/11/30/17:34 | BBS | トラックバック (0)
特集上映PickUp ,NEWs
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
Follow me
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2015 INTRO