インタビュー
尾関 玄監督/『ハルをさがして』

尾関 玄 (監督) 映画『ハルをさがして』について【4/6】

2016年8月6日(土)より、下北沢トリウッドにてロードショー

公式サイト 公式twitter 公式Facebook (取材:深谷直子)

『ハルをさがして』場面3 『ハルをさがして』場面4――撮影日数はどれぐらいだったのですか?

内藤 14日間ですね。福島で9日間。

――撮影地に小野町を選んだのはなぜですか?

尾関 劇中に何度か出てくるチエコとトモミの通学路である田んぼ道、あれはチエコにとっての故郷の象徴なんですが、そういう象徴的な道がほしくて福島県をかなりいろいろロケハンしたんですよ。それであの場所を見付けて。1本道がずっと続いていて、左手が田んぼで右手に線路と並木道があるというのが、この映画にとって象徴的な場所になるなと思いました。そうしてあの道を見付けて、ほとんどその界隈で撮りましたね。赤い橋があって小川が流れていて、昔ながらの住宅があって。商店街も、田舎だとほとんどシャッター商店街になっていたりするんですけど、小野町は昔ながらの個人商店が連なって今も営業していて。撮影日数が限られていると、移動距離を短縮することが重要になってくるんですが、あの道を中心に車でちょっと行けば日本の原風景のようなきれいな風景がたくさんあるので小野町に決めました。

――町の方は協力してくださいました?

尾関 もうすごい協力してくださって、小野町の方がいなかったら完成できていないだろうというぐらいに。出演もしてくださっていますし。

――犬のハルをさがすために子供たちが訊いて回る人たちはみんな町の方なんですよね?

尾関 小野町のおじさんたちですね。

内藤 あのワンちゃんが小野町のワンちゃんなんですよ(笑)。

――へえ~。可愛くて賢いワンちゃんでしたね。犬の演出も難しそうですよね。撮影に慣れているような犬でもなくて普通の飼い犬なわけですから。

尾関 脱走しましたね(苦笑)。

――え~っ!

内藤 本当に「ハルをさがして」になっちゃって(笑)。

尾関 ニュース映像を撮っている後ろをハルくんが歩いているというシーンのときに、首輪の左右に見えないようにテグスを付けていたんですが、それを振り切って走って行っちゃったんです。「ああ、終わった」と思いましたね(苦笑)。まあ数時間で戻ってきたんですけど。

――よかった(笑)。チエコやトモミとの回想シーンではおとなしくお散歩していましたね。

内藤 でも最後のシーンは実は2カット追撮をしているんですよ。吠えるところとカメラを見つめているという画が時間がなくて撮れなくて。犬ってやっぱり撮影しているとストレスが溜まるみたいで、難しかったですね。

――そうですか。やっぱりご苦労もあったんですね。そんなハルをさがしながら、彼らは4日間ぐらい旅をしていることになると思うのですが、その間にいろいろありつつ最後はひとまわり大きくなっているのがしっかり感じられました。

尾関 歩く場面が多い映画なんですけど、歩いているときの4人の立ち位置とかにすごく気を遣いましたね。4人が横に並んで歩くのはラストカットだけなんですね。そこまでの逆算で4人が歩く順番とかを考えて。最初のほうはチエコが先頭で歩いているんですけど、だんだんそれも変えたりだとか、4人の歩く姿で何かひとつ表現できたらなって思っていました。

123 4 56

ハルをさがして 2015 年/日本/HD/ステレオ/カラー/93分
出演:小柴大河 佐藤菜月 小泉凱 橋本一輝 / 洞口依子 小沢仁志
脚本・監督:尾関玄
企画・製作・配給・宣伝:ISHIO プロデューサー:内藤諭 撮影:栗田東治郎
録音・整音:小牧将人 編集:石川真吾 音楽監督:遠藤浩二
主題歌「呼んでくれ」甲本ヒロト
©2015 ISHIO
公式サイト 公式twitter 公式Facebook

2016年8月6日(土)より、下北沢トリウッドにてロードショー

2016/08/07/00:24 | BBS | トラックバック (0)
インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

記事内容で関連がありそうな記事
キャスト&スタッフで関連がありそうな記事

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO