新作情報
『ダーティー・コップ』

ニコラス・ケイジ
公式インタビュー
映画『ダーティー・コップ』について

公式サイト 公式Facebook

2016年8月20日(土)、角川シネマ新宿 他にて全国順次公開

アカデミー®賞受賞俳優ニコラス・ケイジとイライジャ・ウッド(『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズ)が共演した、ノンストップ・サスペンスアクション映画『ダーティー・コップ』で、徐々に犯罪への熱を帯びて怪物化していく最凶の汚職警官を怪演したニコラス・ケイジへの公式電話インタビューをお届けする。
STORY アメリカ、ラスベガス。平凡で、少しだけの汚れ仕事で小遣い稼ぎをする警官ふたりー、ストーンとウォーターズ。押収物を横流しする工作をしていたその時、盗難車にドラッグを隠し持っていたケチな売人が多額の保釈金ですぐに解放されていることに気付いた。保釈金の出所をたどり、ホテルでの危ないビジネス、そのカネの行き着く隠し金庫がある店をあぶりだすふたり。ドイツ製の工具を取り寄せ、厳重な金庫を大胆な奇策で破る。誰も殺さず、誰にも知られず、そのカネを強奪し、人生を変えるー。狂ったような計画にとらわれ、徐々に狂気を帯びるストーンに、不気味ささえ感じ始めるウォーターズも、やはり欲望に抗えず協力をはじめる。運命の歯車が軋み始めたことを感じながらも――。
『ダーティー・コップ』ニコラス・ケイジ1 『ダーティー・コップ』ニコラス・ケイジ2
――ブリュワー兄弟監督は、今回が初めての長編監督作品となりますが監督とお仕事された印象はいかがでしたか?

ニコラス 二人に初めて会った当時は、『ラスト・リベンジ』でポール・シュレイダーと組んだり、『バッド・ルーテナント』でヴェルナー・ヘルツォークと組んだりするなど大御所との仕事が続いていたので、そろそろ若い駆け出しの監督と組んでみたいと思っていたところだったんだ。ビジョンを持った情熱的な若手監督なら私を違う風に料理してくれたり、再発見してくれたりするのではないかと期待していたので。そもそもこの作品は脚本が良く出来ていて、キャラクター描写もしっかりしているし、台詞も良くて、光るものを感じたよ。だから読んですぐに出演したいと思ったんだ。そこでアレックスとベン(・ブリュワー監督)とランチをして、実際に会ってみると映画のことをよくわかっているし、情熱的だったし、方向性がとても明確だったので感心したよ。

――憧れのジェリー・ルイスとの共演はいかがでしたか?ジェリー・ルイスへはご自身から出演を依頼したと聞いています。共演も凄く緊張したと語っていましたが、 実際にはいかがだったでしょうか。

ニコラス 実は私もジェリーもラスベガス在住で近所なんだ。ずっと前から食事をしたいと思っていたのだけど、それが何度かかなった。ただその前にも会ったことがあって昔、ジェリーがサミー・デイヴィス・Jr と一緒にラスベガスでショーをやっていたことがあって、親切にもチケットをくれたんだ。それを兄と見に行った。素晴らしいショーで、そのあとにジェリーが自分の泊まっているホテルへ呼んでくれた。会った時に僕は「あなたは僕のヒーローです。ヒーローと呼べるのはあなたとマーロン・ブランドくらいです」と言った。そう聞いたジェリーは、いかにもジェリーらしく少し間をおいて、「まあ、ブランドも悪くないけど」と返してきた(笑)。ジェリーはなんと日本の浴衣と靴下という出で立ちで、あの時の事は忘れられないよ。
その後に僕もラスベガスへ引っ越したのだけど、先ほど言ったみたいに数回食事を一緒にできた。そんないきさつもあって、今回の企画が舞い込んできたときに、「この役で出演してくださいませんか?」とジェリーに直接聞いてみたんだ。面と向かって聞くのは相手を追い込むことになりかねないので、めったにしないことなのだけど、どうしても彼と共演している所を映画という形で永遠にしたかった。ジェリーは快諾してくれて「やったー」と思ったよ。映画ではいい芝居をしてくれているので、出演シーンがもう少しあればよかったのにと思う。
ジェリーはコメディだけでなくドラマでも素晴らしい腕を見せてくれる。スコセッシの『キング・オブ・コメディ』を見てもわかる。自分にとってはあこがれのヒーローだし、自分が俳優を目指したのもジェリーにあこがれてのことだったから共演は緊張したよ。でもまた共演してみたいと思う。

――今回は段々悪へと変貌していく様がミステリアスですが、普段から演技を行う際に特に気をつけていることはありますか?

ニコラス 『ダーティー・コップ』ニコラス・ケイジ3 『ダーティー・コップ』ニコラス・ケイジ4まず、台詞の覚え込みを2か月前から始めることだね。台詞を体に叩き込んでおけば、現場で余計なことを考えずに済むから。僕は台詞に縛り付けられるのはいやで、むしろ台詞に解放されたいと思ってる。台詞が体に入っていれば、必要あればアドリブしたり、脚本から逸れたりすることもできる。撮影中はシーン全体に意識を集中させなければならない。台詞のコトバに気を取られているようでは、そのコトバの根底にある思いや思考から意識が逸れてしまう。

――集中力を維持するのは大変でしょうね。熟練の経験が必要なのでは?

ニコラス そうだね。現場では失礼のないように気を付けるようにしているけれど、どうしても気が散るものなんだ。だから「今は集中したい」という空気感を醸し出すことが大事。失礼な言い方をする必要はないけれど、伝えなきゃ分からない人もいるからね。僕はそこまで器用じゃないから、やたら明るく振舞って場を盛り上げ、すぐさま気持ちを切り替えて芝居に入るということができない。台詞の少ない日なら余裕はあるけれどね。

――日本のファンへメッセージをお願いします。

ニコラス 長年サポートしてくれて本当にありがとう。日本のみなさんが大好きだし、また日本に行きたいと思っているよ。日本は美しい国だと思うし、多くの名作を生み出している国だ。いつか日本で映画を撮りたいよ。

映画『ダーティー・コップ』は8月20日(土)より、角川シネマ新宿 他にて全国順次公開。

ダーティー・コップ
監督・脚本:ベン・ブリュワー&アレックス・ブリュワー
出演:ニコラス・ケイジ、イライジャ・ウッド、スカイ・フェレイラ、ジェリー・ルイス
2015年/アメリカ映画/上映時間92分/R15+/原題:The Trust 配給:KADOKAWA
©2015 Vault Film, LLC
公式サイト 公式Facebook

2016年8月20日(土)、角川シネマ新宿 他にて全国順次公開

2016/08/12/18:00 | BBS | トラックバック (0)
新作情報 ,インタビュー
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Googleブックマークに追加
  • web拍手 by FC2

主なキャスト / スタッフ

TRACKBACK URL:

メルマガ購読・解除
INTRO 試写会プレゼント速報
掲載前の情報を配信。最初の応募者は必ず当選!メルメガをチェックして試写状をGETせよ!
アクセスランキング
新着記事
 
 
 
 
Copyright (C) 2004-2016 INTRO